トップページ

成功率の高い婚活方法


一昔前なら、世話好きの近所のおばさんが、独身だと聞けば何やかやと結婚の世話をしてくれたので、本来なら結婚に難のあるような人も、それぞれ適当に納まっていたものです。

しかし、昨今では、個人の生き方を尊重するあまり、婚期を逃しても誰も世話をしてくれなくなったため、適齢期になったからといって全員が結婚できるとは限らなくなりました。そして、婚期を逃した男女は、自ら婚活に命をかけなければ、さらに結婚から遠ざかるようになったのです。

女性は、「相手の男性はどういう人か分からないが、いずれは誰かと結婚して子どももできて、いいお母さん、あるいは妻になっているだろう」などと漠然と思っているケースが多いでしょうが、結婚ばっかりは他人と同じように進むことにはなりません。つまり、自分で生涯を共にする伴侶を探すしか方法はありません。

それでは、異性との出会いの手段は、なんだろうと考えると、最初は悩むのも無理ないでしょう。ある調査によると、学校の同級生、インターネット、友だちの紹介、職場関係などが上位にあるようですが、その他のカップリングパーティやお見合いなども、それほど成功率は高くなさそうです。

インターネットで調べるとわかりますが、いまや婚活ビジネスは少子高齢化と独身未婚者の増加で市場規模が大きくなっていますが、結婚相談所は入会金とか成婚料が高額で、スターと時点でコストが高く不安になる人が多いようです。

逆に費用がかかる分、いい条件の相手と結婚しようと、高望みするようになり、年収や職業、見た目やスタイルなどのハードルが高くなり、男女ともにミスマッチしてしまいます。

基本的に婚活成功を願っているなら、必ずどこかで妥協する必要があり、最初に、心から満足できるような結婚は期待できないことを知っておくべきです。
イケメンで、背が高く、年収が600万円以上の男性を期待するなら、日本全国を探せばどこにでもいる可能性はありますが、そういう男性が果たして婚活をすると思いますか。そんなことしなくても、嫌というほど女性が押しかけており、婚活の場に現われることはないはずです。

結局は、「帯に短し、タスキに長し」で、自分の期待するような人とは出会える可能性は少ないという前提で、結婚条件のハードルを下げていくことも必要です。





出会いやすい婚活方法とは


ネットの婚活サイトにチャンスが多い


昔は、お見合いが普通でしたから、どうしても近所か住んでいる地域の人と結婚することが当たり前でしたが、現在は、IT革命によりターネットが老若男女を問わず使用できるようになったため、人の交流も日本国内だけでなく、全世界の人とでき、その結果、結婚できる対象者も物理的距離は関係なくなっています。

最近の結婚事情によると、「ネットで知り合った」という人が増えているのも納得できます。


インターネット型結婚情報サービスというのは、やや「出会い系サイト」に似たところがあり、ネット上であなたの希望または理想の条件を入力して検索を行い、検索結果の中から気になった会員に交際の申し込みを行うというものです。

もちろん、相手の方から交際の申し込みが来ることもあります。
女性は待っているだけで、男性からアプローチが来ることも比較的多いようですが、男性は自分から積極的にアプローチするなど、前向きに対応しないと、結婚にまで発展しない傾向があります。

逆に、メールなどでのアプローチが得意であったり、自分自身で好みの会員を探したいと思っている方にはインターネット型が向いているでしょう。
また、インターネット型サイトは結婚相談所側の負担が少ないことから、データマッチング型の結婚相談所サイトよりもかなり費用を安く抑えることが出来ます。

料金の安いインターネット型の結婚相談所(結婚情報サービス)は、入会金や月額料金が無料というところもあり、果たして本当に出会いのチャンスがあるのかと、心配する人もいるようですが、まずは費用を抑えて婚活を始めたい、という方にも向いていると言えるでしょう。

実際に街中に出て好きな人を見つけるてナンパするのは、かなり積極的な人でないと難しいですが、家にいながら大勢の人と出会うことができるパソコンやスマホ、携帯は凄く便利なツールで、根気があれば魅力的な異性を発掘できる楽しさもあります。

人によっては抵抗があり自然な出会いとは呼べないところが欠点かもしれませんが、外に出て異性を見つけるのと違い、労力に見合った成果が出やすいのがメリットと言えます。


自分に合った結婚相談所選びも大切


結婚相談所は、自分に向いたところを選ぶことが大切です。


婚活に積極的で自分で相性の良いパートナーを探して、メールの送信ができるような人はインターネット型の結婚相談所が良いでしょうが、そんなのは苦手で、できれば、結婚相談所側で相手選びからデートの場所まで決めてもらいたい人には、データマッチング型の結婚相談所が良いでしょう。

あるいは、仕事上、平日は忙しくて日中にパーティーなどに出席できない方は、やはりインターネット型の結婚相談所のほうが良いでしょうが、逆に昼間に時間の余裕のある人がインターネットだけでは相談所ではもったいないです。

ただインターネット上でも会員同士でパーティーを開いたりイベントを開催したりするなど、ひんぱんにコミュニケーションを取ることができるようなサービスを提供しているところも沢山ありますので、それらサービスを使い、気になる人を見つけて実際に会うときには、結婚相談所でセッティングをお願いしてみるのも良いでしょう。

積極的な人なら、どしどし会合やパーティに出席して多くの異性と交流を持つことができますので、その場合にはパーティの開催頻度の高い結婚相談所に登録するのも一つの手です。

いずれにしましても、最終的には自分の予算と相談しながら、大手の結婚相談所をインターネット型1社とデータマッチング型1社程度を選んでおくのが良いです。

結婚は人生の最高のイベントであり、将来、苦楽をともにする良き伴侶を選ぶ大切なイベントでもありますので、金銭的なことを中心に考えて、結婚相談所を選ぶものではありません。

そのためには、なるべく自分に合った結婚相談所サイトが選択できるよう、複数社から資料請求を行って比較して決めるとよいでしょう。

なお、大手のサイトでは、オーネットの「結婚チャンステスト」や、ツヴァイの「結婚EQテスト」など、無料で実施しており、自分の結婚に対する潜在的な願望や意識、あるいは理想のタイプなども知ることが出来ると評判ですので、結婚相談所に登録する前に一度受けておくことをおすすめします。



出会いネットにもメリットはある


出会いネットにもいろいろありますが、無料の会員登録をすれば、顔写真を見ることができます。結婚相手を選ぶには性格や経済面なども重視しなくてはいけませんが、四六時中一緒にいるにはルックスも重要です。

ここで、実際に顔写真を見て気に入った人がいればメールを出してコンタクトを取れば良いのが、出会いネットのメリットといえるでしょう。

ですから、あなたもお見合いサイトに参加するなら、多少リスクはありますが、自分の写真を掲載したほうが良いでしょう。写真を載せた場合と、載せない場合では、出会いの数にかなり差が出ます。

誰だって、顔が分からないと不安ですし、顔を見れば大体の人柄もわかるので安心できるし、自分のタイプかそうでないかも判断できるし、相手の中身をイメージするための材料にもなります。

顔写真を載せずに、いくら経歴や自分の思いを事細かに書いたとしても、人に訴える力に欠けるものです。とくに就職活動ではないのだから、顔写真は大切なアイテムです。

百聞は一見にしかず、本気で出会いを考えているのなら、写真を出すことをオススメします。ただし、ネットを介した出会いは、期待しすぎるのは禁物です。

ちょうど船釣りで鯛を釣ろうとすることに似ており、頑張ったわりにはイワシの大群に会うのが関の山です。ですから、ハズレであることを楽しんだらいいのです。いろいろと勉強できる機会ですから。それから相手を知るためには、メールのやりとりもポイントですよ。

何度かやり取りして、ちょっとでも「少し言動がヘンだな」と思えるようなことがあったら、即連絡を取り合うのを止めてもかまいません。

ネットの最大の利点は「出会える数が多い」ということですので、いろいろと知り合えるチャンスがあると思って、気に入らなかったら、即座に連絡を止め、次々と乗り換えていきましょう。「惜しいかも」なんて躊躇することなどありません。


異業種交流会のエッチ目当てには注意が必要


一般的に異業種交流会とは、その名の通り、お見合いパーティー等も含め、さまざまな業界から集まってきた社会人が、情報交換や社内を越えた交流をするために企画されるパーティのことです。

異業種交流会は主に名刺交換を基としたオフィシャルなパーティーと、カクテルやワインを片手に気軽に出会いを楽しむカジュアルなパーティとがあり、最近ではお見合いパーティーなどもカジュアルな形式で開催されているようです。

スタイルも主にフリータイム中心で、自由に気に入った方とお話できますのでカジュアルな会になることが多いようです。ただ、この異業種交流会には、異業種の人との親睦を深めるために参加する人や、出会いを求めて参加するケースがあります。

こういう形式の出会いパーティは、真剣度が低く、エッチだけが目的の男が紛れ込んでいる可能性があるので、気をつけなければいけません。エッチだけが目的の男というのは、見た目もセンスがあったり、お金持ちであったり、あるいは職業が医者であるというケースもあり、そういう男が参加しているのです。

こういう見た目だけのいい男とか、職業的にも弁護士とか医者などは、こういう場に参加しなくても、十分女性に不自由していないから、真剣に女性と交際しようなどと思って来てはいないのです。

真剣に出会いを求めてきているような男は、少し野暮ったくて、面白みもないかもしれませんが、そういう男こそ、あなたは選んでいかなければならないのです。目先のえさに釣られて食いついたら、遊ばれて捨てられて、結婚とは程遠い世界に行ってしまいますよ。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.