トップページ

30代、アラサーの婚活方法


インターネット上にはさまざまな婚活の体験談や体験ブログが公表されていますが、内容としては、ほとんどが婚活成功例ではなく、「気に入った相手など見つからない」「いい男がいない」というちょっと愚痴めいた意見が多いです。それだけ婚活から結婚にいたるのは難しいということでしょう。

婚活でお金も結婚相談所に払っているということもあって、男女ともないものねだりになり、女性は高学歴、高収入、高身長、男性は若さ、スタイル、美貌を求めるため、ミスマッチになっているのが現状です。

男女とも基本的に考えておく必要があるのは、男はイケメンで高収入、女は若くて美人という組み合わせは、婚活にはないということです。そういう条件なら、すでに学生時代に意中の人を射止めているので、婚活市場には出回らないという現実です。

おそらく30歳代になって婚活をはじめる人は、誰からもチヤホヤされモテていた20歳頃の希望を捨てきれず、「今まで、辛抱したのだから、友だちに自慢できるような彼をゲットしたい」と意気込み、医師や弁護士、あるいは生活の安定している一流企業の社員をターゲットにする人がいます。

こういう女性は、結婚したらセレブのような生活をしてみたいと思い描いているのかもしれませんが、男性は共働きで頑張ってもらいたいと考えており、そのギャップが埋めきれず破談になるのです。

その点、20歳代前後の男女は、お金や地位などではなく、相手に愛情を求めることが多いので、ニートやフリーター、アルバイト、派遣職員であっても、すんなりとまとまります。そういう年代層は婚活市場に顔を出さなくても、簡単にまとまるということです。

そういう現状を考えると、ネット婚活やカップリングパーティ、街コンなどで婚活する人の年代層はというと、どうしても20歳代後半を過ぎて30歳半ばになった、つまりアラサー以上で婚期を逃した人にほとんど限定されてしまいます。

ただ、アラサーであっても、それまで彼氏がいたような人なら、色気や性的な魅力もまだ残っていますが、恋愛よりも仕事優先の生活をしてきたような女性は、性格的にも自我が強く、男性と張り合う気持ちもあって、女性らしさや包容力に欠けます。そのうえ、服装やファッションにも興味がなく、センスが感じられません。

もちろん、こういう男女でも、フィーリングが合えば、その他の条件は無視することで結婚にまでたどりつく人もいます。ですが、たいていの場合は、初対面の第一印象が真面目そうだかからという理由で、メール交換やデートをすることになっても、最終的には「恋愛対象ではない」と冷静に判断して、失敗するケースがあります。

いずれにしても、アラサーの婚活では、どれだけ相手に対する条件を捨てていけるかが大事になってくるでしょう。




30代としてのマイナス点やデメリットを意識し、妥協できる条件を明確にしよう


自分が相手に求める結婚願望を明確にしないと、ちょっとした条件の違いだけで、婚活途中で嫌になったり、面倒くさくなる人がいます。そのような人は、すべての条件が並列の願望になっているのです。


まずは条件に優先順位をつけるなどして、妥協できる条件の範囲を明確にすることです。

もちろん、婚活には相手もおり、その人の求める条件もあるはずです。

特に30代の婚活では、女性は大きなマイナス点を抱えていることを認識することが大切です。なぜなら、丈夫な子どもが無事生まれる確率も、肉体的に下がるわけですから、子どもが欲しいと思っている男性からは、年齢ですでに婚活対象からオミットされる可能性だってあります。

ですから、自分のマイナス点をしっかり把握することと、相手に過大な要望を持たなければ、いつでも幸せになれる可能性を秘めているのです。お互いが持っている結婚条件のバランスをいつも考慮しましょう。

★ 婚活での自分の立ち居地、つまりポジションを公平に観察する

つまり、自分が婚活の競争相手と比較して、どのぐらいのレベルにあるのか、そして、どれぐらい上のレベルの条件を目指せるのかを考える必要があります。

スポーツにしろ婚活にしろ勝つためには、己を知り相手を知ることが先決ですので、まずは客観的に自分の状況を把握することが大切です。
・顔、スタイル、容姿、ファッション、身長、バスト、声、色気
・年齢、経済力、職業、学歴、地位、性格、趣味、話の上手さ
など、まず、自己採点してみることです。どのくらいの点数がつけられるでしょうか。

そして、年齢はマイナス分を引いてみましょう。
婚活のライバル達とは、どれくらいレベルの差があるのかなどを考えてみれば、自分がパートナーに対して望む条件も自然と分かり、妥協点も見つかるでしょう。

これから結婚を考えようとするアラサー女性は、自分の理想に描く条件を、少しずつ外し、ひとつでも、交際している男に尊敬できるものがあれば、良しとするぐらいの余裕は持ちましょう。



心に余裕を持って焦らず婚活をしよう


結婚を第一の目標と考えている20代前半の女性は、女性磨きをして、いい男との出会いを繰り返しては、池の中の鯉を釣り上げようと、あの手この手の網を張っており、メダカは必要ないので、網をすり抜けるように作っていたはずです。

一方、結婚適齢期を過ぎたアラサー女性は、「結婚などいつでもできるわよ」「恋愛はしても、結婚などまだまだ」「とりあえず結婚はまだまだ先のこと」などと考え、20代前半は、仕事をおぼえることを第一とし、結婚は仕事に余裕ができてから、いい男を見つけようと思っていたのではありませんか。

ところが、ふと気がつくと、30代になっていて、いざ婚活を考え始めると、いい男は、すでにどこを探しても見当たらないのです。

それもそのはず、結婚を目標に高校、大学へ進み、女性磨きに命を賭けた女性に根こそぎ「いい男」が釣られてしまって、池の中には、メダカのようなつまらない男しかいなくなっているのです。


そうなると、私は仕事もできて自信もあるのだから、急いで結婚を考える必要はなく、「いい男」が現れるまで様子を見ようということになるのです。

そして、自然と歳を重ねることによって、恋愛対象から外れていくことと、仕事を通じて男の値打ちを知るようになったばっかりに、普通の男では物足りなくなり、結果的に気がついたら40歳になっていたというのが、大体の独身女性の末路なのです。

ただ、アラサーには、仕事も充実し安定した収入がありますので、そのお金を使って、人脈づくりをすることです。

お金の最も有意義な使い道は「パートナーに出会う」目的で消費することです。学生時代はまったくの受け身でもナンパされたり飲み会や合コンに誘われたりしたかもしれませんが、30代40代になったら、人の集まるところに出向き、自分の存在をアピールし、自分から誘わなければ出会いはありません。若い頃にはできなかった「お金を使う」という方法が意外と有効なのです。

優良婚活サイトでも、高い会費を支払えば、払っただけの効果はあるし、他にもサークルの参加費、5千円程度の費用がかかるコミュニティのオフ会、 ライブやイベント会場への参加も、お金をかけるとそれだけで目立つ存在になれます。人がちょっとお金を惜しむところでお金を出すと、「人との縁」が買えるのです。

恋愛は子孫を残すための男女間の激しいバトルですので、積極的に行動しなければ、将来の伴侶を見つけることはできません。アラサーになれば、さらに過酷な競争が待っていますので、受け身ではなく積極的に打って出ることです。

最後は「おひとり様のほうが人生を気楽に楽しんで生きていけるわ」というぐらいの気持ちで、心に余裕を持って、あせらず、されど休まず、婚活を実行していきましょう。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.