トップページ

婚活・恋活を始める前の基礎知識と心構え


一昔前なら、世話好きの近所のおばさんが、独身だと聞けば何やかやと結婚の世話をしてくれたので、本来なら結婚に難のあるような人も、それぞれ適当に納まっていたものです。

しかし、昨今では、個人の生き方を尊重するあまり、婚期を逃しても誰も世話をしてくれなくなったため、適齢期になったからといって全員が結婚できるとは限らなくなりました。そして、婚期を逃した男女は、自ら婚活に命をかけなければ、さらに結婚から遠ざかるようになったのです。

このためにも、
結婚を考えている女性は、たとえ20代であっても、婚活を積極的にする必要があるのです。だから、あなたもこのサイトをご覧になっているのではないでしょうか。

高校、大学までは、社会全体がそういう流れの中で動いているため、自然と自分の成績に見合った学校へ行けるものですが、結婚だけはそういう流れがありません。一見、学校を卒業すると自然と結婚できるものだと錯覚しがちですが、そんなことはありません。

なぜなら、学校へ行きたいと思えば、自分の成績に見合った学校が必ずあるものですが、結婚ということになると相手の男性がいることが必須条件ですが、そんな男性が始めから用意されていないからです。

つまり、結婚は、大学進学とか就職というものとは次元が違い、結婚は自ら能動的に動いて、自ら勝ち取らなければ、できないということです。だから、結婚だけは「待てば海路の日和(ひより)あり」ということにはならず、自ら婚活に勤しんで、自ら生涯の伴侶を探さなければならないのです。





婚活、恋活を始めるにあたって


婚活の意義


「婚活」という言葉は、最近さまざまなメディアで取り上げられていますが、この「婚活」は、結婚活動のことで、ちょうど就職活動を「就活」と略して言っているのと同じようなものです。


「婚活」とは、つまり、就職するために就職活動が必要なように、結婚するためには結婚活動が必要なのだと、家族社会学者の山田昌弘さんと少子化ジャーナリストの白河桃子さんの共著『「婚活」時代、』(ディスカヴァー携書)からブレイクしたもののようです。

2008年3月に共著「婚活時代」が発売されて話題になり、婚活という言葉は一気に知名度を上げ、その後雑誌やテレビでも取り上げられるようになり、2008年の流行語大賞にもノミネートされました。

このように結婚が自然にまとまる可能性が少なくなった背景から、結婚するためには、「結婚したい」という意識を積極的に持って、「婚活」しなければならないようですね。

ただ、参考までに言いますと、「婚活」の言葉の定義は曖昧で、どこからどこまでを婚活と呼ぶのかなどの明確な基準はありませんが、現在のところ、結婚のために行う行動全般が「婚活」と呼ばれています。

就職をする時には、就活(就職活動)をした方がほとんどだと思いますが、志望する会社へのエントリーや面接だけが就活ではなく、履歴書の書き方対策や面接対策、会社の下調べなど、種々な一連の行動が就活に含まれています。

それと同じように、「婚活」もエステに通ったり、料理教室に通って花嫁修業をするのも婚活の一部に含まれますし、結婚資金を貯めたりすることなども婚活の一部と言えないこともないでしょう。

しかし、婚活の中でも最も大切な第一歩は、まずは、結婚相手を探すことでありますので、「結婚相談所への登録」「お見合いパーティーへの参加」「婚活サイト」などを利用して、出会いの場に参加することから始める必要があります。

ただ、同じように出会いを求める場合でも「合コンへの参加」や「インターネット上のメル友探し」で婚活を行うのは難しいでしょう。

場合にもよりますが、合コンやメル友などは『結婚』を意識している人が多いとは限らず、中には恋人がいる場合や既婚者の場合もあります。婚活はあくまで結婚への努力ですから、結婚を考えている人同士の出会いが重要なのです。


未婚と非婚の違い


一般的に「未婚」という場合、結婚する意思は持っていても、何らかの事情により結婚できていない独身男女を表すのに対し、「非婚」はそもそも結婚する意思がなく独身である人を指します。


現在では、「結婚することだけが女性の幸せではない。」「独身の方が気楽だから、一生、世界各地を旅行するなどして、人生を謳歌したい。」などとして、生涯独身で過ごす「非婚者」は年々増える傾向にあります。

これも一つの生き方ですから、本人が望んで選んだ道であれば周りが口出しする問題ではありません。
一方、「非婚」を選んだ人の中には、「自分はなかなか結婚できなかったから、もう結婚を諦めよう」と非婚を選ぶ人も少なくありません。

@ 異性と話もあまり出来ず、上手く付き合えない
A もう適齢期を過ぎて、他人からは独身に見られない
B 自分の給料では、妻子を養っていくのが難しい
C 親の介護で相手が嫌がる
など色々な理由が考えられますが、自ら結婚の可能性を閉ざしてしまうのは残念でなりません。

女性の幸福については、古来からいろいろなことを言われ、いろいろな書物でも紹介されていますが、結果として、女性は家庭に入り、立派な子どもを育て、一生の幸せをつかむのが本来の女性のありようではないかと考えます。 近頃は、男女同権ということで、社会進出や職場進出が進み、どのような分野でも女性の活躍する姿が見られます。

ただ、女性の方が錯覚してはいけないのは、このような男性のいる職場で互角に戦えるのは、あなたに特殊な技能とか技術があるか、あるいは特異な才能のある人で、何もない女性が生涯を通じてキャリアウーマンでやっていくことは、並大抵のことではありません。

女性としてのこういう生き方を決して批判するつもりはありませんが、人生90年ということを考えれば、安定した家庭生活を営み、そのなかで、未来に希望のもてる幸福な人生を送られるのが一番良いのではないかと思います。

昔も今も、女ひとりの道は、かんたんなものではなく、結婚こそ、女性の幸せにいたる近道ではないでしょうか。例え結婚しづらい状況であったとしても、あなたを理解し、結婚して一つの道を共に歩みたいと思う方は必ずいるものです。「結婚したい」という意志がゼロでないのであれば、あきらめずに婚活を始めてみてはいかがでしょうか。


結婚のチャンスを見逃してはダメ


結婚のチャンス
は、年齢には関係がないと言う人もいますが、それを否定するつもりはありません。ただ、人生にはどんなチャンスがあるか誰も予想できず、50歳の独身の女性でも、25歳の男性と結婚することも往々にあります。

しかし、これらの事実はあるにしても、これは稀なケースであり、男はいつの時代も若い女性を求めているのです。

これは、動物的な本能であって、誰だって元気な子孫を残したいと考えているもので、それが若い女性を求める結果になるのです。

ですから、男はいくつになっても、「若い女性と恋愛したい」、あるいは「肌につやのある女性と結婚したい」と誰もが思っているので、女性は年が上がるたびに、恋愛対象の男が加速度的に減少していくのです。

若い女性を求めるのは「男の本能」でありますが、当然、丈夫な子どもを作るためには、どうしても女性は若くなくてはならず、またライフサイクルにも関わってきます。ですから、婚活は早く始めるだけ有利なのです。

もし、男が30歳で、女性が40歳過ぎだと、子どもができるかどうか不安であり、男の親からしても、孫の顔が見れないなどと嘆くことでしょう。

このように、花が咲くには、花の咲くのに一番適した時期というものがあり、人間も同じで、結婚するには、結婚に適した肉体的な時期があるもので、その時期を逃したら、人生のライフサイクルが狂ってしまうのです。

また、男が若い女性を好むのが本能であるとするなら、35歳の女性が同年代の男性と結婚するのは難しく、やはり相手の男性としては、40歳過ぎになるのはやむを得ません。ですから、歳を取ればとるほど、女性が結婚したり恋愛したりする対象は激減していくのです。

それが現実です。たとえあなたの気持ちに若いものがあったとしても、肌の衰えは隠すことはできないのです。



結婚には人生最良の華になる女性の旬がある


結婚には、女性の旬(しゅん)というものがあり、そのときが人生での最良の華であり、男が一番欲しがる時期でもあるのです。

大きな企業や官公庁に勤めているような人に独身女性が多いのですが、彼女らはキャリアも積んで自信を持っているため、「結婚なんて、自分がその気になればいつでもできるわ」とか「結婚を焦らなくても、女性に値打ちがあれば、いつだって男は寄ってくるわよ」などと、元気のいいことを若い子に言っています。

果たしてそうでしょうか。
ちょうど桜の花が満開になるのは、1年のうちでも1週間程度しかないように、あなたにも女性としての美しい花が咲くときがあり、それは一生に一度、それもちょっとの間しかないのです。その時期がいつかと言えば、20歳から30歳程度までで、そのときのあなたの美しさが男の眼を釘付けにするのです。

あとはあなたにいくら教養が身についていたとしても、肉体的な女性としては、すでに衰えているのです。若い女性は、「早く結婚したいので、結婚支援センターに行ってきたわ」とか「いい人がいたら、紹介してください」「婚活で忙しいを」などと恥ずかしげもなく言ったりしますね。

聞いているほうも、「しっかり頑張ってこいよ」と声をかけたくなりますが、もし40歳の独身女性だったらどうでしょう。恐ろしくて結果が聞けないだけでなく、知らない振りしてそっとしておきたいですね。

ですから、結婚とか、婚活は若い時期に、「合コン」をしたり「お見合いパーティ」に行くなどして、しっかり結婚準備をしておかなければならないということです。

誰も、冷めたスープなんて飲まないようなものです。
結婚や恋愛は、若さという時期をもっとも重要視しますので、自分の売り時をしっかり把握して、自分の一番美しいときに結婚するように努力する必要がありますよ。

若いときは、生命力が旺盛ですので、それだけで美しいのです。
そのときこそ、結婚を決断するときです。


「理想の男」「いい男」がいないと嘆く前に婚活


「理想の男」あるいは「いい男」がいないと嘆く前に、しっかりと婚活をしてみることが大切です。恥ずかしがる年頃が一番人生の良いときであり、人間は恥も外聞もなくなったらおしまいです。


とりあえず、鉄砲でも数打てば、間違って闇夜のカラスに当たることもあるように、できる限り「男と出会うチャンス」を増やすことです。
それでもいい男と出会うのは神業に等しく、ほとんど売れ残った男であり、ハズレになる確率は高いものです。

確かに「土地、家、カネ」があって、そのうえ「いい男」というのはそうザラにいるものでなく、たとえいたとしても、デパートの陳列には並ばないのです。
あなたの大学生活をよく考えてみてください。

大学生活では、遊んでばかりいる人と、あるいは自分の就職したい企業へ行こうと一生懸命勉強して頑張っている人がいますね。遊んでいる人は、ぼやっと遊んでいるわけではなく、男子と合コンしたり、文化クラブに入っては、いい男を見つけようと必死になっているのです。

大学はまさに花嫁学校の様相を呈し、いい男を見つけるために日夜奔走しているのです。二十歳前後で男女が知り合えて、そのうえ暇もあるというのは、大学だけであり、こういう学園生活は毎日がお見合いパーティなのです。

ですから、「いい男」というのは、学生時代にそういう女子学生の餌食になっているため、たとえ男子学生が企業へ入っても、すでにひも付きであり、世間一般には出回らないのです。

またそういう女性は、玉の輿に乗ろうと就職する時点から目標を定めて虎視眈々といい男を狙っていますので、いい男がふらふらと一人でいるわけがないのです。一方、あなたのように大学生活を勉強するところだと思って、「やりがいのある仕事を見つけて自立しよう」などと考えて就職する女性は、すでに結婚ということでは出遅れているのです。

ですから、あなたが20歳代後半になって、「そろそろ結婚相手を見つけようかなあ」などと甘い考えをして、それから血眼になって「いい男」を捜そうとしても、社会には出回っていないのが現実です。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.