トップページ

職場恋愛のきっかけ


職場恋愛がきっかけでつき合ったり、社内恋愛から発展して結婚に至るケースは多いそうですが、たしかに、職場で過ごす時間が長くなればなるほど、良くも悪くも異性の同僚、上司、部下などが日常生活で不可欠な存在になるからでしょう。

職場恋愛のきっかけは些細なもので、プロジェクトなどを通して、一緒に仕事をする機会が多くなると、ただの同僚が気になる男性へと変わったり、気づけば仕事仲間と思っていた女性を意識してしまったりするものです。

とくに男女比にバランスが取れて、異性との交流がある職場環境なら、ほぼ確実に色恋沙汰はあるもので、同期の同僚との恋愛、上司と部下との恋愛などから、なかには既婚者との不倫の関係もあるでしょう。

このように職場恋愛や社内恋愛は、身近に繰り広げられていますが、ただ学生時代の恋愛と違って、リスクも高くなりますので、注意が必要です。それは異動のリスクであったり、別れたときの気まずさであったりしますが、出世に影響するような噂が社内に流れることだってあります。

そんな関係で、職場恋愛に躊躇する人もいるようですが、そこで重要になってくるのが、脈ありサインをいかに上手く出すかです。あるいは、相手の脈ありサインを間違いなく読めるかどうかです。

まずは、自分から積極的にきっかけ作りをしたり、脈ありのOKサインを出すことが大切です。




職場、社内恋愛の始まりのパターン


共同作業をしている時


職場恋愛のきっかけとして多いのが、共同作業で一緒に仕事をしているうちに好きになるというものです。気がつけば、仕事仲間の男性を好きになっていたというものです。


職場では、個人ごとに仕事が分担されているとはいえ、開発や研究をするような場合にはチームワークを重視する傾向にあります。あるいは、大きな開発のプロジェクトを立ち上げたような場合には、ひとつの部署だけでなく、横断的な人事配置によって共同作業をすることが多くなります。

人は、共通の目標に向かって共同作業を行うことで、「時間」「空間」「体験」を共有することになり、連帯感、友好関係、親密感は自然と増してくるものです。
たとえば、仕事の打ち合わせをする機会が増えたり、徹夜で一緒に仕事をすることもあるでしょう。あるいは、仕事帰りに二人で居酒屋に行きストレスを発散することもあるでしょう。

また、仕事での苦労や悩みを分かち合うこともある一方、仕事を達成できたときの喜びを共有することもできます。

それだけでなく、二人きりで話す機会、メールアドレス交換やlineで個人的に業務連絡をするチャンスも生まれますので、自然と男女関係に発展していくのです。


通勤の行き帰り


通勤の行き帰りが一緒であると、話す機会が増えることで、職場恋愛や社内恋愛が始まるきっかけとなり、結婚するパターンになりやすいといわれています。


通勤経路が一緒であっても、帰宅する時間はそれぞれ違うこともあるでしょうが、出勤時ならだいたい決まった時間に家を出るでしょうから、毎朝、自然と会話することで親密感を高めておくといいでしょう。

もっと、親密になるきっかけが欲しいなら、できれば、帰りの時間も意図的に合わせてみることです。

帰り道は、会社や仕事から解放された気持ちもあって、プライベートな関係を築く最高のチャンスです。会社の仕事場では、基本的に公私を分けるのがマナーであり、恋愛感情を持って仕事をすることはタブーで、なかなか恋愛のきっかけを作り出すことは難しいものです。

帰り道だと、朝のような緊張感もないため、
「近くに美味しいケーキ屋ができたんだけど、今度、行ってみない?」とか、
「ちょっとそこでコーヒーでも飲まない?」
などと、気軽な気持ちで声をかけれるはずです。

もし、気になる人がいたら、仕事帰りにアタックするのがいいかもしれません。


フォローやサポートしてくれたとき


仕事は一人で頑張っているように見えても、現実には一つの組織のなかでチームとして業務をこなしていますので、そのチーム内の一人がミスをしたり、仕事が遅いと、チーム全員の仕事の能率に支障が出てきます。

そんなときに、お互いをフォローしたり、サポートし合ったりするものですが、それをきっかけに職場恋愛に発展するケースもあります。

どんなに優秀な人間でも、仕事を完璧にこなせる人はいないし、仕事経験の浅い人ならなおさらミスや失敗があるものです。

こんなとき、先輩が「これはこうやるといいんだよ」と教えてくれたり、「君は少し疲れているみたいだから、あとは俺がやっとくよ」などと、 さり気なく仕事をカバーしてくれる男性や女性がいれば、その人を魅力に感じてしまうのは自然な成り行きといえるでしょう。

もし、女性の立場で、職場恋愛のきっかけにしたいのなら、男性からフォローやサポートがあったときに、「ありがとう!」の一言に、「○○さんのおかげで助かりました。感謝しています。今度、お礼をさしてください」などと付け加えれば、男性の気持ちはぐっと傾いてくるはずです。

逆に食事に誘われるかもしれません。


会社での飲み会


職場恋愛のきっかけといえば、やはりお酒が入る飲み会がその代表格といえるでしょう。

普段から気になっている人が飲み会のメンバーに入っているなら、きっかけをつかめる確率は高いでしょうが、何の接点もない組織ぐるみの親睦会やイベントでお酒の席が設けられるだけでも、そこで恋に発展するケースは多いのです。

日本では、新入社員歓迎会、忘年会、送別会など、年中、お酒を飲めるような宴会がたくさんありますので、恋人が作りやすい原因にもなっています。

飲み会では、当然アルコールが入るので、打ち解けやすくなること、職場ではしないようなプライベートな会話が弾むこと、それに仕事中の真面目さとお酒が入ったときのだらしなさのギャップがあることなどで、さらに好感度が上がるきっかけにもなります。

なかには、酔っ払った同僚を介抱しているうちに、二人で帰宅することになり、 そのまま泊り込んでしまったというケースもあるようです。また、異動や転勤の送別会ではお別れがきっかけで「今気持ちを伝えないと後悔する」と勇気を振り絞って告白して付き合い始めることもあります。

会社での飲み会は、つき合いを始めるきっかけの宝庫になっているのです。


残業しているとき好きになった


職場恋愛のきっかけとして、男性と女性が一緒に残業する時間が多くなって、仕事やプライベートの話などをしているうちに、恋に発展するケースも多いようです。

共同作業で残業をしているなら、「共有効果」もあって、なおさら発展しやすいでしょうが、それだけではない効果もあります。

よく言われますが、昼間の明るい雰囲気の中では、仕事一辺倒になっているため、色恋沙汰のムードにはなりませんが、夕方以降で周囲が薄暗くなりますと、「暗闇効果」とか「黄昏効果」もプラスされます。

心理的に恋愛感情が高ぶりやすく、告白しても成功しやすい時間帯であることも証明されています。そのうえ、人は薄暗くなると理性の抑制が緩み、誰かと密着したりスキンシップをしたいという親和欲求も高まります。暗がりになると、お互いが近寄って歩きたくなるようなものです。

深夜まで、会社に一緒に残って仕事をしていると、辛い思いも共有して一体感を感じるようになり、より身近な存在に思えてきます。
さらに、遅い帰りも一緒になると、居酒屋で軽くビールで食事というパターンにもなりやすく、それだけですでにデートは始まっているのです。


仕事のできる姿に魅力を感じたとき


女性は、有能でやり手の男性を見ると、頼もしく尊敬の念さえ湧き上がって、魅力的に感じるようです。

とくに仕事中に、黙々と働き、男らしさや頼もしさ、それにリーダーシップなどを見せ付けられると、それだけでつい好きになってしまったり、惚れてしまうことがあるといいます。

学生時代なら、イケメンというだけで好きになっていたのでしょうが、女性も働くようになって本当の大人の男性を近くで見る機会が増えてくると、顔ではなく男性の仕事の能力を評価するようになるものです。

それは当然のことで、女性が、結婚した後、出産して自分と子どもを養ってもらうためには、男の顔の良し悪しなど何の意味も持たず、大切なのは、男の稼ぐ能力がすべてだと分かるからです。

だから、女性としては、有能でできる男性をみると、職場恋愛のきっかけにしたくなるのです。

一方、仕事のできる女性はモテないとも言われていますが、そんなことはありません。
仕事のできる女性も男性からみると魅力的に見えるもので、年上の女性上司と男性部下が職場恋愛に発展するケースも少なくありません。

男性からすると、包容力のある女性を好きになる傾向があることと、お互いに尊敬でき、さらに刺激し合って高みを目指せる関係であれば、好きになっても不思議はないのです。



同期入社で特別に意識する時


同期入社がきっかけで、職場恋愛に発展することもあります。


大学を卒業して、何も知らない会社で、これから同期として一緒に頑張って働こうという状況のときには、誰だって不安と期待が入り混じり、同期としての仲間意識や連帯感が強まるものです。

同じような気持ちを抱いている同期は、上下関係がなく対等な立場であり、さらにこれから喜びも悲しみも共有することになるのかと思えば、急速に距離が縮まりやすい環境に置かれます。

お互いに入社試験の難関を突破して、同じ時期に入社したタイミングというのは、運命的な出会いとも感じられるため、同性同士でも友情関係や仲間意識が急速に芽生えるように、異性なら、なおさら彼氏や彼女に発展しやすいケースになります。

特に社員教育を受けている入社1ヶ月程度の研修期間は、お互い前向きで成長を実感できるので同期が素敵な人だと勘違いを起こしやすい傾向もあるようです。


挨拶するようになったとき


職場恋愛のきっかけが挨拶というのは、意外かもしれませんが、心理学的には、大いにありえることです。


心理学には、「単純接触効果」というのがあり、職場の挨拶をいつも気持ちよく交しているだけで、警戒心がなくなって好感度が上がるという法則です。

それに、自分に対して挨拶をしてくれるというのは、「少なくとも嫌われてはいない」と男性は考えるもので、機会があればもっと近くで話してみたいと思っているはずです。

そして、何度も顔を合わせて挨拶を繰り返しているうちに、エレベーターなどの密室で目が合ったようなときに、いきなりメールアドレスや連絡先を書いた紙を渡すこともあるし、もっと積極的な人であれば、名刺に「今度、ランチしませんか」などと書いて、デートに誘うこともあります。

ですから、挨拶で社内恋愛のきっかけをつかみたい人は、二人っきりになったエレベータのような密室で、挨拶を交すと、心理的に相手を異性として意識しやすいので、できるだけそういうシチュエーションを作って、接触するようにすると効果があります。


悩みごとを相談しているとき


上司なら、部下からプライベートな悩みから仕事の悩みまで、相談を受けることがあるでしょうが、そういう相談をきっかけにして恋愛関係に発展することはよくある話です。

同じ環境で仕事をしている仲間であればこそ、たとえ上司であろうと部下であっても、仕事の辛さや悩みを共有するものがあり、お互いに相談しやすいし理解してもらえやすいでしょう。だから、女性部下が男性上司に相談することはよくあることなのです。

男性上司としては、女性の部下に頼られて何でも打ち明けられると、信頼されているという喜びを感じると同時に、秘密を共有したという気持ちもあって、二人の間に親近感や好感度がアップしていきます。

とくに、女性部下から「こんな相談は、○○上司にしかできないわ」と男性上司に言われたら、その女性に特別感を持つようになり、男性心理として保護本能が働き、女性部下が特別な存在のように思えてきます。

ある凄腕の女性部下は、自分の恋愛の悩みを上司に打ち明けて、上司がその相談に乗っていましたが、よくよく聞いてみると、その女性部下の好きな相手が自分だったという話まであります。

このテクニックを使えば、好きな上司がいるなら、あえて悩みごとを相談して近づくというのも一つの手です。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.