トップページ

婚活パーティに参加する女性の特徴


婚活パーティに参加している女性とは、どんな特徴を持っていてどんなタイプなのか、ちょっと気になるところです。

おそらく大学を卒業して就職先が保育園の先生とか医療関係の看護師や介護士など、女性が中心で働くような職場につくとか、あるいは男性が多くても、中年の既婚者がほとんどだったということで、職場恋愛や社内恋愛ができなかったのかもしれません。

内気な性格で自分から男性との出会いを求めなかったという女性もいるでしょう。

また、もともと地味な性格でモテなかったため、男性との縁がなかったという人もいるでしょう。

そういう女性とは反対に、若いうちはモテて仕方なかったため、結婚や婚活の意識などさらさらなく、恋愛を大いに楽しんでいて、30代前半になって、やっと結婚してもいいかなという気持ちになったという人もいるでしょう。

ここでは、一般的に婚活パーティに来る女性には、どういう特徴を持った人が多いのかを紹介します。




婚活お見合いパーティに来る女性の特徴


自意識過剰でプライドが高い


男女平等で女性の社会進出が進み、若い頃からキャリアウーマンを目指して、仕事に情熱を傾けていたため、恋愛をするような時機を失した人がいます。

こういう女性は、すでに中間管理職になって男性部下もいるため、普段から男性との競争意識が強く、男を競争相手だと思っているところがあります。

こういう女性は、学歴とか年収、現在の地位に誇りを持っているため、自信を持ちすぎて、自意識過剰でプライドも相当強くなり、どんな男性を紹介されても、自分とは釣り合わないと拒否する人もいます。

婚活パーティで男性と話していても、上から目線での対応に特徴があり、「つき合ってあげる」、「話を聞いてあげる」というように、偉そうな振る舞いになっています。

ハイスペックな男性は、女性の年収や地位などにはまったく興味がないので、女性らしい包容力や優しさを求めているのです。この手の女性は婚活で自尊心を満たしているだけで、条件のいい男をゲットする戦略として、この態度だとうまくいっていない可能性が高いです。


受け身で自己主張しない


婚活している女性は、将来の生活の安定を考えて、男性に求める条件がいろいろと多すぎてしまうのが普通ですが、なかには、「いい人だったら誰でもいい」という自己主張のない女性がいます。

こういう女性は、ふだんから引っ込み思案で会話が苦手で、自分の考えをはっきり表現できない特徴がありますが、こういう女性こそ、くせ者で、心の中では、理想の男性像や男性に求める条件も厳しいものを持っている可能性があります。

男性としては、「つき合いやすい女性だなあ」と思って、つき合い始めたのに、デートを2、3回重ねると、急に交際をやめてしまうのです。相手に任せっきりにしても、後になって「あんなセンスのない人はダメ、話がつまらない、生真面目すぎる」などと文句をつけて次を見つけようとします。

こういう状態を続けていくと、いつも同じ結果になるのは目に見えていますので、交際するのなら、自分の気持ちを素直に出して、条件的にも納得した男性とつき合うことです。


遊び半分の気持ちで参加


お見合いパーティにしても婚活パーティにしても、料金的には、男性より安くなっていることがほとんどです。

そんなこともあって、女性同士が合コンにでも参加するような軽い気持ちで来ていることがあり、遊び半分で冷やかし感覚なのです。実際には、彼氏がいたりして、真剣に結婚相手を探す気持ちすらなかったりします。

20代半ばで、本当に軽い気持ちで来ているので、この手の女性とは真剣に交際できないし、たとえ、会話が進んで連絡先が交換できたとしても、本命の彼氏にはなれず、せいぜい彼氏としてキープされるのがオチです。

あまりしつこく連絡すると、その後LINEをブロックされたり既読スルーで無視されて音信不通になるのは目に見えています。

ある意味では、女性の参加料が安いことが原因の一端を担っていますので、やはりそれなりの料金を女性からも取らないと、遊び半分の女性は排除できないでしょう。


結婚に焦りを感じて必死


婚活している女性で、周囲の男性から敬遠されがちなのが、結婚に焦りを感じて必死になっている気持ちが出すぎている人です。男性からマイナスイメージを持たれる最大の理由があります。

確かに、女性には、男性と違って、出産適齢期というものがあり、女性も30歳後半になってくると、妊娠すると高齢出産となり、母子ともにリスクが高まります。つまり、女性には結婚リミットがあって、それを逃してしまったら、基本的に男性からは子どもが産めないということで、見向きされない可能性があります。

それだけに、周囲の女性が次々と結婚すると焦りだけが前面に出てしまい、婚活パーティにしてもお見合いにしても、態度や仕草、言動に、焦りの色が出てしまいます。

結果として、初対面の相手に対しても、結婚条件に合致しているかどうかを素早く見抜きたいために、職業や年収、家族構成などを焦って聞き出そうとする傾向があります。普通であれば初対面の相手にプライベートなことを聞くのはマナー違反ですが、それすら余裕がなくなっているのです。



生活の安定と専業主婦を夢見ている


婚活している女性の中には、自分で仕事をして将来も一人で生きていくことを考えると、つい不安になり結婚をしたくなったという人がいます。

それに、女性も会社に勤めて5年以上も経ってくると、責任のある仕事もするようになって気苦労が多くなります。もちろん、キャリアウーマンを目指すのなら問題ないでしょうが、ほとんどの女性は腰掛け程度で働いているのが実情でしょう。

そういう女性は、結婚したら専業主婦になることを夢見ており、旦那が会社に行っている間は、近所の主婦とおしゃべりをし、ヒマになったらお茶でもしながら、のんびりと過ごしたいと思っています。

ですから、婚活相手に対しても、専業主婦ができるような高収入を望んでおり、お金があることが、すべての条件の上位に位置づけています。男性よりお金を愛しているのです。

こういう打算的な女性は、年齢を重ねるにつれて若さと美貌という価値は落ちるのに反比例して、お金を求める気持ちだけは強まってきます。
これでは、男性は敬遠してしまうでしょう。


損得勘定を優先しすぎる


婚活パーティに来る女性のなかには、男女同権が当たり前だと思って、男性と張り合って競争したり、損得勘定だけで男女関係や結婚関係を割り切ろうとする人がいます。そういう女性はむしろ相手の男性を疲れさせてしまうだけなのです。

要するに、打算的に行動する女性は、抜け目のない雰囲気をかもし出してしまうため、女性としての大らかさとか包容力、あるいは愛情が失われ、全身から幸せオーラが消え去ってしまい、男性が敬遠するのです。

男と女がお互いに惹きつけあうのは、お互いの純粋な愛情からであり、そこには人間の知恵で考えたような打算の入る余地はありません。

ビジネスの世界は損得勘定で動くものですが、長期的視野に立てば、自分が得して相手が損するだけの関係では長続きしません。やはりお互いにウィンウィンの関係じゃないと、いかにビジネスの世界とはいえ、長い目で見た信頼関係は成立できないでしょう。

ましてや男女関係で「あの時、あの人を信じたばっかりに損をした」などと、損得勘定が前面に出るようでは、結婚相手の候補としては除外されます。

まずは、男と女の関係は、損得を考えずに、どれだけ相手のために行動できるかということが大切で、そういう女性は大人の女性として、男から尊敬されるし、心を許して何でも話すことができる人と思われます。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.