トップページ

合コンでモテる方法・テクニック


合コンや婚活でモテるためには、モテる方法やテクニックが大切なのは言うまでもありませんが、それには最初の印象でインパクトを与えておくことが重要です。
ここでは、あるメンバーが集まった合コンを想定して、男性は女性の何に注目しているかを解説してみます。

★ 女性側・・合コンに参加した女性4人は、短大時代からの大の仲良し。

Aさん=某事務所に所属してモデルをやっている美人。この日はラフな格好で参加。
Bさん=ルックス的にはふつうの女の子。でも、服装にはあまり気を使いません。彼女もラフな格好で参加。
Cさん=ルックス的にはふつうの女の子。顔だけ見るとBさんのほうがちょっとだけかわいい。でも彼女はオシャレには人一倍敏感です。ファッション誌はいつも欠かさずチェック。
Dさん=ルックスにはあまり恵まれていない。そして服装も無頓着です。

★ 男性側・・テレビディレクター、お医者さん、一流外資系会社員、超ブランド大学の学生

さて、男性たちは盛り上げ方も上手で、女性たち4人は楽しい一次会を過ごしました。男性陣は金払いもよく、女性の食事もすべておごり。4人は大喜びで二次会への期待を膨らませます。

場所替えの前に、女性陣が化粧室へ行っている間、男性の側では誰がイチ押しか、秘密会議が行われました。そしてなんと驚くべきことに、男性陣4人が女の子につけた好感度順位はまったく一致したのです。

答えは、一番好感度があったのはAさん、次に人気があったのはCさん、そして、Bさん、Dさんの順だったのです。

理由は次のようなことです。

会って間もない段階で、男性が女性の何に惹かれるのかと言えば、ずばり、ルックスなのです。理由は、子孫繁栄のために、男性は女性にいち早く惚れる必要があり、そのためには性格などは知るよしもありませんから、見た目で選んでしまうのです。

さて、Aさんはラフな格好で参加したにもかかわらず、男性陣からは圧倒的な大人気ですが、これはルックスもよく、モデルという肩書きのせいです。

◆肩書きの効果

こういう肩書きの女性は簡単に手に入らず競争率が高く、「放っておくとライバルに奪われる」ということで、男の競争心に火をつけるのです。ちなみに、この「モデル」という肩書きは、男性に対し強力な力を発揮するもので、その他「キャビンアテンダント」「女優」「アナウンサー」などの肩書きも力を発揮します。

◆ファッションも競争率を高める効果

BさんとCさんでは、顔だけ見るとBさんのほうが少しかわいいのに、実際に人気があったのはCさんでした。
男性に訴えかけるルックスとは、顔や服装を含むいわゆる見た目のきれいさを指すのです。そのファッションに、多くの男性から「モノ欲しそうに見つめられる」という情報が加われば、そらなる効果が期待できるでしょう。
たとえば、カジュアルでも少し露出があったり、ボディーコンシャスな服装だったりというものです。




合コンで彼氏や彼女を作るテクニック


合コンでの幹事はメリットが多い


一般的には、「合コン」に参加する時には、「友達に言われてはじめて来ました」などと、初々しく振舞うのが常道ですが、どうしても自分が幹事にならなければいけない場合も出てくるでしょう。そんなときには、進んで幹事を引き受けるのも、それなりのメリットはたくさんありますよ。

合コンでは、店の選択から料理の段取り、それに席順とか自己紹介の進め方、あるいは二次会のダンドリなど、すべてこれらを取り仕切るのが幹事の役目であり、人の世話をするだけで損な役回りもみえますが、幹事になれば、いい男と一番仲良くなれるチャンスのキーを握っているのもこの幹事なのです。

たとえば、合コンに参加する男性をいち早く知ることができることは、それだけ男性の情報を他の女性よりも先に入手でき、それにあわせて女性陣をどう選ぶかも、幹事の任務です。何にもまして、参加男性の情報が先に手に入れば、参加する女性との関係も最初に知ることができるのが有利です。

その上、座る席を前もって決めておいたり、自己紹介の順番を決めることもでき、そういう進行をスムーズに進めるだけで、男性からの信頼を自然に得ることになります。ただ、ダンドリが悪いと逆の評価にもつながりますので、要注意です。

いずれにしても、会を仕切ってスムーズな進行を演出できれば、幹事が一番目立ちますし、男性からは注目の的になるポジションでもあります。

なお、飲み会の開催に当たっては、男性陣のほうも幹事がいますので、会の打合せ等で男性側幹事とメールのやり取りをすることも多々ありますので、もし、あなたが気に入るような幹事なら、いつでもメール交換もできますし、飲み会がうまくいったなら二人だけの打ち上げを企画して誘っても、別に違和感はないでしょう。


合コン慣れ、男慣れしていることは隠す


「合コン」では、合コン慣れとか、男慣れしているという雰囲気を絶対に出さず、男性に見破られないことです。


男は女性が男の気持ちを知って、男を楽しませてくれることは喜んでくれるでしょうが、それはあくまで、女性に「しとやかさ」と「慎み深さ」があってのことで、男慣れしていることが全面に出てしまえば、男としては興ざめで、女の作り笑顔などが妙にいやらしく見えてくるものです。

あなただって、女性慣れして女を手玉にとっているような男から、気軽に誘ってきたり、さりげなくボディタッチをしたりされると、うさんくさく感じ、自然と敬遠するでしょう。

ですから、合コン慣れしているという事実を知るだけで、男は目の前にいる女の評価を確実に下げます。男慣れしている女だなあ、という印象を与えたらダメです。

男が女性を選ぶ基準は、自分が家庭を作ったときに、どういう女性と苦労を分かち合えるのかということを考えて、女性を選ぶものです。いかに美しい女性で魅力的であっても、その女性は床の間に飾られるべき女性であると判断すれば、その女性は眺めて愛でる対象であっても、家庭の中でお互いに苦楽を共にする伴侶としては選びません。

たとえて言えば、草花は花壇や一輪挿しには良いとしても、それは正式に庭に植え込むべき樹木にはならないようなものです。庭園の植え込みになる樹木は「美」は「美」であっても、もっと落ち着きのある「美」を必要とするのです。

それと同じように、一生の伴侶として家庭の中に植え込まれるべき女性には、「化粧で美しく着飾った女性」とは異なる美を必要とするのです。
このような女性は、質素で、綺麗で、純な百合の花のような清浄さがあり、かつ堅実な人でしょう。


合コンは彼氏を作るための女磨きの道場と心得る


「合コン」は女磨きになる実践道場と心得るべきです。

なぜ、「合コン」に参加すると、女性磨きになるのかと言えば、誰だって、いい男と出会えるチャンスと錯覚して、おしゃれもするでしょうし、勝負パンツもはいていくでしょう。このように男性のいるところに参加するだけで、女としての刺激を受け、メイクも上達していくのです。

合コンは何回出席しても、「いい男なんていない」と思っているのではないでしょうか。確かに10回参加したら、そのうちの1回ぐらい、アタリがあるかないかぐらいの確率でしょう。それでも、つき合ったら「ちょっと楽しいかな」と思えるか、あるいは「少し好みかな」といった程度でしょう。

休みごとにいくら鯛釣りに出かけて行っても、まともに鯛など釣れるようなことがないのと同じです。たとえ釣り針に工夫を凝らして五十歩百歩です。ですから「合コン」で結婚相手をすぐに見つけようと思うのではなく、「合コン」を女磨きでステキな女性に変身していくことと、男の心理を会得する手段に利用すればよいのです。

これを「いい男なんていないのに参加しても面白くない」などと思って参加しなければ、女性としての感性が鈍ってくるのは間違いないです。メリットは、それだけではないですよ。恋愛を成功させるためには、いろいろな経験を積むことが大切で、合コンをこなした数だけ、男を知る機会が増えるのです。

端的にいえば、恋愛に当たっての男心を知るのです。「男とはこういう生き物なんだ」ということを知っていることと、知らないこととは天地の差があり、若い男でも年増の女性を好む人がいますが、これは男心を知っているから居心地がいいのです。



「尻軽女」と「口軽女」は合コンに誘ってはダメ


あなたの気に入っている人を合コンや飲み会に誘うような場合、注意しなければならないことがありますよ。当然、あなたのお目当ての男性を奪っていきそうな女性は合コンには呼ばないこと。女性同士なら、勘が鋭いですから、あなたの好みと誰がバッティングするかは本能的にわかるのではないでしょうか。

ちょっとでも、あの子は呼ばないほうがいいなと直感で思ったら、呼ばないに限ります。女性の直感はあたるものです。

また、ネガティブで、その場の雰囲気が読めず、場をしらけさせたり、つまらなくさせるような女性を呼ぶことはNGです。男たちを退屈させたら何にもなりません。あまりにも身勝手で、相手の話を気持ちよく聞けず、自分の立場をわきまえないような人は、呼んだあなたも同レベルに見られて、損することは間違いないです。

こういう合コンに一番呼んでいいのは、話を大げさに面白おかしく話して、すべらない女性で、かつ、男から見て、恋人にはしたくないけど、話し相手としては面白いヤツだなあと思えるよう女性です。こういう女性は空気を読むのがうまく、場をうまく取り繕ってくれる美点があります。

逆に絶対避けるべきタイプは、「尻軽女」と「口軽女」です。
すぐに飲んでは酔っ払い、親密になった男性といつのまにか消えていたという女性などは、あなたも同じように見られますし、酔った勢いで何でもペラペラしゃべるような口軽女も、いろいろとあなたが秘密にしている情報をかんたんに漏らしてしまうことがありますよ。

特にあなたの異性関係などを、「何を言っているの」などと注意しても、「ほんとうのことでしょ」と開き直って、しゃべられたら、たまったものではありませんね。こういう迷惑極まりない女性は、爆弾を抱えているようなもので、身勝手な振る舞いが多く、みんなの迷惑になることでしょう。


出会いは見たときの第一印象が大切


合コンや結婚式など出会いのチャンスが巡ってきた場合、あなたの第一印象は非常に大切です。
男が女性を見た場合の第一印象は、何と言っても、ヘアスタイル、ファションではないでしょうか。

「自分は他人とは違うんだから、自分のセンスで洋服を選び、化粧をしてどこが悪いのよ」と頑固に主張する女性もいるでしょうが、結婚を前提にした出会いとか恋愛をしようと思えば、必ずしも、自分のセンスのみで服装とか化粧などをすべきものではありません。

ちょうど、学生さんが就職活動するときに、リクルートスーツを着ていますが、これをジーパンとかアロハシャツを着て就職活動をしたらどうでしょう。
その時点で、すべて失格になるのは目に見えています。

やはりリクルートスーツは地味で真面目な雰囲気をかもす服装であり、清潔感があるから、自然とあのようなスーツで身を包むのです。

社会常識として、面接に立ち会ってくれる人の立場も考慮すべきであります。ですから、結婚を前提にした婚活も、男から女性を見る場合、「いっしょに生活して金遣いは荒くないだろうか」、あるいは「質素な生活で我慢するだろうか」などと考えて、女性の衣装等や身なりを見るものです。

それでは、間違ったオシャレとはどういうものかといいますと、ちょっと頑張りすぎかなあと思える服装で、一般的な出会いの場で、披露宴で着るような服であって、「ここまでやるか」と男に思われるような服装です。

それでは、どういう身なりが良いかと言えば、
@ バッグやアクセサリーなど身に付けるものは、みな小さくて品の良いモノ
A ヘアースタイルは清楚なもので、最近よく見かけますチリチリにしたようなものは絶対ダメです
B イヤリングなども、耳元でゆさゆさ揺れるような大きなモノは避けること
などで、要は、上品さが全体からそれとなく漂っているような服装が良いでしょう。

とくに、出会いの絶好のチャンスである結婚式や同窓会では、「ファッション」で目立ちすぎないこと、周囲に違和感を与えないことが好印象の絶対条件です。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.