トップページ

婚活成功は出会い方が大切


なぜ、出会うために女性からアプローチしてはダメなのでしょうか。

じっとしていれば、憧れの人から声がかかって、偶然に赤い糸の人と出会いが待っているとでも言うのでしょうか。ですが、この世の中、そう甘くはありません。

婚活成功のために出会うための努力が必要であるのは確かであり、早くスタートを切れば、知り合える男の数も増え、出会えるチャンスは広がり、いい人との出会いも増えるでしょう。

ですが、出会いは男から声を先にかける必要があり、女性から先に声をかけてはいけません。

これは陰と陽の関係から導かれる原理で、すでに古事記のなかにも出てきますが、男の神様(イザナギノミコト)と女の神様(イザナミノミコト)が、天の中心にある柱をお互いに反対に回って国づくりをしようとしたときに、最初に女の神様が「あなたは何ていい男なの」と声をかけたのです。

そうしてできた子どもが不良児であったということです。

そのため、今度は男の神様が「そなたは何て美しい女なのだ」と声をかけて、できた子どもは普通の子であったとされています。

このように、陰陽の原理に則らなければ、男女の仲は長続きせず、遊びだけの関係になるから注意が必要なのです。

たとえば、女から男をナンパするような出会いは、ほとんどの場合、うまくいくことはなく、その場限りの体の関係になるだけなので、結婚に発展するような関係は育たないのです。

男からその女性を考えるときに、いつもそうやって男に声をかけているのだろうと考えてしまうのです。女性が男性をアプローチするためには、男性から声がかかるように仕掛けることが大切です。つまり、女性のしぐさや言動、優しさなどで男性から声をかけたくなるようにするのが正しい女性のアプローチの仕方です。




婚活を成功させるための秘訣


出会い方で結婚の行方が決定


あなたの恋が結婚にまで発展するかどうかは、出会い方や出会った場所によって、その行方がある程度分かるものです。


たとえば○○美術館とか、○○記念博物館などで出会ったのなら、お互いに感性がふれあって親しくなる関係から、まずは趣味の話しなどからスタートします。

一方、ナンパされて知り合ったとか、あるいは漫画喫茶やディスコで出会ったりしますと、男も女もこういう場所は、あまり知性的な場所ではなく、遊び程度でしか考えないものです。

特に、ディスコなどでは、最初の挨拶が抱擁とキスになっても何の不思議はなく、オスとメスの出会い方になってしまうものです。

こういう出会い方をするということは、そういう場所の雰囲気がピッタリ合ったたからなのですから、次のデートの場所もだいたい同じようなところになってしまう傾向があります。

こうしてスタートした交際は、二人の運命を決定、つまり結婚の行方を決定づけることとなります。

それだけに、婚活を目指して出会ったとしても、危険な場所で出会った相手とは、真剣な付き合いは絶対にしないことです。

夏などは女性同士で海辺でキャンプなどしたりしますと、たまたまキャンプをしていた男のグループがいろいろと言い寄ってきて、夜のキャンプファイヤーなどで意気投合することなどもあるでしょう。

ただこういった場所で男と出会った女性たちは、男が頼もしく、またたくましく見え、男の野性的な魅力に、つい心を奪われてしまうことがあります。

職場では、真面目で面白みのないインテリ社員を見ている女性の目には、男の野性味が本当の男だと錯覚してしまうのです。

ところが、休暇を終え、いつものように会社に行って冷静な心になれば、あの男らしさは単なる子どもっぽいイタズラ心であったり、あの野性味はたんに酒の飲みっぷりが豪快なだけだったということで、幻想は一瞬にして破壊されてしまいます。

ですから、夏場の海や山、あるいは冬場のスキー場で、いろいろと出会うチャンスはくるでしょうが、一夜限りと割り切って付き合うか、傷つくのがイヤなら、積極的な行動に出ないことが賢明です。

良い出会いというのは、自分の趣味や日常生活と大差のない場所で出会う相手です。
そういう相手なら、互いに運勢を落とさずに結婚へと発展できるでしょう。



合コンは自然な出会いが大切


男と女の出会いは、どこでどう発展するか摩訶不思議な面はありますが、親しくなる前の二人っきりデートは、始めのうちは遠慮すべきでしょう。

いきなり二人だけのデートは遊び相手に見られる可能性が高いのです。

一般的に、親しくないうちから二人でデートとなると、喫茶店に入っても何を話していいか分からず間がもたなかったり、食べ物や映画の好みも分からず、お互いに気まずい思いをしたり、うまくいかないことが多いものです。

こういう場合は、相手のことを知るために、何人かで飲み会を開いたり、合コンをするのも良いでしょう。

一番理想的なのは、知り合った男性に合コンを開いてもらって、自然な感じの出会いになることが大切です。

合コンは、参加した人が、みんなそれなりの人間関係でつながっているので、「類は類を呼ぶ法則」で、面白みがなくても、変な人も参加していないという、安心できるメリットがあります。

たとえば、ある企業の社員と合コンするような場合、「△△銀行の社員である」という条件だけは確実に保証されることになり、学歴や年収にしてもある一定のレベルが約束されているようなものです。

昔で言えば、ある程度相手の素性も分かった集団見合いのようなものです。

ですから、合コンは、セットする相手にもよりますが、このセットする相手と同じ程度の身分は保証されているというメリットがあります。

さらに、合コン相手なら、お互いが人間関係でつながっているので、あなたにその気もないのに、相手から強引にしつこいほど電話とかメールが送られてくることはないでしょう。そういう面からも安心です。

いざ、結婚ということになっても、友人の紹介で知り合いましたと堂々と言えるのも強みです。


同窓会での出会いにも発展が


新しい出会いを探すことは何よりも大切ですが、過去の出会いを現在に蘇らせる覚醒恋愛も捨てたものではありません。

あなたも高校時代に憧れた人が何人かいるでしょう。

野球で活躍していた彼、バスケに夢中になっていた彼、勉強ができる優等生の彼、若い頃は、青春を謳歌している人がうらやましく、憧れの彼になるものです。

こういう彼とは、高校を卒業して大学でも大阪や東京に分かれて入学したりしますと、自然に疎遠になってしまうものです。

しかし、大学在学中とか、大学を卒業して社会人になった頃に、同窓会とかクラス会が開催されることがありますが、同窓会には絶対参加しておきましょう。

同窓会で再会して、かつて彼と付き合っていた頃の思い出が昨日のように思い出され、そして焼けぽっくいに火がついて結婚にゴールインというケースはいくらでもあります。

また、年数が経ちますと、男を見る目も若干出てきますので、クラスメートでそれほど気にしなかった彼でも、あなたのメガネにかなうことだってあります。

合コンなどと違って、出会いとしての同窓会の良い点は、いくら年齢を重ねても、お互いの印象は学校で出会った頃のままの彼であり、彼女であり、イメージは若い頃の思い出ともに蘇ってくることです。

それが会社の合コンなどでは、あなたのあの初々しかった高校時代を知っているわけではなく、今現在のあなたしか印象にないはずです。

ですから、同窓会での出会いは、あなたの若さのイメージがあるから、恋愛に発展しやすいのです。

また、友だちの結婚式には、お誘いがあれば、必ず参加し、最後は二次会までお付き合いするのが良いでしょう。

こういう華やかなムードは恋愛とか結婚に関して、みんながうらやましく、自分も早く結婚したいという気分になりやすいことと、たとえお互いに面識がなかったとしても、まったく素性の知らない同士ではないため、安心感もあり、いい出会いになることがあります。



運を下げる相手とは付き合うな


出会いによって結婚まで恋を発展させるためには、「運を下げる相手とは付き合うな」という言葉があります。

一般的にどういう相手がそうなるかといえば、「カネがない」「時間がない」「仕事がない」というような、ナイナイづくしの人であり、最初から交際すべきでありません。

人間の交際が長く続くためには最終的にはギブ&テイクの関係が成り立たなければなりません。

たとえば、男性が食事に誘ったら、男性が勘定を持ち、今度は女性が誘って勘定を持つという平等の関係がなくては、安定した関係など続くはずもありません。

仕方ないから付き合っているという関係は、早く止めないと、あなたの運がどんどん下がり逃げていくことがあります。

★ デートに同僚の女性や友だちは連れて行かない

あなたが女性で男性からデートに誘われたとします。

あなたは何となく気が進まず、話し下手ということもあって、同僚の女性を連れてデートに行くようなことがあるかもしれませんが、彼はあなたより同僚の女性が好きになって夢中になってしまうことは、この世間には山ほどあります。

最近では、見合いで結婚というケースは少なくなりましたが、以前は、見合いのため、相手の写真をお互いに見せたもので、その時にあなただけ写っている写真なら良いのですが、妹さんと一緒に写っている写真を見せたために、結果的に妹さんに心を奪われ、妹さんと結婚した例などがあります。

男でも同様で、自分の恋人を同僚の行きつけのバーなどに行って、同僚に彼女を奪われてしまったケースなどもあります。

こういう行動を取ることは、最初から考え方が間違っているのです。

結婚するまでは、いつ友人に恋人を奪われるかもしれませんし、男女のことにかけては、同僚であっても、いつもライバルであるということを認識しておく必要があります。

★ つきあい下手の人は、相手に自分の運を下げられないように、留意することです。

相手に誘われて飲んだのは良いけれど、飲み代はワリカンにされ、おまけにタクシーで1万円も払って帰るようなことになるなら、相手との付き合いはやめておいたほうが良いでしょう。あなたの運が下がるだけです。

この人は、人生であなたの敵になることがあっても、あなたの助けにならないことだけは確かです。


二度目は出会いの場所が大切


結婚式の披露宴などに行きますと、司会の方が二人のなりそめを紹介してくれますが、その時に、「今日のお二人は、運命的な出会いで結ばれました」など、という言葉をよく耳にします。

よく聞いてみますと、非常に特殊な場所で出会ったようなケースが多く、富士山頂で出会ったとか、ダイビング中に珊瑚礁のきれいなところでいっしょになったとか、確かに珍しい出会いでしょう。

このように当人同士にとってショッキングな出会いは、強く意識されるだけに、のちのち夫婦げんかになっても、そうかんたんに二人の関係がくずれることはありません。

なぜなら、こういう出会いの場所や結婚のしかたは、前世から赤い糸で結ばれていたように二人には思えるだけに、断ち切ってしまうことに不安感があるからです。

そこで、最初の出会いは普通でも、二度目の出会いの場所は工夫を凝らすことで、婚約の日に忘れられない思い出を残すという方法があります。

記憶は年々薄れますが、胸の奥底に深く潜む潜在意識が大切なのです。


ふだんは忘れ去られていても、何かの折りにふっと思い出してやさしい気持ちになれる結婚は、やはり運命によって結ばれた愛なのです。

では、運勢を上昇させるような出会いの場所とは、どういうところかといえばやはり天から見下ろされていることと、空がよく見えるところで、ウソのつけないような謙虚な気持ちになる場所となります。

具体的には、星空がよく見えるような高層ビルとか、山、あるいは花火が見えるところとか、空港などで、私たちに天にも昇るような気持ちにさせてくれる場所ということになります。

海の底はどうかといえば、海の中の山頂に当たっていることからけっして悪くはありません。

ただ、高所といっても、単に高さが高いところという意味だけではなく、荘厳で厳粛な場所の意味でもあるので、祭壇や寺院、教会なども良いでしょう。

いずれにしましても、出会いとは愛し合い、一緒に住んで、お互いに上昇運を目指すものでなければならず、結婚には、高尚、高次元上質というキーワードが含まれていなければなりません。

早速、明日からのデートに備えましょう。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.