トップページ

婚活に成功しやすい女性の特徴


男というのは、「自分の良さも悪さも知っている女性」を絶対手放したくないと思いますので、こういう女性は、婚活に成功しやすい女性の特徴ともいえます。

「自分の良さを分かってくれる女性」はいっぱいいても、良さも悪さもひっくるめて自分を理解してくれている女性はそうざらにはいません。
だから、そういう女性を特別な人であり、男性が大切にしたいと思うのです。

どんなにモテる男で浮気男であっても、最後に頼りにするのはやはり妻であることが多いですが、これは妻が「自分のことを一番理解している女性」だからです。

ですから、婚活で成功するためには、男性にとって替えのきかない女性になる必要があります。

相手がどんなふうに感じ、どんなことを考えているのか、相手を相手以上に把握することです。相手が自分のことをちゃんと分かってくれているという、この感覚は、とても気持ちのいいものです。

生き方とか、振る舞いとか、ポリシーといった、自分だけにしか分かっている本質を人に指摘されますと、「自分を理解してくれている」と思って、人間はすごくうれしいものです。

ですから、女性も付き合っている男性の置かれている立場等を考えながら、彼を理解してあげることが大切です。

男もある程度の年代になりますと、仕事で遅くなったり、それなりに付き合いもできて飲みにいったり、あるいは接待なども増えて、自由な時間が取れにくくなります。

休みの日は休みの日で、釣りに行ったりゴルフなどに出かけたり、あるいは仕事でクタクタになっている人は、睡眠をしっかり取って、家でゆっくり過ごしたいと考えています。

女性へのメールやケータイ電話などの回数も徐々に減り、寂しい気持ちになっている人も多いかもしれませんが、彼は男として、会社での重要な地位を占め、これから大きく飛躍しようとしているので、そういうときこそ、彼には女性の優しい心の支えが必要なのです。

それには、彼のことを本当にわかってあげる必要があり、自分を正確に理解してくれていることが分かれば、彼はあなたのことを替えることのできない大切にしたい女性と思うようになるのです。




男性が大切にしたいと思う女性とは


一緒にいるだけで落ち着ける女性


彼の気持ちに、この女性となら「結婚してもいいかな」と思わせるには、どうしたら良いのか。

それは「一緒にいるだけでリラックスできて気持ちが落ち着ける女性」になることであり、それが男性がいつまでも女性を大切にしたいと思う要素なのです。

たいていの男は、付き合っている女性と結婚を決意するのに、ある程度の時間がかかるものです。

それは、彼女に会うたびに、彼女の言動を逐一見て、自分の心が休まるかどうかを、彼女の言葉や態度から評価し、自分の妻となるにふさわしい相手かどうかを見極めているからです。

男がずっと一緒にいるだけで落ち着ける女性かどうかを判断する最大のポイントは、「一緒にしても気疲れせず、楽しいと感じるかどうか」ということです。

ですから、ケンカばかりしているとか、二人でいてもグチや文句ばかりというのは失格で、ネガティブな会話はできるだけ短く切り上げることです。

それでは、逆に、「どういう女性が心を癒さないのか」といえば、これは、些細な行き違いであっても、それをイチイチ責め立てるような女性です。

たとえば、彼が待ち合わせに少し遅刻したよう場合、
「なんでケータイで電話一本ぐらいくれないの」
「私との約束などどうでもいいと思っているからでしょう」
「仕事と私どっちをとるの」
などと、ちくちくと文句を言ってはねちっこく責めたてるような女性です。

このように何かと文句を言うような女性は、そのときは別に大したことではなく、彼との間にヒビが入ることはないでしょうが、結果的に、彼の心の中には、「この女と一緒にいても楽しくないなあ」「いつもグチだけ聞かされて鬱陶しいなあ」と印象を与えることは間違いないでしょう。

こういうことが何回か続きますと、男としては、居心地が悪いという印象を受け、結婚後の生活をイメージするだけで気が滅入ってきますので、結婚相手としては敬遠することになるのです。

男でも女でもそうですが、結婚生活は、お互いに精神が安らぐ関係でないと続かないことを男は知っているのです。


彼を気持ちよく褒める女性


男性を惹きつける一番大切なことは、相手を観察して、彼が内心自信を持っているところとか、自分でも気がつかなかったような良い点を見つけ出して、タイミングを見て気持ちよく褒めることです。


男性は、こういう女性を一生大切にしたいし守っていきたいと思うものです。

彼に、「なるほどオレのことをよく観察しているな」と思わしめれば大成功で、それだけで彼女は自分に関心があって、自分のことをよく理解してくれている人だなあと思えるのです。

「誰とでも気軽に話すし、好き放題に言っているように見えるけど、細かいところに神経を使っているよね」なんて言われて、「実は、そうなんだ」と男が思ったら、それは確実に男のハートを射止めたようなもので、男のツボをみごとに突いているのです。

そういう「実はそうなんだよ」という男のツボが見つけ出せる女性を、男は本能的に捜しているのです。
なぜなら、結婚しても、自分と苦労を共にできると直感で思えるからです。

★ 彼を気持ちよく褒めるためには、ひと工夫が必要

ほめ殺しにならないように、自然な対話の流れの中で、褒めていることが分からないような、褒め方をするのです。

極端な褒め方をすると、むしろ煽てのようにも聞こえますので、さりげないけれど、「その言葉をキミから言ってもらえてものすごくうれしい」と男が喜ぶ言葉、いわゆる殺し文句を考えてください。

特に、相手のツボを引き立てるためには、最初に少し貶してからツボを突くのが良く、印象としては、褒められたことが強く残るものです。

ちょうど、塩をなめて、そのあと砂糖をなめるようなもので、そうしますと、砂糖の甘さが引き立つようなものです。

いっぽう、この順序を逆にするのは、まずいテクニックです。

「組織の中での出世には縁がないけど、新製品につながるアイディアは、湯水のごとく湧いてくるのはスゴイね」などと言えば、最初の言葉は少し貶していますが、彼が内心、人よりも自信を持っているアイディアや発想の豊かさのツボを突いていますので、彼は、「自分のことを理解しているのは、彼女だけだ」と思うでしょう。

この言葉には、彼女自身の心の中にも、彼の出世などは眼中にないことを暗にほのめかし、彼の才能を讃えているからです。


彼を自分より先に気遣える女性


婚活で気に入った彼ができれば、少しでもいいとこを見せようと、自分中心の話になってしまうものですが、まだ、これから親密になろうと思っている関係なら、あなただけの話ではなく、彼の話を十分に聞くようにしましょう。

自分が主になって、ぺらぺらと自分勝手にしゃべっていたのでは、彼に嫌われるのは目に見えています。自分より彼のことを先に気遣える女性こそ、男性は大切にしたい女性だと思うのです。

人間は、自分が得意顔で話しているときが一番幸せで、気分のいいのも分かりますが、あなただけが満足したら、彼は楽しくないわけですから、彼にも話ができるぐらいの余裕の時間を持ってもらうことです。

よく女性同士の話を聞いていますと、「私はね」とか「私はこうだった」とか、あるいは「私的には」などと、人にしゃべらせず、自分ひとりでしゃべっているような女性がいますが、こういうように、自己中心的な女性は、男に嫌われるところです。

本人が注意していても、自分が夢中になってしまうと、無意識に自我が出すぎてしまうものですので、注意が必要です。
いつでも、相手を楽しませてあげるという素直な気持ちがあれば、自然とできるものです。

★ 気遣いをするのはしゃべっている時だけではない

ですから、これは話だけの問題ではなく、飲み会の席でも、料理が運ばれてきたら、自分の分だけさっさと取って食べるようではダメで、せめて近くにいる人の男性陣にもお皿にとって上げるぐらいの配慮は必要です。

あるいは、隣席の男性の飲んでいるビールがなくなりかけたら、早めに注文してあげるなども、男としては気が利いて気遣いのできる女性だなあと思って、合格点がつくでしょう。

ただ、度の過ぎた気の配り方までする必要はなく、自分より相手のことを先に気遣える気持ちがあれば、自然にできるものです。

あなたの会社にも、自然体で何の違和感もなく、気のつく可愛い女性はいませんか。

最近では、男女同権ということで、女性にお茶くみとか、机掃除をさせられない部署があるように聞いてはいますが、そんなことには関係なく、退社時刻が近づくと、自分の出したコップだけでなく、周囲の机にある湯飲みなどを、さりげなく片付けてから、「失礼します」と出ていく女性がいます。

この自然についたマナーは、できそうでなかなかできないものです。

こういう女性のマナーが、男が結婚相手になるかどうかを判断するときの決め手になるのです。



彼の気持ちを理解できる女性


あなたが、彼と一緒にいたいと思っているなら、彼にしたいことをさせてあげ、彼の気持ちを理解して、彼の自由にまかせておくのが一番です。

自分の仕事に理解がある。この女性でよかった、と安心するものです。
ですから、言っても仕方がないことをいちいち言わないことが、男にとって心を癒す女性であり、男性が大切にしたいと思う女性なのです。


彼には、「彼の好きなようにしてもらえばいい」と思うぐらいの鷹揚な気持ちで見守ってあげることです。

それでは、「私の気持ちはどうなるの」と思うかもしれませんね。

たとえば、彼はいつも待ち合わせ場所に遅れてくるのに、メール1本も寄こして来ないような場合、いつも同じような理由を言われたら、小言か文句のひとつぐらいは言いたくなるでしょう。

★ ここで大切なことは、女性がどれだけ我慢に耐えられるかということです。

もし、あなたが彼といつまでも一緒にいたいと思うなら、合わないところはあなたが我慢するしかありません。我慢することで得られる幸せと、我慢することの辛さを天秤にかけてみれば、すぐ分かります。

幸せのほうにぐっと傾くなら、彼のちょっとしたクセとか嫌なところを我慢するだけの価値がある男だということです。

もし辛さのほうに重みがあるなら、それはあなたにとってベストパートナーではないということです。

男も女も、自分の思うように自由に生活したいと思うのは同じですので、そういった自分の都合を邪魔しない相手といると、気持ちが安らいで居心地がいいのです。

ですから、男としては、どうしようもないことを、彼女からイチイチ詮索されたり、批判がましく言われたくないのです。

男の事情を気持ちよく理解できない女性は、「ちょっと重たい女だな」というレッテルを貼ることになるのです。

逆に「じゃあ、しようがないね、またにしよう。仕事頑張ってね」と気持ちよく送り出してもらえたなら、男はほっとするでしょう。


包容力のある女性


男性が大切にしたいと思う理想の女性とは、才能や才気あふれる才女などよりも、女性が本来持っている「奥ゆかしさ」とか「やさしさ」「しとやかさ」「包容力」、それに「忍耐強さ」、「我慢強さ」などを秘めた女性です。

一般の男性はキャリアのあるような才女よりも、こういう女性らしさを好むものです。

こういう特質は、男にはなく、女性にしか備わっていないからです。
女性の耐える気持ちと我慢強さがあれば、たいがいの目的は達成することができるのです。

この我慢強さは、女性が成長するにつれて、もっともっと強くなるはずですが、近頃は、意志も弱い、我慢もできない未熟な女性が増えてきました。
そのため、なんによらず、思ったことがそのまま言葉に出てしまうのです。

婚活中や恋愛中の男女でも、何か気に入らぬことがあると「あなたって嫌いよ」などと、平気でいってしまう女性がいます。

中には「あなたは最低よ」とまで男に毒舌を浴びせる女性がいますが、はたして、こういう言葉を口に出している女性と結婚して、幸せで楽しい家庭が築けるでしょうか。

もちろん、話すのは自由で本音をいえばスカッとしますが、あまりにも思慮を欠いた言動になり、相手を傷つけてしまいます。
特に、女性は言葉に出さなくても、顔色に出たり、表情に出たりと、不満な感情がはっきり出てしまいます。

そんなときほど、女性らしく淑やかさと包容力で我慢強さを発揮して、言いたいことをグッと我慢する本当の大人に変身することが重要なのです。

別に嫌いなときだけ本心を隠すのではなく、できるだけ本音を言わないほうが、うまくいく場合がたくさんあります。男はそういう配慮のでき、包容力のある大人の女性に惚れるのです。

女性の配慮ある穏やかさや包容力は、日常のちょっとした言動にも表れるため、彼はそれを敏感に受け取るでしょう。
いつでも気分のいい人のそばにいれば、自分の気分もよくなります。

いつも自分の気持ちを和らいでくれる人の隣は、とても気持ちのいいものです。
男は、そういう女性を大切にしたいと思うのです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.