トップページ

ベストパートナーに出会うための方法


★ 素敵なベストパートナーと出会うためには瞳の力を鍛えよう

視線をチラチラ動かさないでください。目に栄養を与えて眼力をつけることです。あなたと世間を結ぶ扉が「目」だということを考えたことはありませんか。人間は、目を閉じて何かを感じようとするときも、目の周りに自然に神経が集中しています。

それらを鍛え上げれば、あなたの周りにはたくさんの出会いが待っているはずです。待ち人を探すようにキョロキョロしてはいけません。逆に他人を寄せ付けないほどの強い力のある瞳に、人は魅力を感じて集まってくるのです。何もムッとした怖い表情をつくる必要はありません。あなたの「目」に、世の中のあらゆることを吸収させてあげるのです。

★ 街に外出して学ぶ姿勢が大切

そのためには、部屋の中でじっとしていては始まりません。外に出ましょう。ただあてもなく歩き回るのではなく、できれば何か目的を持って歩くのです。街を感じてください。その目的はときとして映画、コンサート、美術館など趣味のものであったり、将来のために何かを学ぶことだったり、さまざまでしょう。

あなたが自分のためにできるだけ時間を使ってあげることが、「目」の活性化につながるのです。あなたの瞳に、何が映っていますか。映ったものを、どれだけあなたの中に吸収することができますか。そうした行動は、すぐに何かを変えるようには見えませんが、実はとても偉大な力を発しているのです。

★ 自分のために頑張ることが出会いの機会につながる

自分のために何かをすることが、結果的には社会で交わることになります、不思議なことですが、それを意識して日々過ごしていると、出会いの機会が多くなっていきます。しかもあなたの「目」には「力」が宿り、人を引き付けるようになります。

自分の力を信じてください。あなたの「瞳」を信じることです。そして街の中を自由に泳がせあげてください。驚くほどの栄養を吸収してしくでしょう。
それを半年も続ければ、「瞳」はキラキラ輝いてくるでしょう。今までと違った新しいあなたに変身しているはずです。「目の」活性化に励むことは、あなたの人生観を広げ、出会いの可能性を広げるでしょう。




素敵な人と出会う可能性を高める方法


「運命の人」って本当にいるの?


★ 運命の人との出会いは、日々楽しく充実して過ごすこと


運命の人は、あなたが日々楽しく過ごし、そして充実や幸せを感じていれば、必ず現われるでしょう。必ず、プラスの思考を持った人が現われるでしょう。それを運命の相手と呼ぶか、運命の人と呼ぶのか、それとも出会うべくして出会ったというのか、それは考え方によります。

「運命」を辞書でひくと、人間の意志の力では及ばないてんの作用によるもの、と解説されています。
とても偉大な力で、そういうものに自分が導かれている、と思ったほうがロマンティックかもしれませんね。行き先が二本の分かれ道になっていて、「さて、どちらを選ぶのが正しいのか?」とギャンブルのように思っている状況でも、運命と思えばとても刺激的です。

★ 運命は日常の積み重ねによって導かれる

しかし、その分かれ道に、あなたは日常の積み重ねによってたどり着いたのです。あなたが、本当は、残業は嫌いだし、普段はしないけれども、その日はちょっとしたアクシデントがあって、残業することにした。なぜかその日は男性社員が多く残り、仕事が終わったあとに皆で食事な行くことになった。普段は話さない人と話してみたら、共通の友人がいるとわかり、今度3人で逢うことになった・・・。

このようなシチュエーションができれば、男女の自然とつながっていくものです。いくつもの偶然があったとしても、結局、そこには意志が強く働いているものです。あなたの運命の人が現われるかどうかは、あなたの生き方次第です。あまり意識しすぎると、日常がぎくしゃくなってしまいますから、自然に生きていくことが大切です。

しかし人間には平等に出会いがあります。出会いがないと嘆いている人には、何か自ら出会いを妨げている原因があるのです。学校や仕事が終わったらすぐに家に帰ってしまうとか、趣味を持つなんて面倒だとか、自分の殻に閉じこもっているようなところがあるはずです。それに早く気づくことです。

心を開いてさえいれば、必ず運命の人に出会えるでしょう。もう目の前に近づいているかもしれません。その運命の瞬間を確実にキャッチするために、私たち人間は日々、一生懸命に生きているのです。そして、それこそが人を引き付ける魅力になります。あなたの日々の努力が、運命の人と引き合う強力な磁石になっていくのです。


一目惚れの相手とはうまくいくの?


人を一目惚れで好きになることは、人にとやかく言われる筋合いのものではないし、正しいとか正しくないとかいう問題でもありません。自分の心に素直であるという考え方からすれば正しいのです。

★ 思いを伝えることが大事

一目惚れしてしまったのなら、勇気を奮い立たせて思いを伝えることです。一目惚れは、あなたの大切な心の針が振れた結果です。それも、これから素晴らしい日々が始まる、という期待に振れたのです。


一目惚れとは一目見た瞬間に心を奪われてしまうことですが、明快で単純で分かりやすくていいものです。人によっては不謹慎だとか軽いとか言うかもしれませんが、そのときの感情に素直な分、純粋なのかもしれません。

あれこれ考えたり悩んだりするよりも、自分の素直な心にしたがって行動しましょう。もし仮に相手の男性がガードしたり、逃げ腰になったりするようであれば、すぐに気持ちを切り替えてください。そんな男性なんて必要ないのです。女性の素直な勇気を無にするような男性とは、一時はうまくいったとしても、長続きはしないでしょう。

★ 一目惚れの相手とうまくいかなくてもいい

また、たとえ相手が受け入れても、実際に付き合ってみると予想と全然違っていた、という場合もあるかもしれません。思いがけない一面を見て、驚いたり失望したりして、結果的に長続きしないかもしれません。
しかし、結果がどうであろうと、相手をより深く知ろうとして行動したことは間違いではないのです。それもひとつの成長の糧にして、今後はもっと素敵な恋をするという、前向きな気持ちが大切です。

一目惚れはとても自然な感情です。そして、とても大きなエネルギーです。心を無理やりに押さえつけようとすれば、そのときは何となく平静になったような気がするのですが、いつか恋をしたとき、気持ちのどこかに残っていた一目惚れのかけらが、その恋を邪魔しようとします。自分の感情や気持ちの昂ぶりや、相手の男性のことを、無意識に比較してしまうでしょう。

そんな思いをするならそのとき、素直に自分の気持ちを伝えたほうがいいと思いませんか。もしかしたら、相手もあなたに一目惚れしているかもしれません。胸の中に押さえつけてしまうのはもったいないです。自然のエネルギーを大切にしましょう。



外見が気に入った恋愛は長続きするのか?


★ 外見から入ろうと、内面から入ろうと、長続きするのは出会いの育て方


外見が好みの人と恋愛すると、確かに「長続き」という時間的なことで考えれば、そのようなことはあるかもしれません。

一般的には内面的にも魅力を感じて好きになったほうが長続きする、と言われますが、外見から入った恋愛も、そんなに捨てたものではなさそうです。「好き」という感情は同じです。外見から入ろうと、内面から入ろうと同じです。その出会いをどのように育てていくかが大切なのです。

なぜなら、外見からはいると、まずその人の外見に惚れる時間があります。たぶん、それに費やす時間はけっこう長いでしょう。その人の顔やスタイル、瞳の形、笑ったときの輝きが好きなどというふうに、自分を引き付けたその姿をじっくり見るという行為が続きます。
そして、ある時間から、内面を掘り下げていくようになります。まず、「見る」、次に「調べる」という行為へと続いていくわけです。

★ 外見から惚れた人は、イメージを膨らませてくれる

見ていて飽きない、という表現があります。人間の心理として、見て好きだと感じるものは、イメージを膨らませてくれるのです。想像力をどんど活性化してくれ、外見的に惚れた人のことは、日常のあらゆる場面に置き換えて、生き生きと想像できるのです。

その人が哀しんでいるときのことを、二倍も三倍もリアルに想像できてしまうのです。喜んでいるときも同じです。逆に相手を困らせたときを想像してみても、その表情を思い浮かべて、一種の支配欲が満足するのを感じてしまうのです。
人に対する感情を深く深く掘り下げていくと、不思議なほど愛おしさが増していくものなのです。

人間に対してだけでなく、すべてのことについて同じことが言えるのではないでしょうか。絵や景色や食べ物や服装だってそうです。見て好きだと感じるものは、私たちの想像を大きくかき立て、心に深く刻まれて、そう簡単に忘れることはできません。
そういう結果として、外見で惚れた人との仲が長続きすることは、よくあることです。


「好きかもしれない気持ち」で突っ走らない


★ 「好きかもしれない」という状況は、危険も秘めている


「好きかも」は、ときとして、無理にその人のことを「好き」になろうという気持ちを起こさせます。長い間、恋愛をしていなくて、突然、少し興味の持てる人が現われたりすると、そんな気持ちに陥るからです。

そろそろ恋がしたいとか、もうそろそろ恋をしなくてはいげないなど、そんな気持ちになったことはありませんか。焦り、というわけではないでしょうが、ずっと一人でいると、義務的に誰かと恋をしなくてはと思ったりすることがあるのです。

そんなときに、ほんの少し自分の気持ちに触れるような人が現われると、妙に気になったりします。すると今度は、その人のことを「好き」になるように自分の気持ちを仕向けてしまうのです。この「仕向ける」気持ちが、「好きかも」と思ったときに出てくることが多いのです。

そうなると、本当は好きなタイプではなくても、「無理やり」好きになれそうな何かを見つけようとします。その人の顔の表情とかしぐさに、「自分のことを大切にしてくれるかな」と、その人の奉仕精神のようなものを探そうとするのです。本当の意味でのその人の誠実さや優しさを探しているわけではなく、「自分にどれくらい尽くしてくれるだろう」という自分勝手な気持ちが働きます。

★ 「好きかも」と思える人は、まず素敵な友達になること

場合によっては、相手をその気にさせて、そのあと本当に好きな人が現われたらポイッということだって起きてしまいます。あなたはそんな人になりたくないはずです。

だから、もしあなたに「好きかも」と思う人が現われたら、「無理やり」に恋へつなげようとしないことです。それよりも、素敵な友達でいるほうがいいでしょう。「好きかも」を上手に使いこなせば、一生付き合っていける友達に発展することがあります。無理に「本当に好きなんだ」と思い込まないほうが、ずっといい結果になるはずです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.