トップページ

恋愛感情の賞味期限は三年



恋愛もつき合い始めた頃、女性なら、デートの約束のたびにどんなオシャレをしようかと、鏡の前で悪戦苦闘して出かけていたでしょうが、そういうトキメキは、必ずなくなるものです。

男であれば、たとえ女優の新垣結衣と深い関係になったとしても、遅かれ早かれ最後にはマンネリ化が襲ってきます。それは自然の法則だからです。

恋愛初期には、男性も女性も胸がときめくものですが、これは一種の脳が興奮する状態で、非日常的な脳の働きであります。この脳を興奮させてる恋愛ホルモンには、アドレナリン、ドーパミンなど、集中力を高めたり、性欲を高めたり興奮をもたらす作用があり、ときめきの心理状態に導いているのです。

こういう非日常的なときめきがずっと継続すると、脳がオーバーヒートし、脳がパンクしてしまいますので、そういうことが起こらないように、
生物的本能からときめきが薄れるように創られているのです。それが「恋の賞味期限は3年」といわれている理由です。

どんな美味しい豪華な食べ物でも、毎日同じ物を食べていたら、飽きてくるのと同じで、いつも同じ相手とデートしていたら、やはり刺激がなくなって飽きてくるものです。

ですが、自然の働きですので、だれも責めることなどできません。ただ、男性と女性ではマンネリ化するスピードに違いがあり、男のほうが同じ女性とのデートでは、トキメキ度が急速に下がっていくように、神が与えています。

もちろん、女性も同じですが、男性ほどではありません。
男の種族保存の本能には、いかに多くの精子を多くの女性にばら撒くかという命題があるため、今つき合っている女性にすぐ飽きて、ほかの女性に目移りしたほうが子孫繁栄に貢献することということになるのです。
このことについては、動物実験でも証明されています。

たとえば、同じつがいのモルモットを飼うとすると、最初のうちは交尾の回数が多いけれども、時間が経つにつれて回数が減ってきます。そこへ別のメスのモルモットを入れてやると、またせっせせっせとオスのモルモットは交尾に励むということです。
つまり、新しいメスとの交尾はトキメキがあるということです。

それでは、なぜ、女性のほうはマンネリ化しにくいのでしょう。
これも女性としての種族保存の本能から生じています。

女性の種族保存の本能は、自分と自分の子どもを立派に育てることが最終目的であり、そのためには、優れた種を持っている男、つまり経済力とか地位や権威を持っている男から自分と子どもを守ってもらう必要があります。ですから、すでに魅力のある男性と交際している女性は、目移りしたり浮気する心が芽生えにくいのです。

女性が浮気をするとしたら、今の恋人か夫よりもさらに魅力のある彼である可能性が高く、それは浮気ではなく、本気モードになっているといえるでしょう。ですから、女性は遊び心で浮気をするようなことはできない仕組みで創られているのです。






恋の賞味期限を延ばす方法


恋のマンネリ化を防ぐテクニック


どんなにアツアツだったカップルでも、時間が経つにつれてマンネリ化が進み、ふたりが会っていても緊張感がなくなって、つまらないものになってきますね。実は、一緒にいる時間と緊張感は反比例の関係があり、一緒にいる時間が長いほど緊張感がなくなるような仕組みに脳が作られています。

もともと緊張感というのは、未知との遭遇から生まれるもので、生まれて初めて大きな地震に遭遇したとか、あるいは新しい経験を伴うような出来事が起きたときに生じるものです。

ですから、人間関係でも、一緒に長い間いると、緊張感が薄れてしまって、つい言ってはいけないことを言って、仲違いするようなことも生じてきます。
慣れすぎてしまった場合は、一緒にいる時間を極端に減らすことで、緊張感を取り戻すことができます。

もうひとつ緊張感を芽生えさせる方法は、相手に不安感を与えて嫉妬心を起こさせるのです。
「あなたが、私のことを放っておいたら、誰かがさらって奪いに来るかもしれないわよ」と思わせることです。

もともと恋愛は、お互いが別々の方向に関心を持っていたのを、お互いのほうに向けさせる行為であると定義できます。相手の心を自分に向けようと必死に努力している状態が恋です。

そして恋の期間が終わり、二人に信頼関係が築き上げられ、努力しなくても相手が自分のほうを向いてくれている状態が愛と定義できます。

信頼関係があるうちは、お互いに振り向かせるための努力は必要ないでしょうが、相手が別の方向に向こうとしたときに、必死になって自分のほうへ向かわせようと、過大なまでに自己アピールをするようになります。

この緊張が恋ですので、恋の原点は嫉妬心にあるともいえます。
具体的に緊張感を作り出す方法としては、あなたが男友だちをいっぱい作って、彼らと頻繁に外出して食事や映画に行ったりすることです。

もちろんあなたは彼らに口説かれるという危険性を秘めてはいますが、その危険性こそが彼の嫉妬心を駆り立て、恋のドキドキ感を取り戻してくれるのです。

カップルの信頼関係が厚いほど、ドキドキ感はなくなるという恋愛法則がありますので、恋のトキメキを回復させるためには、原点に返って、向き合っていたお互いの関心を別の方向に向けることで、恋の情熱が蘇ってくるのです。

男としては他の男に取られたら大変だということで、昔、出会った頃のように、あの手この手であなたを誘惑してくるでしょう。
その誘惑は前よりもずっとハードでワクワクするものとなり、マンネリ化の打破に大成功、万歳ということになるでしょう。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.