トップページ

将来性のある男・ない男の特徴



女性なら、誰でも将来性のある男を選んで結婚したいと思っているはずですが、現実に結婚した実情から言えば、ほとんどの女性が将来性のない男を掴んでしまったと嘆いているのではないでしょうか。

問題は将来性のある男を見抜けなかったということでしょうが、それ以前に将来性のある男とは、どういう哲学や考え方を持っているのかなどを知らなかったのではないでしょうか。

★ 将来性のある男とは

将来性のある男とは、どういう男なのかといえば、自分の生き方プライドを持ち、自分のアイディアを次々と出していけるような人間です。
男気があり、自分の信念や考え方を堂々と人に話すことができ、自分の子どもに対する教育方針もしっかりしている人です。


ですから、口からネガティブな言葉が出ることはなく、常に社会と闘い続け、負けても負けても立ち上がって挑戦し続けるような男が将来性のある優秀な男で、間違いのない結婚相手にすべき男なのです。

そのうえ、現在のような厳しい時代を生き抜いて成功するためには、何よりも行動力と実践力が必要であり、それにアイディアや企画力があれば申し分がないでしょう。

★ 将来性のない男とは

一方、将来性のない男は、30歳前後になっても、「自分の好きな仕事が見出せず転々としている」「本気で打ち込めるような趣味などもない」「自分の目指すべき目標が何もない」などと恥ずかしげもなく偉そうに言っている男です。


お金の借り方は知っていても、稼ぐ能力が微塵もないのです。

結婚当初は、あなたに何でも相談して決めていることを、「何でも相談してくれてありがとう」などと楽しく言いながら、うまくやっていけるかもしれませんが、男の本質は決断力がなく頼りないということですから、この世の中、それがいつまでも続くほど甘くはありません。

夢や野心、自分はできるというプライドを捨ててしまった男は、女性の「平凡でもいいじゃない」という慰めの言葉にほっとしてしまい、そういう女性についていこうとします。

ですが、結婚すると、女性のほうもだんだんとできる男の値打ちが分かるようになってくるため、平凡な暮らしに嫌気が来るしストレスを感じるようになり、結果的にいつも夫婦喧嘩が絶えないということになるのです。
あなたは彼の顔だけしか見ていないのではないですか。

面白い話をしてくれて楽しいし、ちょっと優しくされただけで、それが恋だと錯覚しているのではないですか。

プライドもないような弱い男や決断力の全くないような将来性のない男を好きになる女性は、本当の恋愛などしていないのです。

女である限り将来性のあるホンモノの男と恋をすれば、相手に奉仕して尽くしたい気持ちになるのです。ですが、いまどきの女性の視線は、軽薄な男、弱い男、プライドのない男に、理由もなく向けられ、深く考えずに肉体関係を結び、弱い男を満足させているのです。

これでは、女性として生まれてきて、あまりにも寂しいではないですか。

ここでは、将来性のある男とない男の特徴や共通点を紹介しましょう。




将来性のある男の特徴


仕事ができ人生を語ることができる


結婚相手を選ぶための条件を結論から言えば、女性を育てられ仕事のできる男であり、人生を語れる将来性のある男ではないでしょうか。

女を育てられるというと、男と女は対等であり、男に教わったり育ててもらうようなことは何もないという女性が必ずいるものですが、男と女の本質を知ると、女は男に教え導かれて一人前の人間になるということが分かるはずです。

間違ってもニートや仕事のできない男とつき合ってしまうと、その男から何が学べるというのでしょう。貧乏な暮らし方と仕事のできないやり方を学ぶぐらいでしょうが、こんなのは学んだというのではなく、堕落の道へ一歩踏み込んだだけです。

恋愛は自由ですから、「好きだからそれでいいじゃない」と言うかもしれませんが、それが通用するのは若いうちだけで、歳をとってきたら、グチばかりの人生が待っていて、死ぬまで後悔し続ける人生になるのです。

ここでは、将来性のある結婚相手の賢い男の選び方を説明しましょう。

★ 仕事のできる将来性のある男

仕事が続かないとか、転職を繰り返してしまうような男は、何の素質才能もなく、ただ働くのが嫌なだけです。そういう人が好きな仕事に就けたら続くのではないかと思われるかもしれませんが、もともと才能がない者は好きな職に就くことなどありえないのです。

ただ、責任感の強い男であれば、好き嫌いに関係なく頑張るでしょうが、仕事をすぐにやめるような男に、適職などないし働く意欲がないだけです。

★ 人生を語れる将来性のある男

男は世の中と戦って自立する生き物であり、そのため、大人になるにしたがって、世の中のさまざまな矛盾や偽善を見抜くことのできる知恵を持つようになり、それが社会への不満になることがあります。

また、新聞記事を見ては各国で起きている戦争を嘆いたり、あるいは身近な殺人事件などに哀しんだりしますが、そういう男は、戦っているだけでなく、優しい人間性も持ち合わせた素敵な男性です。

ニュースを見て、「靖国神社の参拝問題」、「尖閣諸島問題」、「竹島の日本の領土問題」、「北朝鮮の拉致事件」などを語れないとダメです。男にとっては、「好き」とか「嫌い」、あるいは「興味がない」などという問題ではなく、日本人として知っておくべき常識です。

これらは、将来、子どもに語り継がれていくべき性格のもので、男としては必死に勉強し自分の信念として妻に伝え、そして、妻はそれを自分の子どもに伝えていく義務があるのです。人生を語る男は、そこまで深く考えてあなたに伝えているのです。


強い信念と精神力を持っている


将来性のある男は、強い信念と精神力を持ていて、未来を切り開く気力があります。

男は「陽」の本質があって、前に進んで果敢に挑んでいくことを本質とし、女は「陰」となって、控え目に男より一歩下がっているのが本来の性質です。

ですから、陽の本質を発揮した将来性のある一流の男は、仕事中心の生活をしていて、趣味にも大金を費やしていて、子どもの人間教育にも熱心さがあり、強い信念と精神力で自分の未来を切り開いていこうとする気力が旺盛なのです。

そういう男は、女性の本質を好むため、一歩控えた女性を好きになります。

女性にリードしてもらうのが楽しいという男もいますが、こういう男は、仕事もたいしてできず、自分の給料だけで妻子も養えず、強い信念も責任感も持たず、女性との性的欲求だけが盛んな将来性のないつまらない男なのです。

子どもの性差を重要だと思えば、強い勇気を子どもに見せなければならないと思いますが、そんなことに関心のない男は彼女や妻の前で、弱気や醜態を晒しても平気なのです。

男の信念や精神力の強さを前面に出して、男の子は男らしく強く、女の子は女らしく優しく育てたいと思っているから、強い父親を演じる必要があり、それを支えるためには、女性は男より一歩下がって男を尊敬しなければ、本当の男と女の関係、つまり天地に則った正しい夫婦関係は成り立ちません。

男に「今日は体に触れさせない」とか、「今月の小遣いは1万円よ」という屈辱を与えたいのなら、弱くてお金のない男を探せばいいでしょう。

本当の将来性のある「いい男」に愛されたいのなら、「かわいい女」になって、道徳や公共マナーを学び、また、美しく女らしくなって、男を立てる女性になることです。

あなたが、一歩下がるか下がらないかは、相手の男の価値によって変わるのです。弱くて、お金もなくて、子どもの未来も考えないような男の前で、一歩下がる必要などないのです。

「お金がない男は弱い」もので、首がない人間と同じで、行く方向が定まらないようなものです。もちろんお金が人生の全てではありませんが、男として生まれてきて、お金を稼がないのは、男としては失格です。なぜなら、妻子が養えず、子どもの教育も満足にできないことを意味しているからです。

もし、あなたが交通事故を起こしたとか、その他何かのトラブルに巻き込まれたときに、お金があればほとんどのことが解決しますが、彼にお金がなければ、口でいくら同情しても、何の助けにもならないのです。これが現実です。

信念もあって、仕事もでき、そして強い父親像を持っている男は、本当に将来性のある男であり、そういう男の前では、女性も一歩下がって尽くしてあげるだけの価値があるのです。


お金を大切にし有効に使う


お金は、その扱い方を見ただけで、結婚相手としてふさわしい将来性のある男かどうかの器量が分かるものです。

世間ではよく、「あの人はお金にキレイ」とか「あの人はお金にキタナイ」などと言っていますが、お金にとってはいい迷惑で、お金そのものに「キレイ」も「キタナイ」もありません。

あなたが道端にある石に転んで1万円を拾っても、あるいは汗水たらしてバイトをして1万円を稼いだとしても、1万円は1万円の値打ちしかありません。
要は1万円で、サービスやモノを買える購買力は同じなのです。

それなのに、お金の使い方で男の将来性の価値が決まるのは、「それをギャンブルですべて使ってしまうような使い方をしたか」とか「貯めたお金を有効利用してお金を殖やしたか」、あるいは「貯めたお金をすべて東日本大震災の被害者に寄付したか」などによるのです。

あなたが昼夜の別なく、昼はバイトにいそしみ、夜は夜でスナックで働くなど苦労に苦労を重ねて得たお金を、無駄な出費を極限まで切りつめ、そして節約を重ね、やっと100万円が貯まったと思いきや、その100万円を一晩で気前よく使った」と聞けば、何でそんな馬鹿なことをしたのだろうと、普通の人は思うでしょう。

ですが、ここで大事なのは、その100万円をどのように貯めたかではなく、その100万円をどのように使ったかということです。

なぜなら、その100万円は将来、事業を起こす際の投資に使ったのか、あるいは、その100万円は人を助けるために使ったのか、あるいは会社の命運を分ける出費かもしれません。決して無駄遣いとは言えない有効な使い方もあるのです。

「苦労して貯めたお金なのだから大事に使うべきだ」という考え方は、お金を自分が支配していると思っていても、本当はお金に支配されているとも考えられます。
要は、そのお金の使い方が大切なのであって、貯め方ではありません。

人によっては、非常にきまじめで手堅い生き方を目指し、ギャンブルをするとか遊びにお金を一切遣うようなことはせず、そのうえ無駄な出費を一切しない人もいます。

そういう人は、お金を貯めるだけ貯めて、それを有効活用せず、貯めるのが目的になっているような場合も、お金の扱い方を知らない将来性のない男といえます。

お金は有効に使えば使うほど、自分の財布に何倍にもなって返ってくるもので、「お金」を大切に扱う人を、「お金」はしっかりと見ているのです。お金は天下の回りモノと言われるように、お金は有効に使えば使うほど、形を変えて自分に戻ってくるのです。

財布の紐を締めているだけでは、お金は泣いています。お金にとって財布の中は牢獄のようなものです。


夢を追い続ける


自分の好きなことをして、それで生活できるのが、男として無上の喜びであり、自分を縛っているすべての束縛から解放された状態なのです。

今は果たされてなかったとしても、夢を追い続けるのが将来性のある男です。最初から夢を捨てている男などは、男としてみるべきものはなく、最初から負け組みの代表格なのです。

結婚相手にはこういう夢を追い続ける将来性のある男を選ぶべきです。

誰しも生まれたときから、「サラリーマンで生きるのだ」と思っている人はいないでしょう。

なぜなら、サラリーマンは決まった給料で質素に生活しなければならないのが普通であり、小さいときからそんなサラリーマンに憧れているとしたら、ちょっと異常性のある人間ではないかと疑ってしまいます。

小学校などでは、先生に「将来、何になりたい?」と聞かれたら、お医者さんとか弁護士とかパイロットなどと答えていたのではないでしょうか。

誰でも夢があって、やむなくサラリーマンになったとしても、小さい頃の夢を追い続けているものです。
しかし、結局、夢破れ、サラリーマンのまま一生を終える人が大半です。

独立して社長になる夢があったのに、叶える勇気がなくて、会社にしがみついている人もいるでしょうが、こういう人は夢が破れたとは言いません。
最初から叶わぬ夢と思っているだけであり、夢を実現するために、清水寺から飛び降りるような気迫がなかったことと、夢を達成する努力すら何もしてこなかったのですから。

「夢が破れた」と言える資格のある人は、夢を実現するために、会社を辞めて勝負に挑んだ勇気ある将来性のある男だけなのです。

サラリーマンはどこまで這い上がっても、所詮は「雇われ者」で、少しぐらい収入があったとしても、定年退職が必ずやってくるのです。

そのときに、少しばかりの退職金を抱いて、「おれの人生は何だったのか」と悔やんでも後の祭りです。

そのときになって、「作家になるのが夢だったのに」などといっても二度と人生は戻ってこないのです。


将来性のない男の特徴


能力もなく努力もしない


最近では、「癒されたい」というブームが流行しており、温和な顔立ちの女優やアイドルたちを癒し系と呼び、若い男たちが「キミの胸で癒されたい」と願望しています。

こんな将来性のない弱い男が増えてしまったけれど、彼らは社会で何かの役に立っているでしょうか。

何の能力もなく、また何の努力もせず、将来性のない男たちは、「女の胸で癒されたい」というだけで、男としての大きな夢と志をすっかり忘れ果ててしまい、情けないことこの上ありません。さらに「疲れた」「疲れた」と言っています。

彼らはいったい何に疲れているのでしょうか。
社会で何の貢献もなく、ムダに生きているだけで、疲れるようなことなど何もしていません。疲れたといえば、だれか女性が慰めてくれるものと思っているのでしょう。

バブル崩壊以降、日本は景気低迷で、社会全体がネガティブになっており、マスコミもそんな一面を取りあげては、「ネットカフェ難民」とか「ホームレス急増」などとはやし立てていますが、そんなことはありません。

若者たちが自分で仕事を選んでいるだけで、職はいたるところに溢れているのです。

将来性のない男たちは、会社でちょっと嫌なことがあると「疲れた、疲れた」といい、少し肩が凝れば「疲れた、疲れた」、お金がないといっては「疲れた、疲れた」といって、女の癒しを求めているのです。

男が「疲れた」というのは、死ぬ間際でじゅうぶんなのです。

しかし、この男の弱さを助長する原因は女のほうにもあり、飲み屋で、「オレ、なんか人生につかれちゃったよ」といえば、それを見た彼女が「かわいそう、私が介抱して上げるわ」となり、ますます甘えてくる男たちにカラダを与えているからです。

ここで、また男の価値になるが、ろくに働いていない男に疲れたなどという資格などなく、男が苦難に耐えて唇をぐっと噛みしめている姿こそ、本当の将来性のある男の値打ちなのです。

男の価値を見失うことは、女を見失うことに通じますので、気をつけましょう。


自信がない


男の中には、女性の前で「愛しているよ、好きだよ」などと連発してよくしゃべる人がいますが、そういう男は自信がないのです。

こう言うことで、相手が自分を好きなのかどうかを確かめたいと思っており、いつも自信がないため焦っているのです。

男が女性に「愛しているよ」と言うのは、女性が不安になっているときか、愛の言葉を必要としている行為を行っているときぐらいです。

有能で将来性のある男たちは、おしゃべりではなく、無口なのが本質で、目でモノを言うだけで自信と威厳があるものです。

男の中には、女性を口説くために、いろいろと饒舌になり、あれこれと面白い話をして相手を笑わせようとする人がいますが、これらは将来性のない軽薄な男のすることです。

将来性のある男は、言葉で表現する生き物ではなく、目とオーラで勝負する生き物であり、昔の父親がそうであったように、ぺらぺら家族としゃべったりすることはなく、自信と威厳が満ちており、一家の大黒柱という雰囲気があったものです。

男たちは、仕事で男同士語り合い、家では妻に必要最低限の言葉しか言わず、子どもには背中を見せることで父親像を語っていたのです。

今では、夫が会社から帰宅したら、「お風呂掃除をしといてね」と暴言を吐き、それを暴言とも理解できないダメ男は「そうか、今日は風呂掃除の番だったか」などと当たり前のように思っているのです。

それだけ男がダメになってきたのと、妻子を養うだけの甲斐性もなくなってきたのが原因ではありますが、男女同権などと叫ばれているうちに、本来の男らしさや女らしさが失われて、これでは健全な夫婦生活は営めないし、子どもの教育だって父親として威厳のある教育などできようはずがありません。

こんな時代だからこそ、男らしさを発揮できるような稀少で将来性のある優秀な男を見つけることです。
・ 口軽男に本当に値打ちのある男はいません。
・ あなたの過ちや我が儘を厳しく叱ってくれる男
・ 仕事ができて自信を持っている男
・ 身だしなみがしっかりできていて、公共道徳もしっかり守れる男
・ 社会と闘っていて、つねに強気で弱音を吐かない男

男の器量はこういうところに出るものですが、まずは、知性に深みがあり、経験が豊富で、そのうえ自信に満ちた態度をしているかどうかを観察してみましょう。


お金の使い方にケチさがある


ケチというのは、欲しいものがあるわけでもなくケチで、趣味が貯金なのか、老後が心配なのか、日々の生活が厳しいのか、お金の使い方にハッキリした理由がないのです。

ケチは「毎月苦しいけど、今日はキミの誕生日だから、高級料理を食べに行こう」とは言うことができず、「安くて美味しい店を知っているから、そこに行こう」と言うのです。なんと了見の狭いことでしょう。

ケチは、暑いさなかに自動販売機を探し当てて、冷たい飲み物を買おうとするときでも、150円の飲み物と100円の飲み物と迷っているのです。それは、50円違いで大の男が悩むのです。

こういう将来性のない男に仕事など任せられるでしょうか。

男は、いざというときには、貯めた大金をすべて放出して勝負しなければならないときもあるのです。お金は使うためにあって、貯めるためにあるのではないのです。貯めるのは、あくまで手段なのです。

お金の使い方は目立ちますので、みんなで食事をしたり、あるいは出かけるようなことがあれば、ケチかどうかはすぐに分かります。

ケチには、仕事はできないし、出世する能力もないし、その意欲すらなく、将来性を感じられないのです。要するに、ケチは人生観を周囲に語ることなどできないし、アホなのです。

あなたが彼を家に連れてきて、「結婚させてください」と父親に言ったときに、父親はちょっとした彼との会話でケチの本性を見抜き、あんなアホな男はやめておけと言うでしょう。

ですが、恋は盲目で、女性にはそれが分からないのです。
ケチな男とつき合っていると、あなたの考え方まで惨めになって、あなたのオーラから華やかさを奪ってしまうでしょう。

将来性のあるいい男は、価値のあるモノにお金を使い、自分に似合うモノを買い、世界の人たちの笑顔、子どもの未来のためにお金を使うのです。


親のお金をあてにする


フリーターの中には、大きな夢を追いかけていて、無職の場合もあるでしょうが、そうじゃない場合には、ニートやフリーターには近づかないほうがいいでしょう。

何の取り柄もなく、親のお金をあてにして生活しているような将来性のない輩に、体を開けるようなことは絶対避けるべきです。

女の評価はどんな男と寝たかで評価されるものであり、価値のない男と性的関係を持っただけで、あなたの値打ちが下がって、汚らわしいものになるからです。

なぜなら、何の値打ちもない動物的な男と寝たわけですから、あなたもそれ程度の女と見られるのです。

もし、あなたが大富豪の男と不倫関係にあったとしよう。

そんなときには、あなたの評価が下がるのではなく、大富豪があなたに目をつけたということで、あなたは非難されるどころか、あなたの社会的評価は一気に上がるということを知っておきましょう。

なぜなら、大富豪は小さい頃からでっかい夢を追いかけ、そのための努力を日々重ねて、今の地位を築いてきたわけで、その夢の延長にあなたの存在もあるのです。

★ 親のお金をあてにし、夢や野心も持ち合わせず将来性のない男は何の価値もないのです。

現在のように景気が低迷し、人の嗜好も次から次へと宣伝文句に踊らされて変化するような時代に、安定したようなものは一つもありません。

ましてや資産があるとか言ってみても、自分の実力で得たようなものではないので、いつ失われるかわかりません。あるいは会社での地位なども、会社自体がいつ倒産するか分からない時代ですので、そんなものは人生に大した意味をもつものではありません。

もし、そういうものに執着して相手を選択したなら、あなたは穢されてしまうのです。

本当の人間の値打ちが出るのは、常に高い理想と信念を持ち、それに向かって休むことなく努力することであり、そういう人間なら、お金や権力がなくても、あるいは途中でリストラされるようなことがあっても、必ず青雲の志を遂げるものです。

夢と野心のある男は、あなたを大切に扱って、同じ夢を見させてくれるし、性的関係がすんだからといって、あなたをかんたんに見捨てるようなことはしないのです。

夢がない男は、明日がないわけですから、つき合いも刹那的で、「今日が楽しければそれでいい」という考え方なのです。

「好きになったら、誰とでも寝るよ」という女性は、いくら美人で容姿がよくても、幼稚で、自分の価値が分かっていないのです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.