トップページ

別れを告げるときの男の言葉の本音



つき合っているカップルに結婚の話が持ち上がったとき、男性はしばしば「今は、忙しくて結婚のことなど考えられないよ」というようなセリフを口にします。

本来、男性はより多くの女性を獲得したいという本能的欲求があり、一人の女性だけと愛の営みをすることは不自然なのです。人間にとって結婚という制度は本能的、動物学的にはかなり不自然な原理が働いているようです。不自然な原理とは、金銭や権利関係の所有体系が決められているところです。

簡単に言うと、男性は生涯賃金を他の女性に分けません、という契約をするわけで、これが不自然さの原因であり、結婚というものです。ですから、結婚という言葉は、愛していると同様に簡単に口にできないのです。

にもかかわらず、「結婚しよう」と言えるのは、一生その女性に束縛されてもいいと思えるぐらい真剣で、その女性以外は考えられないという状態です。

たとえそれが一時の感情でも、その時点では、その女性より魅力的な女性は将来、絶対に獲得できない可能性が高いと思えばこそ、決意できることなのです。

男性は結婚というエサにつられて、女性が寄ってくることを認識しています。このエサとは、もちろん将来稼ぐであろうすべての資産、資源です。だからこそ男性はその資源を安売りしません。

資産、資源や将来性が保証されている男性にとって、独身は天国です。その資源を自分の趣味に費やし、しかも女性にも不自由しない。

結婚をエサに女性を確保できるだけでなく、結婚をエサに優位に立つこともできます。モテる男性にとって、結婚にメリットなどないと思われてもそれは仕方ありません。

この独身という事実、つまり誰に資源を譲ろうか考え中であるというアピールは、多くの女性を呼び寄せるエサであり、まだまだ今より魅力的な女性を獲得できるチャンスが残っているのです。

「当分、結婚なんて考えられない」という言葉の裏側には、あなただけに束縛されることはイヤだという本音が隠されているのです。

もちろん、「結婚してもきちんとした生活ができるだけの経済力がまだない」などのもっともらしい理由をあげる男性も多いでしょう。そして、自分の能力や限界や魅力のレベルを知ったり、この人以上の女性はいないと思えば、男性は自ら結婚を口にするものです。ですから、結婚するためには、「私以上の女性はいない」と思わせることが一一番重要です。





別れの言葉に隠された男の本心


「今は誰とも、つき合いたくない」はズルい断り文句


男性が「今は誰とも、つき合いたくない」と使う場合には、50パーセントぐらいの肯定のサインが込めら、ズルい断り文句と言えます。それは「今」というところです。

ここには、「将来、何ヶ月か経ったらつき合う気になるかもしれない」というニュアンスが含まれているからです。男性がこのような断り方をする理由は、やはり適齢期の未婚女性が希少価値であることを無意識的に知っているからです。

自分のタイプじゃない相手だからといって、自分を慕ってきてくれる女性をみすみす手放すことは、札束をドブに捨てるようなものです。このような断り文句を言うのはもちろん、心のどこかにあわよくば体だけでも手に入れたいという無意識の気持ちがあるのは事実です。

心理学者の研究では、女性は断るときに40パーセントの否定のサインと、60パーセントの肯定のサインを混ぜ、どちらともとれないような曖昧な断り方をすると言われています。この理由は、多くの都合のいい男友達をキープして、男性から少しずつ投資を受けて、その恩恵にあずかりたいと考えているからだそうです。男も女も同じ心理が働くようです。



★ この言葉はマザコン男によくある傾向

彼の異性選びの選定基準(合格ライン)が、あなたが満たしていないことだけは確実です。今は誰ともつき合いたくないという彼ですら、タレントや女優の綾瀬はるかのような女性からアプローチがあれば、すぐにつき合うのですから。

ただ、この言葉を使うような男性には、少し注意したほうがいいでしょう。それは、この言葉には幼児性が極めて濃厚に表現されているからです。

まず、なぜ誰ともつき合いたくないという心理が起こるのかいうことです。

どんな男性であっても、彼の選定基準を上回る女性が一人もいないということはありえません。女優やタレントレベルの女性なら、必ず選定基準を超えているはずです。

しかし、人間は利口な生き物で、どんなに選定基準を超えている魅力ある女性でも、自分の手の届かないレベルに選定基準を置いている男性は、誰とも恋に落ちることはできません。

逆に言うと、彼の現在のステータスが低すぎて、理想の女性には到達不可能なのです。つまり、自分の現在のステータスを受け入れることができない幼児性の強い男性は、このように「誰ともつき合いたくない」と言ってしまうのです。


「君のこと嫌いではないよ」は、ほとんど脈なし


これは女性が使うほうがはるかに有効で、期待感を抱かせ続けることができますが、男性が使う場合は、ほとんど脈がない断り文句になります。

このセリフは、女性からの告白に対するやわらかい断り文句の代表例でしょう。冷静に考えると、明らかに拒絶されているのですが、かすかに期待感を抱かせ、可能性を残すという曖昧な名文句ともいえます。

惚れやすい男性が「嫌いではないよ」というのは、「私のこと好き?」また、「私とつき合って欲しい」というアプローチに対する答えであり、女性のほうから、「肉体関係ができてもいいよ」と誘っているにもかかわらず、こう返答するのですから、いかに脈がない言葉かということがわかります。

では彼はあなたのことを好きではないのか、という疑問がわきますが、答えは「好き」です。ただし、男性の「好き」の範囲は、ほとんどすべての女性と考えて間違いないでしょう。言い換えると、体だけいただけるなら、ほぼ全員の女性をそれなりに好きになれるのが男の性なのです。

ただし、これには「飢えの法則」を満たさないとダメです。
お腹がペコペコで、まさに死にそうなほど飢えているときは、カビのはえかかったパンでもおいしいし、食べたいという法則です。本当に彼女が欲しくてたまらないときなら、少々魅力の劣る女性であっても、男性は、性的欲求が高まったときには、好きになるように創られているのです。

ですから、この「嫌いではないよ」という言葉には、チャンスがあれば、体をいただきたいという願いと、未練がましさがあり、つまり「嫌いではないが、性的な対象としか考えられない」ということです。

男性は遺伝子の命令によって、都合のいい女性をたくさん作りたくて仕方ないのですが、それをしない理由は、本命との恋愛成功率が低下することにあります。

本命との恋路を絶対に邪魔しないで、誰にも秘密でつき合うことができると彼に信じ込ませることができるのなら、その彼とほぼ100パーセントに近い確率で二股恋愛を楽しむことができます。ただし、彼があなたをそれほど信用する材料を作ることは簡単ではないでしょう。

もし、あなたが都合よく振る舞うことのできる大人の女性だったら、彼は遠慮なくあなたとつき合おうとしたでしょう。しかし、警戒心が強い男性ほどそのような二股ができないということも知っておきましょう。


「別れてもずっと友達でいたい」は女性には要注意


女性は信じられないと思いますが、どんなにひどい別れ方をしても、男性は三ヶ月も離れていると、また再びその女性と肉体関係を持ちたいというDNAが潜んでいます。

ですから、男性は「別れてもずっと友達でいたい」のです。これと似た言葉に「元気でね」とか「たまには連絡くれよ」などがありますので、くれぐれもご注意ください。


一見、さわやかな言葉であり、別れ話の際に、よく使われますが、女性にとっては要注意すべき言葉です。恋愛感情抜きで、友人としてこれからもずっとつき合っていこう、というさわやかな意味に取れないこともありませんが、そうではありません。そもそも人間の行動は、メリットのあるものに向かいます。

逆にメリットのないことをしようとする人はいないのです。
とくに男性にとっては、恋愛において、重要なメリットがあるのです。それは、ずばり肉体関係の継続です。これは食欲、睡眠欲と並んで、三大欲求と言われるほどの大きな快感をもたらい行為です。

もちろん、ベッドインのときには、脳内から性的なホルモンが多量に放出されて、大きな快感を得ることができますので、男性がそのメリットを放っておくことはありません。

女性の場合は、彼に魅力を感じなくなってしまったり、次の男性ができたりすると、まったく性的な対象にはならないという人が多いようです。ところが、男性は女性をストックすればするほど、種をばらまける可能性が高くなるので、過去に一度でもつき合ったことのある女性は宝物なのです。

なぜなら、一度肉体関係を持った女性は、まったく新しく出会った女性を一から口説くよりもはるかにコストがかからないからです。

一人の女性を口説き落とし、肉体関係を結ぶまでには、よほどずば抜けた魅力がない限り、当然デートしたり、食事をご馳走したり、プレゼントをしたり、話をしたりと、かなりのコストがかかります。このコストが一から口説き落とす場合よりも、昔の彼女を再び口説いたほうが、お手軽なのです。

だからこそ、一度関係を持った女性をつなぎとめておこうという心理が働きます。

ですから、男性は過去につき合った女性のすべてに未練を持つということを、女性は知っておくべきでしょう。ただし、男性はそのような未練があることを必死で隠そうとします。それは、男性も女性がそのようなことを非常に嫌う生き物であるということを知っているからです。


「やっぱり君が一番」は、いつかは二番になる可能性も!


このセリフは、女性にとっては嬉しいかもしれませんが、いつまで「好き」の状態が続くかわからない不安定さがあります。
「やっぱり」とは過去の数多くの女性遍歴を思い返しての言葉であり、今まで関係を持った女性たちの中で、「今は一番好きだよ」という意味なのです。


もちろん、二番、三番も存在するわけですが、いったい何と比べての順位かということです。お分かりのように、昔の彼女、気になる彼女、フラフラッといきかけた女性、すべての女性がその選択肢に含まれているのです。

女性の本能的独占欲からすると、この複数の選択肢は許しがたいかもしれませんが、この複数の選択肢という発想こそが男の本能なのです。

特に注意しなければならないのは、現在、彼と一対一でつき合っていたとしても、あなたは過去の彼と何らかの関わり合いがあった女性と競争させられているということです。過去の女性との競争であなたが負ければ一番にはなれません。

しかし、肉体関係の相手としてなら、別に一番でなくてもいいのです。ただし、一番でないと本命ではないし、結婚対象外になることは言うまでもありません。一対一のつき合いだからといって、油断してはいけないのです。過去と現在の女性に、比べられているからです。

★ 今は一番でも、二番になる可能性がいつかやってくる

いろいろと思い返して「やっぱり君が一番だ」という気持ちになったのは、疑いようもありません。人間だから一時の気の迷いがあったり、過去のいろいろな恋愛経験なども踏まえて、今、結論付けたのだから、と納得するかもしれませんが、それは、「今は一番というだけ」ということを忘れてはいけません。

もしも、ここでやり直そうということになって、この言葉を受け入れたとします。すると同じことがもう一度ないとは言えないのではないでしょうか。
もう一度考え直して、「やっぱり君が一番じゃなかった」となることがないとは言えないし、むしろあると考えるほうが普通でしょう。

もっとも、このような冷静で客観的な発想をできなくするのが恋であるわけで、また、彼の気持ちは変わらないと信じたいと思うあなたの気持ちはよくわかります。

ですが、一度あることは二度ある、二度あることは三度あるというように、一度変わった気持ちが二度、三度変わることは当然であるし、ましてや一生変わらないなどと考えるのは無理があるというものです。

もしあなたが「やっぱり、君が一番だ」と言われたら、やっぱりということは一度は一番ではなくなったという事実と、二番以下があるという事実を冷静に受け止めて対処しなければなりません。それをしっかり考えることが、ウェディングベルを鳴らすための秘訣です。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.