トップページ

体目当てや下心のある男の特徴



よく、会社での飲み会などで、酒の注ぎ上手な人がいますね。
「じゃあ、次、何飲む?」などと、さりげなく気を遣ってくれる男性がいるものですが、ここで間違ってはいけません。やたら強い酒をばかり勧めてくる男を、「何て優しい大人の男なの。私のことよっぽど好きなのかしら」などと思わないことです。

「ほろ酔いのほうが、いい雰囲気になるし」と思っている程度の男なら心配いりませんが、なかには、泥酔するように巧みにお酒を勧める男がいます。一気飲みをさせるわけでもないのに「飲ませ上手」なのです。彼は「下心」や「体」を目的に、あたかも「恋が始まったかのような雰囲気」をつくり出しているにすぎません。

本当に好きな女性、これから本命の彼女にしたいと思っている女性に対してなら、まともな男性ならば適度なほろ酔いにとどめて、じっくり会話を楽しみたいと思うはずです。

ソフトな語り口で女性を酔わせて、そのままなし崩し的に恋人モードになり、初デートの日に自然に「お泊まり」に持ち込もうとし、そして目的を達成したら、1ヶ月くらいかけて自然消滅するのです。

この手のタイプの男性は、純情、誠実ぶっていても、実は用意周到で、自然に、「女性のほうにも気があった」と思わせる状況をつくることができます。また、「ギラギラの下心むき出しの男性」とはまったく種類が異なるので、女性も警戒しにくいのです。さらに言うと、彼らは「ちょっといい女」しかターゲットにせず、いかにも軽そうな女性には目もくれません。

「まさか私が遊ばれるわけなどないわ」と思い込んでいる女性ばかりを狙います。これまで「都合のいい女」になんかなったことのない女性、ちょっとプライドか高そうな女性が大好きなのです。

ですから、これまでだまされた経験の少ない女性は、この手のタイプの男性に簡単にただまされてしまいます。このパターンで「人生初めての恋の失敗」をなげく女性が、意外に多いのです。

「飲ませ上手、紳士的で面白いイイ男」は、デート中はひと通り、あなたを大事に扱います。まさに「これから恋が始まる」という空気を漂わせながら・・・。
彼はあなたの心を奪う過程を楽しみ、心を奪う楽しみが半分、ベッドインでの楽しみが半分といったところです。

「私、なんでこんなに酔っているのだろう?」と夢見心地になった頃、彼があなたを抱き、ホテルに誘おうとするでしょう。そんな誘いに乗れば、間違いなく大切にされることはなく、短くて、気まぐれな「切ない恋の思い出」の1ページができあがるだけです。
飲ませ上手には、慎重に対応しましょう。





体目当てや下心のある男の見分け方


人の悪口をいわない善人ぶった男


女性を本気で騙して体を奪うような男の心理を知る方法はないのかといえば、その方法はいろいろありますが、一番よく分かるのが、「人の悪口を一切言わないような善人ぶった人」です。

女性が、「私がもし結婚するのなら、女性経験の豊富な人はイヤだし、浮気をするような男など最低よ」と言ったとしよう。すると彼は、「ぼくも今まで真剣な恋を3度ほど経験したけれど、浮気するような男は病気だね、ぼくなら絶対しないけど」と平然とウソをついて、女性はだまされていくのです。

ただ、男も30代になってきますと、仕事も一人前にできるようになるだろうし、取引先ともあの手この手で有利に取引を運ぼうとする知恵も働いてきますので、自然と罪のないウソはつくようになり、正直だけでは世渡りはできないのです。

聖人君子でない限り、私たちの日常生活の会話では、人のことが気になって、ついグチを言ったり悪口を言ってしまったり、あるいは、同僚や仲間との飲み会などでも、酒の勢いで上司の悪口や組織に対する不満などが自然と出るものです。

ですから、あなたと会話していても、キレイごとだけを言ったり、あるいは、誰の話をしても、「あの人は、すばらしい人ですね」「あの人を見習いたい」「あの人は尊敬できる人です」などと、一切他人の悪口を言わない人も、警戒する必要がありますよ。


甲斐性がないのに合コンや見合いパーティにだけ出没する男


女性に近づいてくる男で、女性に下心のない者はいないといっていいでしょう。男は、お金と女性を好むものであって、昔から「英雄色を好む」とまで言われています。男が社会的成功を遂げ、次に狙うのは、「権力」と「女」といってもよく、そういう男に女性は自然に惹かれるものです。

社会的成功を収めた人は、女性を不幸にしない遊び方をし、関係した女性をみな幸せにしてくれるだけの包容力と技量があって問題ないのですが、
世の中には、仕事は何もできずそのうえお金もない無能な男が、体目当てだけで女性に近づき、関係した女性をみな不幸にするようなダメ男もいるのです。

★ 体目当の下心で近づいてくるダメな男とは

@ 仕事もたいしてできず、素質才能もなく、なんの努力もしないような男
A 女性を養うだけの甲斐性がないのに、女性の肉体を求めて合コンや出会い系の見合いパーティーに出る男
B 出世欲がないのに反比例して性欲だけ旺盛な男
C 仕事もできないのに、風俗通いだけは一人前の男

男の値打ちの分からない女性は、「愛があればすべてよ」とか「夜の営みはテクニックがあって楽しませてくれるから」などと言って簡単に体を許してしまうのです。

こういうダメ男は、正々堂々と女性をモノにできないため、出会い系のサイトにはまって、アホな女性を待ち受けるのです。男の値打ちは、生まれ持った素質や才能を努力によって開花させるのを生きがいにするような男なのです。


メルアド交換後、すぐの求愛メールは要注意


合コンなどで飲み会をしたら、男の中に、必ず女性にメルアド交換を迫る人がいませんか。仕方なくメルアド交換をしたら、その日のうちに、「○○ちゃん、今日は君が参加していてくれたおかけで楽しかったよ。今度は、二人で会えないかなあ」と求愛メールが早速やってきます。

あなたにしたら、「え、メール、さっき別れた人、だれだっけ」という程度でしょうが、彼は、すでに、あなたの名前を覚えていて、しっかり求愛メールで「ちゃん付け」までしているのです。

ここで、女性は勘違いをしてはいけないのです。
「もしかして、私に一目惚れ・・・」などと、思ったら大変です。彼はあなたが好きなのではなく、あなたの体が好きだと言っているのです。こういう男にかぎって、飲み会で出会ったら、あなただけでなく、どんな女性にでも、「君に一目惚れしたよ」と言い回っているのです。

だいたい、嫌がる女性に無理やりメルアドを聞きだすのが、もう、男としての余裕がなく、焦っているのです。彼女が早く欲しい、早くベッドインしたい、早く結婚したいと焦っているのです。

やはり焦っている男というのは心に余裕がないのです。たとえば、仕事でも遊びでも心に余裕のない男は、必ず、どこかで大きなミスをやってしまい、関係者に迷惑をかけるものです。恋愛も同じで、必ず、関係した女性に何らかの迷惑をかけているのです。

ここで、チェックして欲しいのは、メルアドを交換しても、すぐにメールをしてこない男は、「女性に焦っていないよ」か「君には興味がないよ」のどちらかです。

女性は、求愛メールをほかの誰よりもいち早く出してくる男が、「自分を好きなんだ」と思ってしまいますが、でも、その男があなたに興味を示したとしても、いい男でないと何の意味もありません。

ですから、女性も待ちの姿勢から攻めの姿勢に転じ、自分を好きになってくれる男を待つのではなく、自分が有能だと思える男を見つけ出してつき合うのも、現在の時代に合っているのではないでしょうか。

とくに、夢も野心もなければ仕事もできない男が増えてきているので、そういう男からいくら誘いがあっても、あなたが不幸になるだけです。これからの時代は、余裕のある男、威厳のある男、才能のある男、すでに実力のある男を探さないといけません。必ずあなたのそばにいるはずです。



嘘をつく、口上手な男


男として一番始末に悪いのは、口上手な嘘をつき、「キミが好きだから、妻とは離婚するよという男」、「結婚しているのに独身のような顔をして女に近づこうとする男」、「独身で結婚する気もないのにカラダだけを求めようとする男」ではないでしょうか。


ひと昔前なら、男は、結婚まで真剣に考えていないのに、肉体関係だけを何とか持ちたいということで、女性をあの手この手で騙そうと駆使したものです。そして女性は、「肉体関係は、二人の愛が本物であることを確認しあってから」とか「カラダの関係より、純粋なつき合いのほうが大切だ」などと考えるのが普通の発想でした。

ですが、今はどうでしょう。
現在は、女のほうも「早く肉体関係を持ちたい」と思っている人が多くなっており、かつての男のすけべ心も顔負けで、むしろ女性のほうが「出会って3ヶ月も経つのにどうして私を抱いてくれないのかしら」と苛立つ人もいるようです。

今は時代も変わり、たとえ結婚する気持ちがないにしても、男と女がつき合っていれば、自然と肉体関係を結んでしまうのが普通で、相手が求めてくれば断れきれないのが実情でしょう。

昔なら、男の下心をいかに見抜くかが、結婚を真剣に考えている女性にとっては大切なことでしたが、今では、女性のほうが積極的に男に迫る時代ですから、男の下心も意味をなさなくなってきており、逆に女の下心のほうに気をつける時代になってきたようです。

それはさておき、結婚を本気で考えている女性にとっては、やはり男がつき合う気もないくせに、カラダだけを目的に近づいてきているのか、そうでないのかを、知りたいと思っているはずです。

そういう男たちは、結婚を匂わせては、カラダを奪っていくのです。そういう男の見分け方は、経験人数をそれとなく聞くのがベターです。ウソを言えばそれまでですが。

経験人数は年齢や職業によっていろいろですが、もし、10人以上経験があるようなら、まずは、そのうちの何人かは騙してきたはずです。
10人もつき合っていて、いまだに結婚していないのが、何よりの証拠です。

もし、10人の女性と真剣につき合ってきたという男がいて、その気持ちがたとえ本当であったとしても、気が変わりやすく、一人の女性では満足できない性格であることは間違いないので、近づかないほうが良いでしょう。結婚願望が強い女性は、つまらない男にカラダを開くべきではありません。


ボディータッチをしながら迫ってくる男


合コンなどに誘われて行くと、つい気に入った男性に出会って気を許してしまい、そんなとき、彼が「キミのことを大好きになりそうだから、つき合ってくれないか」と言うのなら、別に問題はありません。

ですが、
ボディータッチを盛んにしながら、そのまま肩を抱いたり、キスをしようとしたり、あるいはその日のうちに「キミの部屋に行ってもいい」などと言う男もいますが、絶対ダメな男です。すぐに「好きだ、つき合ってくれ!」などと言ってボディータッチをしてくる男は避けるべきです。

明らかに男女関係を求めてきていますので、高確率で遊び目的であり、本命の彼女にしようとする気持ちはありません。たしかに、相手の恋が「一目惚れ」という運命の出会を感じさせることがあったとしても、そんなのは現実的には稀なことです。遊びの恋が目的で口説かれているのに、毎回一目惚れされていると思っている女性が多いようです。

「なんか、気に入られちゃって、彼の部屋に留まりに行ったの。でも、ナンパされた彼とは3週間で別れちゃった」
こういう女性は男からは遊びの性的対象としか扱われていません。3週間で別れたのは、男の立場からすれば、「目的を達成できたので、何とか1ヶ月で別れることができたよ」というだけのことです。

男性は、最初から1ヶ月くらいでフェードアウトするつもりだったのです。彼女をモノにしたとたんにいきなり音信普通にすると、「ひどい男」のレッテルを貼られ、会社に押しかけられたり、イタズラ電話される可能性を考え、それを避けるために1ヶ月間、別れるための猶予をとっただけです。

酔っ払っているときの出会いや深夜の合コン、リゾート地での出会いなど、これらの場所で会った当日に口説かれたら要注意です。女性も「遊びでいい」と思うときもあるでしょうが、それ自体は問題ではありませんが、「運命の出会い」と判断するのは間違いです。

大人の「いい男たち」は大切な女性に一目惚れした場合、会ったその日に誘おうとはしません。それが相手に対して無礼であることを過去の経験から知っています。そして、もっと時間をかけて距離を縮めたほうが有意義であることも知っています。メインディッシュは味わいながらいただくものです。

本命の相手こそ、体だけでなく、文字どおり「身も心も」自分のものにしたいのです。心が存在せず、相手を人として尊敬できない状態では、ベッドインはしたくないと思うものです。もし、交際だけ申し込んで、その日はそのまま別れたという場合、それはあなたを彼女として本当に大切にしたいと思っている証でしょう。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.