トップページ

男性が女性に本当に求めているもの



男が絶対に避けて通るのは、女を捨てた女性だけなのです。
化粧して少しでも可愛く見せようとしない女。
素顔で平気で街を歩けるような女。
言葉遣いに女性らしい愛らしさがない女。

男は、あくまでも陽の本質を持っているので、美人のみを求めていることはなく、女性としての本質を備えている人に魅かれるものです。

昔から男と女は「陽」と「陰」の関係があり、男を象徴する「陽」は、「たくましさ」、「強さ」を表し、女を象徴する「陰」は、「やさしさ」、「包容力」、「慈愛」を表し、相反する本質を特徴としています。

そして、男(陽)と女(陰)は、お互いにないモノを求めて引き合うのが、原始の姿であるため、女が男に惹かれるのは、男の強さなのです。
ですから、昔は、戦いで戦果をあげた男は、どんな女も手に入れる権利を得たようなもので、女もそういう強い男に惹かれてしまうのです。

現在では、強い男の概念が少し変わり、お金を稼ぐ男が強い男の象徴となったため、お金があればどんな美人でも手に入れることができ、女もそういう男に憧れるのです。女子アナが野球選手やサッカー選手と結婚するのも、ある意味では強い男に惹かれるからなのです。

このように美人は、強い男にとられていくのが、陽と陰の法則ですが、それでは、弱い男、いうなれば、世間一般の男は、結婚できないのかといえば、そんなことはまったく関係なく、それなりの釣り合いの取れた女というのがいるもので、やはり陽と陰は自然に引き合って結ばれるのです。

そういう二流以下の男が、女の顔にこだわるのかといえば、そんなことはありません。それは妥協でもなんでもなく、自然と陽と陰のバランスが合った者同士が結婚できるようになっているのです。だから、人類は滅びないのです。

ただ、男と女が惹き合うためには、磁石に磁力があって「+」と「−」が引き合うように、人間の場合には、性的欲望が引き合うエネルギーとなるのです。
男に性的な欲望が起きるのは、美人でなければならないということは決してなく、女性らしさがあれば、自然と起きるのが陽と陰の法則です。

つまり、女性であれば、女性特有の優しさとか包容力、そして、女性の身だしなみとしての化粧をしていれば、釣り合いの取れた男は引き寄せられてくるのです。
顔を整形したり、化粧を濃くしてケバケバしたものにする必要はなく、笑顔のある可愛い女性を演出すれば良いだけなのです。





結婚相手の女性に求めているもの


男の結婚には女性の年齢は求めていない


合コンや婚活では、女性に年齢を聞くのは失礼だといって、男は女性の年齢を聞きませんが、男性の結婚条件には、女性の年齢など重要視していないし、若い年齢の女性だけを求めているわけではありません。


たしかに、若い女性を見ているだけで、つややかな肌と弾けるような肉体は、男を魅了するにあまりあるぐらいです。若い女性の肉体はいくら眺めていても飽きないのは間違いないでしょう。

これは男の本能として、強い遺伝子を残すためには、若い女の肉体が必要なところからきているからで、若い頃の肌の艶や健康的な体そのものが、男の本能を刺激するからです。
ただ、男が本当の恋人として選択するとか、結婚相手にしたいと思っているような場合には、若い年齢が恋人を選ぶ絶対条件では決してありません。

若くても、夜遊びのし過ぎで肌がボロボロになって不健康な女、言葉遣いも「マジ」「スゲエ」などとまともな会話ができないような女は、男はまともに相手にはしないものです。もし、するとすれば、肉体だけが目的で、近づいているだけです。

それはアホな若い子は、自分がモテていると錯覚していますが、男は誰も恋愛対象とは考えてなく、たんなる体目的で弄んでいるだけなのです。

もし、若いあなたが、いろいろな男を経験して、今も彼氏がいるような場合、その彼はあなたに対する真の愛情を感じているのではなく、あなたの肉体を望んでいるだけなのです。彼は「あなたを一生大切にしよう」「生涯守っていこう」「彼女のために仕事を頑張ろう」などとは決して思っていないのです。
恋愛にほんとうの愛情が欠けていることを知っておこう。

お互いが惹き合って、自然に結ばれるような出会いは、人生に1、2回しかあるものではなく、年齢なども一切関係ないのです。
その大切な出会いを自分のものにするためには、やはり女性の本質を見せる必要があり、それは、明るさ、笑顔、清潔感、健康で、大人としての言葉遣いができて、清楚なイメージを与あることです。

男は、そういう女性を求めているものであり、その場合、女性の年齢など眼中にないのです。最近は男女同権といって、男と競争してのし上がっていくのが、当たり前のような風潮になっていますが、男は女らしさをかなぐり捨てて、男と競争したり張り合うような女性を求めているのではなく、あくまで、健康で包容力があって、話しているだけで男が癒されるような女性を求めているのです。


結婚相手にモデルのような美人を求めていない


男の脳のDNAは、父親から受け継いだ理性7割と母親から受け継いだ本能3割で構成されていますので、女性を結婚相手に選ぶ場合、理性が本能を抑制するため、女性の裸体やスタイルだけにこだわってモデルのような美人だけを選ぶことはないし、求めてもいません。


女性は、ルックスやスタイルを気にし、貧乳はモテないと思っているようですが、いい男は、そんなものを基準で結婚相手を選ぶことはないのです。
女性の中には、「胸が小さかったために、彼が離れていった」と反論するかもしれませんが、それは男の選び方を間違えたのです。

必要以上のこだわりがない限り、女性のスタイルや体に興味を持つのは、父親を尊敬できない家で育ち、父親の理性よりも母親から受け継いだ本能が勝っているような男なのです。

たしかに、どんな男でも、女性の肉体に磨きがかかって妖艶さが漂い、そのうえ強いフェロモンまで出ているとなれば、その女性の体に魅力を感じ、性的欲望が生じてくるのは致し方ありませんが、それはあくまで性の対象としか見てはいないのです。

結婚相手としては、モデルのような美人や豊満ボディーなどを求めていないのです。
「オレはぜったい熟女で巨乳じゃないとダメだよ」などと言っている男は、幼稚で人生を語るほどの教養もなく、いまだに大人になっていない子どもなのです。
こんな男に大きな仕事ができるわけがなく、ましてや世界を股にかけたビジネスの世界などで活躍できるはずもありません。

それでは、女性のスタイルはどうでもいいのかといえば、やはり女性としての魅力のひとつにはなるわけですから、好きな彼のために美しくなる努力をするのは、女性としての仕事だと心得ましょう。

ここで、「愛する」と「好き」の違いについて理解しておきましょう。

男は、スタイルやルックスが良いモデルタイプを好きになったり、コスプレをしている女性を好きになってちょっかいを出したりするものですが、それはそういう女性が好みであるというだけで、「愛する」というのとは次元が違います。

この「好き」というのは、ちょうど「果物ならミカンが好きだ」とか「鮨ならオオトロが好きだ」などという意味合いであって、「愛する」というニュアンスはないのです。

だから、男が「オッパイは大きいほうがいい」とか「スタイルは細身がいい」といったとしても、それはそういうタイプが好きだといっているだけで、愛する対象として言っているのではありません。

女性の皆さんは、このあたりを勘違いしないようにしましょう。


女性に社会で戦う能力など求めていない


男は「陽」であり、社会で戦うことを宿命付けられています。

「男」という漢字は、「田」と「力」が組み合わさったものであり、力仕事を象徴しており、「父」という漢字をみても、「斧(おの)」が二つ寄り添った形で、外で獲物を捕まえたり、敵と戦うことを象徴しています。

一方、「女」という漢字は、畳に両手をついて恭しく畏まっている姿をあらわし、「母」という字は乳房をあらわし、家で子どもを育てたり、家を守っていくことを象徴しており、社会で戦う能力など求めていません。

このように、男と女の役割は原始の時代から何も変わっているわけではなく、現在は、世の中の都合によって、男女同権などと言って、少子化のため無理やり働かされているのです。

この原始の姿からいけば、女性が必要とする知識は、家庭内での育児のための知識や食事のマナー、あるいはファッションや美容の知識などであり、あとは新聞の社会記事が理解できる程度の一般常識があれば十分なのです。

では、できる男はなぜ、なんにでも興味を持って知識欲が旺盛なのか。日経新聞などの記事を隅々までを読もうとするのか。
それは社会で戦うためであって、別に知識そのものに興味があるのではなく、敵を論破し、自分の説に説得力を持たせるために、知識を吸収しているのです。

一方、女性はもともと社会で戦う必要などないのですから、やたら政治や経済の知識を吸収して振り回すことはないのです。テレビ討論などで、眉間にシワを寄せて男と論戦している姿が映し出されることがありますが、まさに醜い女性と化しており、すでに女性を捨てているとしか思えません。

女性は家庭で、子どもたちを慈愛を持って育て、将来役に立つ人物として世に送り出すのが本来の役目です。そして、会社という戦場から疲れきって帰ってきた夫には、いつでも優しい眼差しと包容力で癒してあげることが役目であります。そうすれば、夫は、明日の働くためのエネルギーを充電され、妻と子どものために奮起できるのです。

それを会社で議論して疲れ果てているところに、家に帰っても、新聞に書いてある社会問題や政治問題で、議論を吹っかけてきたらどうでしょう。

どんな男でも、うんざりして疲れがピークに達してしまうでしょう。

これを考えるだけでも分かるように、女性の本質は、男を労わって癒してあげて、明日の活力を与えてあげることなのです。
少し周囲を見渡してみれば分かるように、知識欲が旺盛で男を論破しようとする女性は孤独がついて回りますが、それは女を自ら捨てたからなのです。


守りたくなる女性を求めている


男性は敵に回るような女より、守りたくなる女性を求めており、そういう女性を愛するようにできています。

どこの会社にもいると思いますが、女性の中には、男を競争する相手だと勘違いして、必死になって男と闘って、出世競争や業績を伸ばそうとする人がいます。
こういう男と張り合っている姿は、もう女性の姿ではなく、醜さだけが目立つ存在になっています。つまり、男を敵に回しているのです。

フェミニストは「男に媚びるのか」と叫ぶでしょうが、媚びるのではなく、「ふつうに仲良くすればいい」だけのことです。
もともと、男と女は、お互いに張り合って競争するようには創られてなく、お互いが深く愛し合うことで、男と女の特質を発揮し、そして一対のペアとなって社会に貢献するようになっているのです。

要は、男は外で働き、女性を守ることが本質であり、女性は、家庭をしっかり守って疲れた男を癒してあげるのが本質です。ですから、男は、女性を外で働かそうなどとは考えてなく、ひたすら愛する女性を守ろうとするのです。

男から慕われていて、もしその男が強い力を持っていたら、あなたがピンチのときに助けてくれます。具体的に言うと、ひとり暮らしをしていて、あなたがインフルエンザにでもなれば病院に連れて行ってくれるだろうし、急な出費でお金が必要になったときは用立ててくれるでしょう。

とにかくできる男、いい男は女性を守るために、全力で助けようとするし、現実に助けることができるのです。
ただ、力のない男友だちは、何人いたとしても、いざというときには、何の助けにもなりません。「力のない男は、自分のことで精一杯」なのです。

一方、男を敵に回してしまうような女性は、離婚する場合にも、ほとんどが夫の仕事の邪魔をしたり、夫のプライドを傷つけたりしたからです。あるいは、外で働いて経済力もあり、夫と張り合って、夫の言うことをひとつも聞こうとしないからです。

男から見ると、「強い女だから、ほっといても自分の力で生きていくだろう」と思われ、男は誰も助けようとしなくなります。かわいくないのです。

そして、孤独死が待っているのです。類は友を呼ぶということで、同じ種類の女友達ができますが、性格の悪い者同士、男の悪口で盛り上がりながら高級ランチをたのしんだりしますが、いざとなっても助け合ったりはしないのです。

いい男は、「女性を守りたい」と思って生きているのであり、たとえ買い物に行くときでも女性は路肩を歩かせ、自分は車道側を歩くのです。
女性は、男に愛されるために生まれてきたのですから、男を敵に回すのではなく、いつも最高の笑顔で男性に接し、いい男を見つけることです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.