トップページ

医師と結婚したいなら



昔は弁護士か医師と結婚して玉の輿に乗りたいという女性が多かったですが、最近は、弁護士の過剰供給で、年収が200万程度の弁護士まで出る始末になったので、結婚相手としてのお医者さんの争奪戦はますます激しくなっています。

医師と結婚したいという女性は、自分の自尊心が満たされることと、贅沢できるという金銭欲も満たされるため、人生の幸福は手に入ったと思っているかもしれませんが、現実には、実際に結婚した女性の体験談やブログを見ていると、理想と現実には大きな差があるようです。

その大きな原因が、医師の仕事は、一見、華やかなイメージはありますが、人の命を預かっている関係から、ストレスが多いことや、徹夜をしてまで救急患者を診なければいけないこともあり、休日もほとんどないような状態です。

当然、結婚後の夫婦生活も、サラリーマンのように夫婦と子どもが揃って、テーマパークでゆっくり楽しむような余裕などもなく、いろいろな面で苦労が耐えません。

それはさておき、医師という職業柄は、それだけでモテる要素がありますので、婚活の必要もなく、自分の好きな女性と結婚できていると思う人も多いでしょうが、実際には恋人を作るほど余裕や暇がないのが実態です。

なぜなら、医師、ドクターは 医学生時代、研修中のときは、彼女と遊んでいる時間もあるでしょうが、独立開業や勤務医として働き始めると、途端に多忙になって、恋人と遊んでいる暇なんてほとんど皆無になります。

当然、婚活をしている時間もないので、若い頃に結婚していなかった独身医師はそのまま仕事漬けで、結婚相手がいないままフリー状態でいることが多いようです。

ですから、お医者さんと結婚したいのなら、努力次第で、結婚相手になる可能性は十分あるということです。ですが、熾烈な競争が繰り広げられるのは間違いないので、医師との結婚を勝ち取るためには、正攻法だけでなくいろいろな方法を試してみることをお勧めします。




医師と出会う方法とは


お医者さんは、たまに休日でのんびりすることがあっても、いつ病院から携帯電話で呼び出されるかもしれませんので、結婚相手を探すための婚活などには参加できないことが普通です。

そのため、どうしても職場結婚のように、その世界で働いている医療関係者と結婚することが圧倒的に多いです。
医療関係者には、看護師、ナース、医療事務受付、MR(製薬営業)、薬剤師、歯科助手、患者さんなどが含まれています。

こういう医師と出会う方法としては、医療関係の従事者になることで、少しでも医師と接する機会を増やすことかもしれませんが、医師が参加している婚活コミニュティーもありますので、自分に合った方法で見つけることが先決です。


・お見合い


医師との結婚は、女性の教養なども大切な要素になることから、お見合い相手になること自体が難しいかもしれませんが、相手の医師と女性の生まれ育った環境にバランスが取れていれば、結婚できる可能性は十分あるでしょう。

あるいは、若くて美形、スタイルも抜群というような条件が揃っているなら、結婚相手として評価されるかもしれません。

ただ、医師はプライドが高いので、職業がしっかりした女性であれば問題ありませんが、どういうところに勤めているかが判断の基準になり、人にもはっきりと言えないような事情のある人は、たとえお見合いができても相手にされない可能性が高いでしょう。

・結婚情報サービス、婚活パーティ

結婚情報サービスには、医師や歯科医師に限定した医者専門婚活サイトがありますので、このような婚活サイトを使えば、確実に医者と出会うことが可能です。

そのほかにも、医者と出会う方法は合コンや飲み会などいろいろありますが、そういう出会う方法で結婚まで持って行くとなるとスムーズにいかないことも多々あります。

ただ、ライバルとの競争は激しいですが、カップリングパーティのフィーリングで意気投合して、デートまで持ち込めば、可能性が高いかもしれません。
注意しなければいけないのは、魅力的な女性として大切にされるように、言葉、行動、しぐさなど、上品で知的な様子を見せるように心がける必要があります。

・友達からの紹介

医療関係者の薬剤師や看護士、薬の営業関係の人など、知り合いがいると、その友達のコネで、独身の医師を紹介してくれることがあります。あるいは、現役医師だけでなく、 若い年齢の医学部生とも知り合いになれるチャンスがあるかもしれません。

一番いいのは、自分が医療関係事務に携わることです。そうすれば、医師と接する機会が多くなるため、実習や合コンなどで出会う可能性も広がります。

・SNSやブログで知り合う

医師も忙しい合間を縫って、twitter、facebook、mixiやブログ等を利用して情報発信をして関係者や仲間との交流を図っています。

ですから、プロフィール検索で、医師、歯科医師、研修医、医学生を自分の住んでいる地域で検索してみると、思った以上に登録者は多いはずです。ただ、競争率が高いので、ライバル押しのけて交際にたどり着くのは至難であり、かなりの強運の持ち主か、あるいは、他の女性とは比較できないほどの美貌を持っていることが必要でしょう。

もし、近くに住んでいるお医者さんにメッセージを送り、無視されることもなく何回かやり取りが続くようであれば、デートまで持ち込めるかもしれません。独身の医師は、信用問題にもなりますので、遊び相手よりも結婚相手を探しているケースが多いので、結婚の可能性は高いと思っていいでしょう。


医師と結婚することのメリットとデメリット


医師と結婚することのメリット


医師と結婚することのメリットは、いろいろあるでしょうが、だいたいは三つのことに集約される人間のではないでしょうか。


★ 医師の社会的ステータスが高く、社会的に尊敬される身分があるため、女性の虚栄心が満たされる

★ 医師の年収は勤務医で世間一般のサラリーマンの3倍程度が相場で、年収が高く金銭的に余裕がある

★ 病気の時に治療してもらえる、良い薬が手に入る

お医者さんと結婚できた女性は、自分の能力に関係なく、医者になったのと同等の達成感を得ることができるだけでなく、勝ち組セレブの世間入りもでき、両親や親戚、友達に自慢できて鼻が高いはずです。

このように医師と結婚すると、生活は安定し、経済力もある、そして学力などが子どもにも受け継がれるとやはり賢い子ができるというメリットもあります。

また、医師は仕事がとても忙しく、ゆっくり家で腰を落ち着けているような暇がない分、妻としては、旦那さまからお金をもらって自由に遊び回れる余裕ができ、ほとんど遊んで暮らせるでしょう。

要するに、自分の趣味を継続したり、新しい習いごとを行ったり、また主婦だけで集まってランチなども楽しめるということです。

さらに、家庭内に医療関係者がいると、錠剤や湿布、塗り薬の余っているものなどを貰えるという利点があるのも大きいです。ちょっとした風邪やお腹が痛いときにも診察なしで薬が手に入ります。


医師と結婚することのデメリット


医師と結婚するデメリットもいろいろあります。

★ 家族との団欒はないかもしれないというデメリット

それは医師という職業柄、人の命を預かっているため、どんなときでも患者の急変に対応できるように昼も夜も待機しておく準備が必要ということです。
そうなりますと、妻の立場にすると、子どもと一緒に家庭的な時間を過ごそうと思っていても、いつ病院から呼び出されるのか知れないので、残された家族としては寂しい思いをします。

家庭生活を第一に感じる女性にとって、この家族の時間を持つ大切なプライベートの時間が持てないということに不満を持つことが多いようです。

★ 育児や子どもの教育に協力的でないデメリット

医師は外で忙しい反面、家では何もしないという人も多く、子どもが生まれても、家事や育児は当然女性の仕事と考えており、そのために育児にも消極的である人も少なくありません。

最近はイクメンという言葉がありますが、それが該当しないことの多い医師にデメリットがあります。

★ エリート気質のため子どもの教育が厳しい

忙しいので、子どもの教育に非協力とはいえ、反面では、厳しさだけは発揮するという医師もいます。

医者は家庭内で子どもと話す機会も少ないわりに、エリート気質なため、子どもに勉強を強制したり、学歴で見下して叱ってしまうところもあります。家柄が医師家系だと「医学部に進学しろ」というプレッシャーで、子どもが精神的にダメになりグレてしまったという話もあります。

★ 周囲の嫉妬や妬みに遭いやすいデメリット

周囲のママ友の集まりがあっても、夫の職業はあまり話さないのが普通ですが、それを「うちの旦那は医者です」などと笑顔で喋ったら、その後、周囲から無言の圧力が増えるはずです。

たとえば、「ムスッ」と不機嫌そうな表情をして口を聞いてもらえなくなったという体験談もあります。

女性は、同じ程度の旦那の収入であるとか、同じような家庭環境なら安心しますが、自分とは違う世界の女性を見ると、どうしても反発心が出てしまうことと、嫉妬心や妬みも買いやすくなるものです。

★ 性格に癖があり苦労するかもしれないデメリット

医者というのはプライドが高く頑固な人が多く、家庭でも我がままに振る舞い、妻の意見など聞かない傾向にあります。

横暴な態度はなかったとしても、世間一般の社会常識はあまり持ち合わせておらず、感覚がずれている人が多く、そのうえ、エリート気質の変人タイプが多いから、いろいろなことを要求され、妻としてはとても扱いにくいかもしれません。

機嫌が悪いと、立ち居振る舞いから、ときには、食事のメニューにさえ文句を言ってくることもあるでしょう。

仕事で大きなストレスを抱える仕事ですから、せめて家庭では労わってあげたい、そう思える女性でないと医者との結婚は長続きしません。


医師との結婚は総合的に考えること


医者と結婚するメリットは、やはり経済面であったり、ステータス的なことが挙げられますが、その一方でデメリットとしては医師の職業は激務であり、なかなか同じ時間を過ごすことができないということです。

周囲に自慢できて尊敬が得られる夫が欲しい、その上、年収が高い人が良いという理想の条件を求めているのなら、結婚相手として相応しいでしょうが、夫婦が仲睦まじく、末永く一緒にいて幸福感を感じるような関係を構築したいのなら、無理かもしれません。

医師と結婚したいと思っている女性なら、自分の求める価値観とか幸せが、デメリットを上回るぐらいメリットを感じているかどうかが、ひとつの判断になるでしょう。

ですが、医師と結婚するメリットは、経済面とステータスぐらいで、あとは一般の女性が望んでいるような幸せは手に入りにくいので、同じようなメリットを持っている人をターゲットにして婚活を始めのもひとつの選択肢です。

たとえば、上場企業に勤めている人、パイロットや公務員などの一般の人で、年収が高そうな男性を狙うほうが将来的に幸せになれる可能性が高いかもしれません。

いずれにしても、結婚相手としては、結婚後、苦労の多いことが目に見えていますので、そういう苦労に耐えれる女性しか、おすすめできないタイプの職業です。


医師が好きになる女性のタイプ


家庭的な専業主婦タイプ


男性の医師は、自分が忙しくて家庭を顧みるほど余裕がないことを知っているため、できれば、家事や育児をしっかりこなし、家庭を安心して任せられるような家庭的な専業主婦タイプの女性を妻にしたいと思っています。

もともと医師は、所得が高く収入には不足がないので、共働きをさせて生活をさらにリッチにしようなどと期待するはずはありません。そんなことよりも、料理や掃除、育児など家事をできる女性なのかどうかが、医者にとっては大切なので、キャリアウーマンなど決して求めていないといえます。

また、結婚相手の女性としては、家庭的でおっとりしていて癒されるようなタイプを好きになる可能性が高いです。
なぜなら、医師という職業は、忙しさのあまりストレスを溜めやすいことと、仕事場では、血を見ても平気な気の強い看護師やナースに囲まれ、そのうえ、いつも女性同士の争いや虐めを間近に見ていているからです。

理想の女性のタイプを具体的に表現するなら、大和撫子のように、清楚で清潔感があり優しい女性で、掃除、片付け、洗濯、掃除、料理、子育てなど一連の家事をきちんと任せられるかが評価されます。


従順に尽くしてくれる女性


二十歳ぐらいの医師なら、従順で自分に尽くしてくれなくても、美人でスタイルが良かったら、つき合うでしょうし、彼女のためには惜しまずお金を使って、豪華なプレゼントだってするはずです。若い頃は、医師でなくても男なら皆同じですが、性的魅力があって遊べる女性なら、それだけでいいのです。

ですが、30代の結婚適齢期になって、一緒に生活しているときのイメージを思い浮かべてしまうと、「この女性では疲れた自分を癒してくれることはできない」とか「従順になって自分に尽くしてくれない」などと、違和感を覚え始めます。

つまり、すごく美形で、人前に出しても恥ずかしくない女性だけど、自分の心は癒されないように思うのです。

医師に結婚を決意させるポイントとしては、男性を立てて従順に尽くしてくれ、心を癒してくれる女性かどうかなのです。

普段から優しい気遣いのある言葉がかけることができる、健康管理の心配をしてくれる、身の回りの世話をして疲れているときにはマッサージのひとつもしてくれる、などが結婚を意識させる決め手になるのです。


ですから、職場からストレスを抱えて家に帰ってきたときに、しっかりサポートしてくれる女性は重宝されます。顔や容姿だけで結婚相手を選ぶようなことはなく、必死に尽くしてくれる奉仕精神やサービス精神がある女性を結婚相手に選びたいと思うのが本音です。


お金目当てでない女性


どうしても、婚活している女性の中には、お医者さんと言えばお金があると思って、お金目当てで近づこうとする人がいます。

確かに、女性の気持ちとしては、将来の生活に何の不安もなくなるわけですから、当然といえば当然でしょうが、そこに医師としての価値観を見い出してしまうと、プライドの高い医師としては納得できないはずです。

とくに、ドクターの目が\マークにしか映らないような女性からは、積極的にアプローチしてきているはずです。だからこそ最も嫌いなのがお金目当てですり寄ってくるような女性なのです。「医師と結婚したい」という強い思いがある時点で、強欲さはかなりのものなので否定はできないと思います。

それだけに、医師と会話するとき、身辺調査、貯金や持ち家の有無、両親の経済状況を探るような質問をしないのがコツです。これだけでも婚活パーティやお見合いでは効果があります。たとえ演技であっても、表面上は質素倹約で堅実な良妻賢母な女性だとアピールしておくことが肝心です。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.