トップページ

男が結婚したいと思える女の条件



男が結婚したいと思うのは、男の本能を駆り立てて守りたくなるような女性で、気持ちが明るく前向きで、話すときは笑顔でニコッとしているような女性なのです。

男は、これだけで女性から元気をもらい、いつまでもその笑顔をそばで見ていたいと思うものなのです。

もともと女性は本来一人で生きられるようには創られてなく、男性が守ることによって、生命と生活が安定するようになっています。もちろん、男も結婚して女性を守ることで生きていくことができるのです。つまり、男と女の原始の姿は、男が女性を教え導いて教導し、そして男が女性を守って行くことであります。

なぜ、男が女性を教え導くのかといえば、女性は男より本能的な要素が強いため、男の理性によって、本能を抑制させ、調和を図るからであります。
基本的に、男は「理性は7割、本能3割」、女性は「本能7割、理性3割」で構成されています。女性が子ども産んで育てる行為は、まさに本能的な要素が強いことです。

こういうことを言いますと、女性は男の庇護のもとでしか生きられないのかというお叱りを受けるかもしれませんが、決してそうではなく、男も女性を庇護することで、日々に活力が生まれ元気いっぱい働きたくなるのです。
女性は、「男がそばで守ってやりたい」というような気持ちにさせることが大切なのです。

最近では、自ら「おひとりさま」を望んだわけではなかっても、おひとりさまになる人がいますが、こういうおひとりさまは、結果的に次のような考え方をしている人です。

@ 自己中心的で我がままなうえ、相手の立場も考えず自己主張だけを貫いて、協調や妥協の気持ちがないような女性。

A 若いうちに遊んでおきたいという気持ちが先行して、本来の人間の生き方を忘れ、婚期を逸してしまった女性。

B 男性と遊び関係だけでつき合ってきた期間が長いので、普通の男から避けられるようになった女性。

だれしも、「チャンスがあったら結婚したい」「いい人がいたら結婚したい」と考えてはいても、本質的に「おひとりさま」になってしまうような生き方とか考え方をしているものです。こういう考え方は、男が結婚したいと思わず、自然と避けて通るようになるのです。





男性が結婚したくなる女性の共通点


男=オスの本能を知っている大人の女性


カップルの女性に聞いてみると、「男の浮気は絶対許しません」とか「彼は浮気したりしません」などと言っている女性がいますが、気持ちは分かりますが、やはり男の本質を知らない子どもだなあという印象があります。

二十歳を過ぎた大人の女性なら、もう少し男の本能を知っておくべきでしょう。生物の世界では、人間も含め、種の保存本能が最大限働くため、オスの役割はハッキリしており、数多くのメスに種を撒き散らすことであります。

人間の男で言えば、いろいろな女性に自分の遺伝子(精子)をできるだけ多く撒き散らすことであり、これが男の本能であるため、浮気は生まれながらにして男のDNAに記憶されてしまっているのです。

ですから、「浮気をするか、しないか」は別として、浮気をしたいという欲望がない男は、ある意味では男としての資格というか本能に欠けているのです。要するに社会に出て一人前の男として戦えるだけの能力も体力もないことを表明しているようなものです。

女性の妊娠願望と男の生殖願望は同じ本能から出ているもので、妊娠は毎日できなくても、男の生殖願望は毎日あるのです。

もし、あなたが「浮気なんか絶対しない、誠実な男がいい」と言うのなら、ちょうど「私は体が弱く何の取りえもない男が好き、だって浮気ができないんだから」と言っているのと同じなのです。

男としての能力も体力もある誠実な彼なら、「オレは男だから浮気をするかもしれないが、しないように努力するよ」と、言ってくれるでしょう。

女性からしますと、「私がこんなに愛しているのに、彼の浮気なんか絶対許せないわ」と怒り出すことはいたしかたありませんが、ただ、男には、そういう本能も植えつけられているということだけは知っておきましょう。

ですから、浮気が即、あなたより別の彼女を好きになったと早合点しないことです。そうすれば、冷静な判断ができるはずです。

男の「できるだけ種をまいておきたい」という本能を取り除いてしまったら、次代に子孫を残すことはできず、人類は滅亡してしまうのです。

もし、あなたが、素質才能に溢れた最高の男にめぐり会ったとしたなら、当然、惚れて恋に陥ることだってあるでしょう。

そのとき、男はすでに結婚していたかもしれません。そんなとき「男の浮気は許せない」と本気で思えるでしょうか。つまり、「浮気は許さない」という類の言葉を使う女は、子供か、ホンモノの男を知らない女性なのです。


男をリラックスさせ癒すことのできる女性


有能な男というのは、いつも仕事に情熱を燃やしているため、心にストレスがたまり心身ともに疲れ果てているのです。そんなとき、女性はそういう男に、どう接したらいいのか、じゅうぶん気をつけなければなりません。

男性が結婚したいと思う女性に求めるものは、いろいろありますが、
本当に女性に求めているのは、女性しか持っていない柔らかさであり、まろやかさであり、ゆったりさせてくれる包容力なのです。

これも、やはり男と女の本質から生じてくるものです。

男性は外にあらわれる陽の本質があるため、肉体でも筋肉質で、行動も隠すところがなく陽気にあらわれるものですが、女性は反対に「陰」であり、外にあらわれにくく柔らかい特質があるため、女性の体は丸っぽくぽっちゃりしていて、痩せていても、骨が浮き出るようなことはありません。

そして、男は、女性のこの本質を本能的に追い求めており、それが結婚願望になっているのです。ですから、あなたが彼とデートするときには、彼の心をゆったりした気分にさせてあげるのが最高のプレゼントになるのです。

あなたは、デートの準備として、いつもより念入りにメイクをしたり、洋服の選択に迷ったりして、いろいろファッションに気をつかっているかもしれませんが、そんなことより、むしろ彼にとっては、あなたと一緒にいても、変に気を遣ったり、体裁を気にする必要がなく、自分らしく伸び伸びと過ごさせてくれる女性を好むのです。

そのためには、まずあなたが力みすぎないように気をつけて、いつも通りのやさしくて温もりのあるあなたを、彼に見せてあげることが大切です。

そうすると、彼は「君のような人といると、気持ちが安らぐよ」、「君と一緒にいると、いつまでも傍にいて欲しい気がするよ」と思うようになり、本気でお付き合いしたいと考えるでしょう。

男が必死に頑張っているのに、横でテレビを見ているとか、どこかに出かけてしまうとか、あるいはさっさと寝てしまう、などという態度を見せられたら、怒りを通り越して、孤独を感じて寂しくなってしまうでしょう。

頑張っている彼が言われて嬉しいのは、やはり体を気遣ってくれる言葉です。
「あんまり無理しないでね」
「ストレスが溜まってない?」
「ちょっとでも寝たほうがいいよ」
などと言われると、男はあなたを愛おしく思うのです。
そういう癒しの言葉が言えると、結婚したいと思ってしまう女なのです。


男性より一歩引き下がって控え目


男をたてる女性こそ、男から見て結婚したいと思う女性なのです。


「男より一歩下がって」などと言いますと、男尊女卑とか男に服従することだと思っている女性がいるかもしれませんが、そう思っている女性は永遠に男と女の関係が分からない人なのです。

「柔よく剛を制す」という言葉があるように、可愛い女性は男性に従うことによって、ある意味では男を支配しているのです。男は、女性を可愛いと思うと、その女性のためには身命を投げ打って幸せにしたいと思うものです。

男と女に上も下もなく、愛することによってお互いのために生きることができるのです。昔から、人を天地に配する場合、男を「天」、女を「地」としてきました。それは、天は「気」を司り、地は「質」を司るからであります。

女性は「地」で「質」を司り、「質」は物質、あるいは実質と言われるように、目に見える確かなモノがあるときに指す言葉です。
そして「地」は万物を生じ育み、しっかり大地に根を張っているとされています。

このように、女性は万物を育むのが本質でありますので、性格的にも柔らかさ、温もり、穏やかさ、包容力といったものがあり、万物を明るくする役割があります。昔の言葉に、雌鶏(メンドリ)が暁(トキ)を告げると、天地逆転の象となって、必ず家庭は崩壊すると言われています。男性は「陽」であり、火を象徴し、女性は「陰」として水を象徴しています。

陽(よう)はどこまでも伸びようとする本質があり、ヒノキがまっすぐ空にそびえている姿です。陰(いん)はヒノキをしっかり支えて栄養分を送る根っ子と考えられます。

根っ子は水気を含み、地中にあって人の目には見えないけれども、縁の下の力持ちで地上から伸びているヒノキの柱をしっかりと支える役割があります。そして、地中も奥深くに入っていくと温熱があり、それが女性の「愛」を象徴しているのです。

ですから、根っ子が表舞台に立って、ヒノキの柱の上に出てきますと、ヒノキは枯れて倒れるように、女性も家庭で男性の上に立とうとすると、家は崩壊するのです。女性はあくまで一歩控えて、男性を立てるようにしなければなりません。女性が女らしくあるのは、男性に媚びるためでもなく、歓心を買うためでもなく、それが自然体だからです。

百合には百合の花が咲き、バラにはバラの花が美しく咲くように、男性もそれぞれの女性の美しさに自然と引かれるのが、自然の法則であります。


豊かな表情がある


表情が豊かな女性は、周りを明るくさせ、自然にもてます。いろいろな表情を出せる女性は、それだけで人をひきつけるのです。


表情があまり変わらない無表情な人は、根が暗く見え、人を遠ざけてしまうでしょう。頭の回転の可愛い女性は、その時々でさまざまな表情をします。少し意識してでも、感情をいろいろな表情であらわせるようにするだけで、周りに人が寄ってくるようになります。

表情が乏しいと、周囲の人まで気まずくさせます。いつも無表情で、楽しいことがあっても、特に面白い顔もせず、感動しても表情にでなければ、なにか体調でも悪いのかと心配させてしまうほどです。
特に、こんな無表情な女性が近くにいたら、周りはほんとうに気まずい雰囲気になります。

仕事が忙しく、笑えないときでも、休憩のときくらいは気持ちよく笑えると、周囲をなごませます。自分では不機嫌なつもりはないのに、周囲から不機嫌だと思われるのは女性にとってかなりの痛手です。そんな女性の周りには、人は寄ってこないでしょう。

表情を変えたほうがいいとはいっても、会社内でそこまで表情をコロコロ変えるのはよくありません。仕事に熱中するあまり、不機嫌そうな顔になったり、仕事がうまくはかどらずに口をとがらせていたりしてはいけません。

プライベートで、恋人と喧嘩したときなどに表情が変わるのは可愛いけれど、仕事場でそんな表情をしていたのでは、ただの子供です。ただ、知り合って間もない恋人に見せるときの表情だけは悟られないように気をつけたいものです。

好きな男性を前にして、落ち着いた優雅な表情を見せるのは難しいと思いますが、彼から見つめられて、ソワソワしたり、目がキョロキョロしたり、携帯に手をやったり、水を何度も飲むようなことをすれば、彼は自分に気があると判断し、即座にホテルに誘ってきたりします。

まる分かりの表情や態度は、男にとっての餌食になりやすく、相手の男がナンパな奴だったら、ベッドインして終わりという結末でしょう。とくに恋愛初期においては、男が口説いていいのか、友だちのままのほうが良いのか、あるいはキスをしてもいいのか、男は女の表情を観察しているのです。

男に口説かれることを最初から期待しているのでないのなら、夜景をじっと見つめながら、瞳を潤ませるたりすると、男にとってはこれほどかわいいしぐさはないし、結婚したいと思ってしまうでしょう。


礼儀作法やマナーを知っている


ちょっとした礼儀作法やマナーなど、たいしたことがないように思われるかもしれませんが、結婚したいと思っている男は、これらのマナーが身についているかどうかをしっかり見ているものです。


育ちのいい男性と結婚しようとすると、明らかにいずれかの親族からクレームがつくと可能性が大きいからです。それほど大切なことです。
今からでも、そういうことに留意してなれておきましょう。

外人は、靴を履いたまま家の中に入る習慣がありますので、日本に来ても靴を脱ぐ習慣がないため、家に招いても脱ぎっぱなしということを聞いたことがあります。ですから、靴を揃えて脱ぐというマナーがないから、日本の子供のように乱雑のようです。

私たち日本人は、習慣の違いもありますが、丁寧に脱ぐのだな、と感心してしまいますが、それでも近頃の若い女性のなかには、外人と同じように脱いだまま入ってくる人がいます。

娘が友達を家に招いた場合、妻がスリッパも履きやすいように人数分を揃えておくのですが、帰るときに見ていると、きっちり揃えて片付ける人はごく少数です。

靴を揃えるというマナーは、その人の実力や能力を計る物差しではありませんが、もっと大きな意味では、しつけとか育ち方に直結するもので、その立ち居振る舞いで、その人の出身がうかがいしれるものです。

結婚したいと思っている女性は、ぜひとも基本的な礼儀作法を身につけなければなりません。実際、いまの若い男女のほとんどは、「そんな細かいこと、いちいちいいじゃないか」というタイプでしょうが、やはり社会では通用しません。

もし、あなたが女性で、由緒ある家の息子さんと結婚話が持ち上がっても、その種の行儀作法やしぐさがしっかりしつけられていないと、最後の最後で選考に落ちるかもしれません。

また、障子を開けるときも、座って開けるという日本古来の作法が必要になるケースも想像以上に多いもので、特に夏場に浴衣を着る女性がふえている昨今では、この作法を知っていないと大損します。

ドアを開けるときにひとこと「失礼します」と声をかけてから入るマナーも、マスターしないといけません。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.