トップページ

若い子と結婚するには



年上男性や中年男なら誰しも、年下の若い子と結婚したいと願うものですが、その理由など聞かなくても言わなくても自明でしょう。

若い女性は、見た目の可愛らしさ言うに及ばず、ちょっとしたしぐさや言動にしても、純粋な可愛さがあるからです。


たとえば、30過ぎの女性を食事に誘っても、「奢ってくれてありがとう」とも言わず、「私なら、もっと美味しい店、知ってるわよ!」などと批判がましく言ったりしますが、若いい女性なら、「こんな美味しいもの初めて食べました、ありがとう」などと素直に喜んでくれるでしょう。

中年男性なら、こういう若い女性と、腕を組んで街を歩けたら最高の気分だろうと思うでしょう。でも、現実のカップルを見ますと、実際に年の離れた中年のおじさんと歩いているし、しかも結婚している男だって、世の中にはたくさんいます。

どうして、そういうカップルが誕生するのかと言えば、お互いの求める条件が合致しているからです。

女性は年上男性の精神的な安定感、包容力、経済力を求め、男性は年下女性の容姿や肉体的な若々しさを求めており、お互いに望む条件が一致していることと、しかもそれらの条件は本能的なものに根ざしています。

つまり、若い女性は、安定した家庭で子供を育てたいと思い、男性は健康的な母体に遺伝子を残したいと思い、どちらとも本能に根ざした欲求なので、なかなか妥協できないポイントでもあります。

ですから、年上男性が若い女性と結婚したいのであれば、男としての経済力などの条件を満たせば、若い子と結婚できる確率は非常に高まるでしょう。




年上男が若い女と結婚する方法


若い女の子が集まる場所に参加


同世代同士の集まりなら、とくにこだわらなくても、合コンに行こうと飲み会に参加しようと、同世代の人と出会うのが普通です。なぜなら、同世代の人が声をかけるから、自然と30代男性は30代女性と出会え、40代男性は40代女性と出会うようになるからです。

このように、アラフォーの年上男性が20代の女性とは自然に出会える機会が少ないわけですから、自分から若い女の子が集まる場所に飛び込んで行かざるを得ません。

そのためには、「結婚相談所」「婚活パーティー」「婚活サイト」などを駆使して若い女の子が多く参加しているところ積極的に参加することです。

女性も30代になると、恋愛経験も豊富で、結婚相手に求めるハードルも高いですが、10代や20代の若い女性は多感で惚れっぽいことと、純粋で若く素直なところがあるので、口説き落とす難易度は低いとも言えます。

年齢が若い子ほど判断能力も思考回路も、年上男性に頼るところがあり、男として余裕を見せて告白すると、すぐに交際が始まることもあります。また、男性のペースに合わせてくれたり、自分色に染まってくれる良い子が多いです。

また、20代後半の女性は早く結婚したいと焦ったり不安を感じ始める時期なので、結婚を前提に本気で付き合う相手を探している場合は、20代後半の大人の女性が最も恋に落ちやすいかもしれません。

とにかく、夏祭りやライブのイベント会場、友達との飲み会など、女の子と交流ができそうな環境があれば フットワークを軽くしてすぐに行き、メールアドレスやlineID、連絡先を聞いてしまいましょう。


男としての魅力を磨く


年上男が若い女性と結婚しようと思うなら、まずは男としての魅力を磨くことが第一にすべきことで、そのためには、見た目や外見に気を使うことです。

なぜなら、人の外見は、その人の育った環境とか、教養のあるなしまで、全体の雰囲気として、それとなく伝わってくるからです。

もちろん、男としての魅力は出会いの数で鍛えられて磨かれることもありますが、やはり見た目にも気を使い、実年齢よりも若く見えることが重要で、若々しさではありません。

若い男性では出せない大人の雰囲気を持っていることが必要な要素で、そのためには、体型や服装、髪型、ファッションなどに気を使う必要がありそうです。

食事を制限し腹筋運動などをして「しまった体型」にし、服装にも気を配ってセンスの良いオシャレな大人を演出しましょう。

また、大人の雰囲気で若い子を惹きつけるためには、包容力があって頼りがいのある男を演出することも大切で、自信をもって堂々と女性を優しくエスコートすれば、女性は「この人なら誠実さがあり真面目で頼れそう」と思ってくれるでしょう。

女性がデートに遅刻しても怒ったりせず、意見が違っても本気で言い合いなどすることなく、大人の余裕や懐の深さを出すことも大切です。


できる男を見せる


年配の男が若い男と比べて、一番自慢できる大きな違いは、仕事ができることであり、若い女性はそれを見て頼もしいと思うし、尊敬を得ることもできます。

できる男は、仕事以外でも、何か人に負けないものを持っており、それは趣味であることもあるし、歌であったり、あるいはスポーツであることもあるでしょう。

野球でも柔道でも、強い選手は自分の得意技を持っています。
もし、キャリアアップのために自分に磨きをかけようと思うのなら、自分の不得意な分野を克服するよりも、自分の好きな得意な分野で能力を磨くほうが、はるかによいです。

人はオールマイティーに何でもこなせる人に憧れますが、実際、「あの人はスゴイ!」と思われる人にも苦手なものはたくさんあるはずです。ただ、その苦手なものがかすむくらい、素晴らしい得意技をその人は持っており、それが仕事の自信につながっているのです。

語学、パソコン、声のよさ、プレゼン資料作り、みんなを笑わせるギャグ、職場を明るくするファッションなど、何でもいいから、あなたの得意な分野を伸ばしてみましょう。

若い女性は、強い男や仕事のできる男、あるいは他人より秀でた才能に憧れを持っています。それは、結婚したときに、自分や子どもを守るだけの男らしさがあることと、それを裏付ける稼ぐ能力も持ち合わせているからです。


合コン、婚活サービスを利用する


積極的に、婚活サービスを利用するのも早道です。

結婚相談所、婚活サイト&アプリ、恋活サイト&アプリ、婚活パーティー&イベント、合コンセッティングサイト、街コンなどいろいろあります。


参加費を支払えば、自分の自由な日と時間に若い女性を探すことができることと、婚活サービスを利用する人は、最初から結婚目的で利用している人が多いので、男としての条件さえ整っていれば、出会えるチャンスは広がります。

同年代なら別ですが、婚活で若い女性が年上男性とあえて付き合ってみよう思うのは、遊び心ではなく、相手の条件を過度に期待しているからであり、「私より相当年上なんだから、これくらいの条件は満たしているでしょう」と勝手に思っているものです。

たとえば、自慢できる職業、妻子を養えるだけの経済力、頼りがいや男らしさからくる包容力、豊富な人生経験や恋愛経験、見た目の清潔感、おじん臭くない雰囲気などです。

これらが揃っていれば、思った以上にすんなりデートや交際にまで進展することができるかもしれませんが、本当に理想的な女性と知り合うためには時間と根気、運がいるかもしれません。

一つ注意しなければいけないのは、若い女性と交際するようになると、年上の男としてはモチベーションが一気に上がるため、年の差がある分だけ、いいところを一生懸命見せて若い子を喜ばせようしますが、頑張りすぎないことです。

できるだけ自然体で交際するようにしないと、いずれ疲れてしまって、長続きはしないでしょう。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.