トップページ

結婚の負け組みにならないために



結婚の負け組みにならないためには、どんなにイケメンであったとしても、必ずしも性格が良いわけではありませんので、手放しでむやみに近づかないことです。

世の中には、顔が悪くても親切で優しい人はいくらでもおりますが、それは顔にあるパーツの配置が悪いというだけで、それが即、人相の悪い人とは一致しないということです。
また、善人面の顔であっても、人相の良い人とは限りません。

役者さんでも、殿様タイプの顔から悪人面の顔の人まで、いろいろなタイプの人が揃っていますが、どんなに悪人面の人でも、決して悪相とはいえず、味のある顔と言ったほうが良いでしょう。

ただ顔が悪くても、悪いなりに各パーツのバランスが取れていれば良いのですが、得てして顔の悪さが悪相につながる場合がありますので、用心にこしたことはありません。

次のような男の悪相には、結婚しても負け組みになるのが見えていますので、十分注意することです。

@ 額が狭いうえに、額に艶がないとか、瑞々しさがない

額が広い人は知恵が厚いのですが、額が狭く潤いのない男は知恵が浅い男と思って良いでしょう。
動物でも、猿などは額が狭く、知的でないことをあらわしています。

A 頬がこけ、頬骨が突出している
頬がこけている男は、視野が狭く優しさとか労りがなく、だいたいは凶相で一種の不気味さを秘めています。

B 眉毛が短く、細切れのような状態になっている
眉は感情によって動くところであり、その眉が短く、途中で切れていたり、あるいはゲジゲジ眉などになっていれば、感情の起伏が大きかったり、身内の縁が薄い傾向があります。

C 口が小さいか、唇が異常に赤い
口は飲食物が入るところですので、口が小さいと、それだけ栄養不足となって気力に欠けるところがあって大きな仕事ができず、唇が異常に赤いと女性を「食いもの」にするような男の典型と言えます。

D 若くして白髪が多い
若白髪ですが、髪の毛は、頭を地球に見立てた場合、草木に該当しますので、当然、白髪になるということは、その草木の根っこまで栄養が行き届いていないということで、健康に不安があります。




恋の勝ち組になる女性の特徴


男の優しさに騙されない


よく「女性は結婚する相手はどんな人がいいですか」という質問アンケートがありますが、たいていは「優しい人」というのが上位に上がっています。

ドメスティックバイオレンスの反対で、優しい男性というのは、確かにか弱い女性にとっては、この上ない居心地の良さがあるでしょう。
そして、こんな優しい男性に一生愛され続けたいと思うのも無理ありません。

★ 恋の勝ち組になる女性は、男の優しさが女を騙すテクニックであることを知っている

ですが、男というのは、女性が男の優しさに弱いのを知っているので、女性としては見かけの優しさに騙されてはいけません。どんなに兇悪な男でも、女性を落とそうと思っているときには、閻魔顔も仏さんのような優しい顔を作って女性に近づくのです。

これは、ある種、男の本能であり、女性をモノにしようと思うときには、優しい心のこもったメールを何回も送ったり、デートのときには優しい言葉をこれでもかというぐらい連打してくるのです。

ですが、これらは本当の優しさではなく、女性を得るための欲望がそうさせているだけなのです。それでもかまわないとあなたは思うかもしれないが、男によっては、あなたの体を得た後はすっかり態度を豹変してきます。

それは、「釣った魚に餌はやらない」ということで、もうあなたに「やさしい餌」を与える必要がなくなったのです。

女性のなかには、男の本性を最後まで見抜けないために、そういうつまらない男に尽くして、自分のほうを振り向かせようとしますが、こんな男に尽くすだけムダなのです。恋の負け組みになるだけです。

ですから、そういう男は、女性をハントするためには、だれかれかまわず優しく振る舞って、注意を惹こうとしますが、女性を得るのに効率のよい方法と言えるかもしれない。

本当に優しい男というのは、老若男女を問わず、だれにでも優しく接するものであり、また人だけでなく、環境にも配慮できるような大きな人間味溢れる優しさを持った人なのです。

こういう男性なら、どんな女性にもモテるでしょうから、浮気が心配になるかもしれませんが、それぐらいの優しさを持った人でないと、結婚相手には選んでは負け組みになってしまうのです。ふつうの男は自分の欲望が満たされたら、急に冷たくなるのです。


我慢できない面のある男性は避ける


★ 人間には相手の働きによって変えることのできない本質を持っているものです。もし、その本質に我慢できない面がある男性なら、変えようと思う以前に結婚相手として避けるべきです。

人間の日常生活の仕方程度は変えることができるでしょうが、生まれ持った本質は、「三つ子の魂百まで」といわれるように簡単に変えることなどできません。

浮気性の人は、死ぬまでその本性を持っており、そういう環境に触れれば、浮気の波が泡立ってくるのです。
人間にはどうしても変えられないもの、変えにくいものがあります。

パチンコや競輪などのギャンブルにのめりこむ人は、死ぬまでのめりこむ可能性が高いでしょうし、お金にルーズな人も、その本質は変えることができません。

万引きだって、一種の病気みたいなもので、一度その味を覚えてしまったら、たとえお金があっても、万引きをしてしまうのです。

あるいは、痴漢などの行為も、大学教授から有名アナウンサーまで、ついやってしまうのです。これも一種の病気です。これらは一種の生活習慣的な行為ですが、気の短い人、神経質な人、嘘つきの人などは、性格に属するものであり、やはり本質に関係しています。

★ 恋の勝ち組になる女性は、結婚相手の本質を変えることができないことを知っています。

あなたと付き合って間もない頃は、だれでも猫をかぶりって本性は見せないようにしますが、少し親しくなると、化けの皮が剥がれてくるものです。

また、あなたがしつこく相手の性格とか生活習慣を変えようとするなら、彼らは自然と別れることを考えるようになるでしょう。

つまり、相手があなたにとって許せない性格や生活習慣を持っているなら、最初からそれらの男性は選ばないほうが良いのです。

それらは、付き合い始めて、彼の言動なり、彼の友だちなどを観察していたら、たいがい分かるものです。

ただ、好きになってしまうと、「あばたもエクボ」といわれるように、惚れた弱みですべてが許せるように思うかもしれませんが、長続きするものではありません。

あなたが本質的に相手の男性に「許せない面」とか「妥協できない面」があるのなら、早いうちに別れることをオススメします。


失恋しても落ち込まず前向きになれる


★ 恋の勝ち組になれる女性の特徴としては、どんな理由で失恋したのであれ、なるべく心の中にモヤモヤを残さず、悪感情をすべて吹き飛ばし、次の恋愛につなげるという前向きな姿勢を持っています。


好きな人が手の届かないようなところへ行ったり、あるいは好きな人に別れを告げられたりしたような失恋直後は、人恋しくて切なくなるものですが、そんなときには、できるだけ、親しい女の友だちといっしょに過ごして憂さ晴らしなどをしています。

「男性から受けた心の傷は、男性の心でしか埋められない」と思うかもしれませんが、気持ちが沈んでいるときには、恋愛エネルギーが低下しているときですから、明るく希望の持てるようないい異性関係は育たないものです。これでは結婚の負け組みになってしまいます。

だいたい失恋するようなときは、あなたの運気が落ちているだけでなく、恋愛エネルギーも低下して、あなたに漂うオーラも灰色にくすんでいるのですから、まともな判断などできません。

★ 昔の彼氏との思い出をひきずったままでは、新しい恋愛を見つけることはできません。

「あの人にもいいところがいっぱいあったのに・・」などと男性をかばってあげる心の優しい女性ほど、恋の負け組みになって、いつまでもズルズルと過去の思い出に引きずられる傾向があるようです。

絶対にやめておきましょう。

「なによ、あんなヤツ・・」と罵ってあげるくらいのほうが、あなた自身にとって役立ちます。

失恋したときは、情緒不安定な状況に置かれ、うつ的な状態になりますので、そんなときには、できるだけ一人で部屋に閉じこもらず、信頼できる女友達と食事をしたり、コーヒーを飲んだりしながら、彼の悪口をせいいっぱいぶちまけるのが良いのです。

恋のストレスは、そのまま黙っていますと、精神状態がうつ的になりますので、感情のしこりを取るためには、できるだけ外に発散するのが良いのです。

誰もいないところで、大声を張り上げて、「バカやろう!」とか「お前なんかキライだ!」などと叫ぶのも良いでしょうし、使っていない皿などを思い切り石にぶつけて割ったりするのも良いでしょう。
要は、深く考え込まず、外に向けて発散するのがコツです。


彼の価値観や考え方を正確に把握している


★ 彼や結婚相手の価値観や考え方を、会話や動作から正確に把握する能力があるのも、恋の勝ち組になる女性の特徴でしょう。

出会ってすぐに、恋愛の駆け引きなどする必要がなく、まずは、そのための準備として、彼の価値観や考え方などを、彼との会話や動作などから読み取っているのです。

★ つまり、会話しているときの彼の視線や動作をしっかり観察しているのです。

彼と会話をしているとき、無意識に自分の感情を何らかの形で表現しているもので、彼が少しでも自分に興味を持てば、自然と自分と視線を合わす回数が増えているものです。

一方、もし彼が自分に興味がない場合には、自分を見ずに外の景色を見たり、どこも見ていなかったりするだろうし、ふたりの会話も途切れがちになるでしょう。

ふたりの会話が盛り上がってくれば、ふたりがお互いに目を合わすようになるし、相槌も自然と多くなり、もっと話に熱中すれば、向かい合って話していても、だんだんと顔まで近づいていきます。

彼が気持ちよく話し始めたら、流れを止めずに、彼の目を真剣に見て、心から驚いたり感心したりすることです。

男というのは、お互いがリラックスして会話が盛り上がってくれば、自然と気を許して、自分の考えや哲学を披露したくなる生き物ですので、そういうときにしっかりと彼の世界観や恋愛観を覗くことです。

とくに、映画の話になったり、あるいは、趣味やマンガ、遊び、音楽などの話題で盛り上がったようなときには、彼の趣向や彼の人生に対する努力の方向性、優しさや頑固さ、あるいはロマンティストかどうかまで、読み取れるものです。

★ 会話での注意事項としては、彼との会話中に自分の恋心を悟られないように留意することです。

彼との会話は、彼の人生観なり哲学を読み取って、結婚相手にふさわしいかどうかを知る手がかりにするのが目的ですから、会話中に「あなたが彼を好きだ」という本音を読まれないことです。

あなたが彼と目を合わせすぎて、彼が「そんなに見つめられると、キスでもしたくなってしまうよ」などと迫ってくるかもしれませんが、これはただの男の本能で、あなたを抱きたくなっただけですので、彼の人生観などとは関係ありません。

また、彼をさらに知ろうとして、周囲の友人から彼の情報を聞きだすことも、あまり当てにできないので、鵜呑みにしないことが大切です。

友だちは、あなたの彼が好みでなかったら、「あんな男、やめといたほうがいいよ。いい噂もないし」などと言うかもしれませんから。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.