トップページ

男と女で違う恋愛観、結婚観の心理



男らしさ、女らしさは、教育ではなく生まれたときから決定しており、その原因は男性ホルモンに関係があるようです。そのため、恋愛観や結婚観も男と女によって自然と違いが生じているということです。

「あなたって往生際が悪いわね、さっさと決断してよ」
「キミは、いつもぶっきらぼうな言い方をするけど、もうすこし女らしい言い方はできないのか」

若い夫婦からお年寄りの夫婦まで、日常生活のなかでよく聞かれるやり取りですね。ですが、そもそも男らしさ、女らしさって、人の一生のいつ頃からそれらしくなるのでしょう。

1960年代から70年代にかけては、「男の子はこうあるべき」「女の子はこうあるべき」という考え方が多かったため、社会が男や女の価値観を押し付けることで、男らしさや女らしさが身についてくるものと思われていたものです。

そうした中、アメリカのエモリー大学の心理生物学者、キム・ウォレン博士は、、サルの雄と雌でオモチャの好みが異なるのか確かめるために実験をしました。

一般的に人間の男の子に好きとされる車のオモチャと、女の子に隙とされるぬいぐるみをサル山に置き、子ザルが興味を持って遊んだ時間を調査したそうです。すると、雄は車のオモチャを好み、雌はぬいぐるみを好むという結果が出たようです。

もともとサルには「男はこうあるべきだ」とか「女はこうあるべきだ」という価値観の押し付けなど、できようはずもありませんから、人間の場合も後天的な要素が男女の性差になるという説は信憑性がないことになります。

脳の性分化についての研究で知られる順天堂大学の新井教授によると、男の胎児は精巣から男性ホルモンのアンドロゲンを分泌するといいます。実は車のオモチャを好むなどといった遊びの行動パターンを男性型にしているのは、このアンドロゲンの作用だといいます。

一方、アンドロゲンが出ない女の胎児は、遊びの行動パターンが女性型になるため、ぬいぐるみなどを傾向が見られるようです。
人間の男女の性格や好みの違いは、このアンドロゲンにより、生まれたときから宿命付けられているのです。





恋愛に対する意識の男女差


男の元カノ、女の元カレのファイル保存の違い


男性は元カノを忘れられず、女性は元カレをすっかり忘れる傾向があります。
女性はたくさんの経験をデータベースとして脳に保存し、活用することが得意です。そしてとくに、嫌な経験は永久保存しておき、決して手痛い失敗を繰り返さないようにします。しかし同時に、女性の脳はものごとの切り替えが得意なのです。

女性にとって大切なのは今の恋愛です。過去の恋愛はどうでもいい不要な情報なので、脳内できっちり整理して表に出さないようにします。
「女性は元カレを忘れる」というのは、実際は「元カレのことももちろん覚えているけれど、どうでもいいのでまったく思い出す必要がない」が正解ということです。

男性の「忘れっぽさ」が恋愛に働くことはあまりありません。好きだった相手に振られてしまった、などという場合はなおさらです。男性は過去を引きずりがちといっていいでしょう。

男性にはコレクション欲があるため、過去の経験をトロフィーのように大事にとっておきます。一度は「こんなこと情けないし、恥ずかしいから言えない」と思った辛い恋愛話を、時間が経てば武勇伝のように語りだす人もいます。

この感情は、現在の恋愛とは無関係です。今、最高に幸せな恋愛をしているという人も、過去の恋愛経験で楽しかったことがあれば、それを大切な思い出として心の中に保存しておけるのです。

だからといって浮気をするわけではありません。未練があるともかぎりません。女性はたとえ気になったとしても、男性の過去の恋愛について追求したり、相手の過去の恋人を強く否定するのはやめておきましょう。男性からすると、まるで過去の自分自身を否定されてしまったかのように感じるのです。

男性のほうは女性の前で、自分の過去の恋人について語らないようにしましょう。
女性が一番大切にしているのは今の恋愛です。
男性が「過去の恋愛を大事にしている」と感じたとき、とても傷ついてしまいますから、注意しましょう。

【過去の恋人のことを聞かれたら】

★ 男性から女性へ話すときは、「あまり思い出すことはないかな」と言いましょう。嬉々として思い出話をするのはダメです。過去との決別を示して、彼女を安心させましょう。

★ 女性から男性へ話すときは、「友だちの紹介でつき合ったけど、あまり気が合わなかったな」と言ってあげましょう。
隠そうとすると、男性は不安になります。彼が安心できそうな、無難な答えを用意しておくといいでしょう。


ケンカをすると男は黙り、女は泣く


できればいつまでも波風を立てずに、平穏無事のまま過ごせればいいのですが、ときには恋人同士の意見が衝突してケンカになってしまうことがあるものです。男女ではケンカのときの行動も異なります。ふたりの仲をより早く元通りにするためには、どのように相手をなだめればいいのでしょうか。

女性はケンカの果てに、感極まって泣いてしまうことがあります。男性は「泣かれたらそれ以上責められないよ!泣くのはズルイ!」なんて思うかもしれませんね。でも、女性は必ずしも「責められたくないから泣いちゃえ!」と思って泣いているわけではないのです。

女性はとても感受性が強いため、脳の働きが激しくなると一種の混乱状態になってしまいます。泣いてしまうのは、あくまでもその結果なのです。

そのため、無理に女性をなだめようとして、言葉を尽くしても届きません。男性から女性に対してできる最大の作戦は、女性が泣きやむまでじっと待つことです。釈明や謝罪をするのは、落ち着いてからにしましょう。

男性の脳はひとつの行動に集中します。そのため、考えるときは考えること、話すときは話すこと、そのどちらかにしか集中できません。
男性が黙っているときは、自分の脳の中で何をどうしたいのかまとめています。だから、このとき問い詰めるのは逆効果です。男性の考えがまとまるまで、そっと待つのが正解と言えるでしょう。

もしも男性が話すモードのときは、女性は相手の話を聞いて何に対して怒っているのかを察知しましょう。そして、そのことに対して謝る場合は「具体的に今後どうするか」を伝えるといいでしょう。男性はものごとの理由をはっきりさせたいのです。

女性と男性では怒る内容も違います。女性はこれまでのできごとが蓄積され、それが溢れた瞬間に怒るというケースが多いです。男性のほうはというと、目の前で起きた深いな出来事に対して、理由をはっきりさせて怒ることが多いようです。

いずれにしてもケンカの理由はたいていの場合、後から思い返せばくだらないことでしょう。ケンカになる前に、普段から話し合いで解決できるよう気をつけたいものです。

【ケンカ中の恋人と早く仲直りしたいのなら】

★ 男性の場合・・・泣いている女性を抱きしめる
女性が泣きながら抱えているのは孤独感です。抱きしめたり、手を握ったりして安心感を与えましょう。

★ 女性の場合・・・すぐに気持ちを切り替える
黙っている男性の反省中、時間が経ったら気持ちを切り替えて接するだけで、男性は救われたと感じます。

男と女のロマンは違う


男性も女性も「ロマン」が好きです。でも、ひと言で「ロマン」と言っても、男性と女性ではまったく別のものです。
同じように「奇遇だね!私もロマンチストなんだ」なんて話していても、向いている方向が違う可能性が大なのです。

女性は「かわいいドレスに身を包んだお姫様になって、白馬の王子様にプロポーズされたい!」みたいな、ロマンチックなシチュエーションが大好きです。

多くの男性はそれを聞いて「そんなシーン求められても、オレには無理だよ!」なんて、ちょっと引いてしまうでしょう。でも、よくよく考えてみれば男性のほうだって、夢のようなことを望んでいるものです。

男性は「まだ予算は立ててないけれど、山の中にウッドハウスを作るんだ!」とか「子どものときから憧れていた世界一周旅行をするんだ!」などと、スケールの大小はあっても、そんなロマンは持っているものです。

女性は男性のロマンに対して、現実的な反応をしがちで、おそらく「またそんな夢みたいなことばかり言って・・・」と呆れているばかりです。
それでは、男性と女性のロマンはどう違うのでしょう。

女性の求める「ロマンチックなもの」とは、「目の前にあるロマンチックな雰囲気」のことです。たとえば、男性とのデートでロマンチックな演出をされると「それが欲しかった!」とばかりに喜ぶでしょう。ただ、男性には分からない心理です。

一方、男性の好む「男のロマン」的なものは、子どもの頃から夢が具現化したかのようなワクワクする興奮体験なのです。どちらかというと、長期的な野望が多く、女性からすると荒唐無稽なことを実現しようと努力しているように見えてしまいます。

女性はロマンチックなものが好きですが、どちらかというと、現実主義者なのです。夢を見たいのは男性も女性も同じです。ですから、相手の夢に対して温かい気持ちを持ってあげることです。

男性は女性のために「ロマンチックなシチュエーションを叶える日」を作って、頑張ってみてください。そして、女性のほうは、男性の語る夢の話に、優しく耳を傾ける余裕を持ってもいいのではないでしょうか。

【相手を喜ばせるデートプランは】

★ 男性から女性を誘う場合
「夜警の見える話題のレストランを予約したよ」
突然のサプライズと、ロマンチックなシチュエーションに喜ばない女性はいないでしょう。

★ 女性から男性を誘う場合
「たまには、あなたの好きな○○を見に行かない?」
男性はバイクや車、ゲームなどの趣味にロマンを感じます。ときどきつき合ってあげるといいでしょう。


男は年下の女性、女は年上の男を好む


男性と女性では、恋愛相手に求める理想が違います。一般的に男性は年下の女性を好み、女性は年上の男性を好む傾向があります。

これは動物としての生存戦略という観点から見ると、男性は「若くて健康的=健康な子どもを産みそう」な女性を望み、女性は「年上の成熟している=社会的な地位が高く、安定した家庭を築けそう」な男性を望むということだと考えられます。

でも、これだけだと当たり前な気がしますが、男女の好みの基本的な傾向は、他にもいろいろな要素が組み合わさって作られているのです。
男性は恋愛相手に、何も知らない無垢な相手を求めることが多いです。その理由は「自分がリードしたい」という強気な一面ももちろんありますが、それだけではありません。

男性には、他の誰かと比較されたくないという、少し臆病な側面もあるのです。自分が最初の相手であれば、「前の彼氏は今の彼氏より、もっといいところに連れて行ってくれたのに!」というようなことを思われる心配がないからです。

一方の女性は、完成した相手を求める人が多いのですが、それは女性の変身願望を叶えてくれそうな予感がするからです。「素晴らしい相手に出会えれば、素晴らしい自分に変身できる」と考えるのです。

また、男性と比べると女性は、「結婚」を現実的なゴールとして見据えています。そのため、女性は好きな男性の「最初の相手」ではなく、「最後の相手」になりたいと考えることが多いのです。

以上は、だいたいの傾向として言えるでしょう。
たとえば、女性ならば「年下の男性を前にして弱気なところを見せ、相手にリードしたいと思わせる」など、ここで紹介した内容を応用した方法を取れば、年上年下とは関係なく、相手にアピールすることができるはずです。

【同世代のカップルが仲良くいるために】

★ 男性の場合
仕事や勉強に打ち込んで、尊敬される部分を磨き続けることです。この人についていけば大丈夫だと、女性に思わせることが大切です。

★ 女性の場合
男性を積極的に頼るようにすることです。男性の成熟を促すと同時に、「彼女を守ってあげたい!」と感じさせましょう。


恋愛中にケンカをしたら男は謝れず、女は許せない


ケンカをしてしまった後、なかなか関係を修復できないケースは多々あります。それはお互いに「どうしても譲れない」という部分があるからでしょう。
でも、本当は早く仲直りをして、元のように接するほうがいいはずです。意地を張って相手と距離を置いていると、気持ちが本当に離れてしまい、さようならということもあるからです。

男性と女性のそれぞれによくありがちな、意地の張り方について解説してみましょう。自分の気持ちに素直になるためのポイントを探ってみてください。

まずは男性にありがちなケースですが、
男性は、素直に謝ることができない生き物です。たとえ自分が間違っていたとしても、怒りのスイッチがオンになってしまうと、ついつい意地を張ってしまうことがあります。女性からすると、どうしてそこまで意固地になるのか分からず、不思議に思うかもしれません。

男性はプライドが高いため、謝ることは「自分の負けを認めること」だと考えてしまうのです。謝らないでいればいつまでも自分が優位に立っているかのように錯覚することができます。しかし、ふたりの関係を維持していくことのほうがプライドを守ることより重要なはずです。意地を張っても結果的に損をしてしまうのだと心得ましょう。
女性が嫌な思いをしたということが事実であれば、男性は素直に謝るべきです。そして、誤る際は言い訳をしないことです。女性は言い訳が嫌いなのです。

女性は謝るときは素直に謝れます。しかし、過去にあった嫌な出来事をはっきり覚えているため、「相手が絶対に間違っている!」と感じたら、なかなか相手を許すことができません。

女性は過去を引きずってしまうのです。女性は、ケンカがこじれないように、過去のことを水に流せるよう努力するべきでしょう。たとえ目の前の問題とは別の問題を思い出しても、それを蒸し返すのはNGです。
男性からは理不尽に思われてしまいます。

【ケンカ中にうまく思いを伝える言葉】

★ 男性から女性へ話すときは、「嫌な思いをさせてごめんね。そんなつもりはなくて・・・」と言いましょう。まずは謝り、いいわけにならないように、自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

★ 女性から男性へ話すときは、「あなたが大好きだからこそ、○○されると傷つくの」と言いましょう。責めるだけでなく、好きだからこそという気持ちを伝えれば、男性のプライドを傷つけることがありません。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.