トップページ

夫向き・結婚向きの男性タイプの特徴



どんな時代になっても、結婚は女性の憧れの大きな部分を占めます。
結婚という形式にとらわれなくても、男性と一つ屋根の下で暮したいと思う気持ちはあるはずです。男も同じことを思っていますから、男女とももいっしょに暮らせる異性を選ぶことは、人生の重大問題ということになります。

夫向き、結婚向きでない男を選択すれば、不幸になることは目に見えています。

だから誰もが過ちのない選択をしたいと願うわけですが、人間というのは、外見にあらわれた態度や容貌、言葉とはウラハラである場合が多いので、よほど多角的な人物を見ていかないと、とんでもない男といっしょになってしまう可能性が大きいでしょう。

昔と違って、イヤなら別れればいいと割り切る人もふえてきましたが、子供ができれば、現実問題として、そう簡単に別れられるものではありません。
そこで人物評価をするためのチェックポイントをお教えしましょう。

@ 職場から遠くに住めば住むほど男の出世は遅くなる

A 若いときから一流の趣味を身につけている男は大きくなる

B 遊びに金を費やす男は仕事で儲けられる

C 万事にスキのない男はこれからの社会に向かない

D 歩き方の遅い男もこれからの社会に向かない

E 目に見えないものを信じる男は女性とうまくやっていける

F ツキのない男は一生ツキがないと思え

G 3回同じことをいって実行しない男は見放せ

H 他人がやらないことに興味を持つ男は一流人間の資質がある

このチェックポイントに当てはまらないからといって、男としてダメだ、見込みがないというわけではありません。

何をもって女性の幸福とするかによって、男の選び方は変わってきて当然です。ただ最大公約数的にいえば、結婚した女性の幸福は、だいたい次の四つに集約されるといえるのではないでしょうか。

@ 夫の出世
A 家族の健康
B プライベート・ライフの充実
C 親の財産

このうち、Cの親の財産だけは、そう誰でも受けられるわけではありませんが、あとの三つは、どれも欠けてもらいたくないというのがホンネでしょう。
そのためにも、ここでのチェックポイントを目安にして、男を探し、選んでみてください。





夫向き・結婚向きの特徴


男に金がないのは、人間に首がないのと同じ


夫になる人や結婚相手に金がないのは、人間に首がないのと同じで、生きる方向性が定まらないようなものです。男には、お金がいるのです。名誉や権力も必要だという人がいますが、そんなものは生活するうえで何の役にも立ちません。


それよりもお金があれば、名誉でも地位でも買うことができるのです。ですから、賢い男は、20代ではそのことをしっかりと認識しており、それを得るために日々努力を重ねているはずです。

お金のない苦労は、観念としての苦労ではすまず、現実問題として、さまざまな問題を投げかけてきて、夫婦喧嘩は絶えることなく、仕舞には離婚騒動、あるいは借金地獄、はては心の病になり、結婚生活が破滅していくのです。

お金がないからこそ、夫婦喧嘩が始まるし、ちょっとしたモメゴトが大きくなり、さらに大きくなれば、国と国との戦争に発展するもので、これもすべて経済力を求めて起こるのです。

「金持ち喧嘩せず」といいますが、お金持ちになれば、心に余裕があるため、少しのことで喧嘩する必要はないのです。今日は「お寿司が食べたいわ」といえば、上トロを食べればいいし、「肉がいいわ」と思えば、毎日ステーキを食べればいいように、すべてはお金で解決できるのです。

今の若い女性は、「愛がすべてよ」「愛があればそれ以上何もいらないわ」と言って結婚する人がいますが、確かに、「愛があれば」は美しい言葉であり、心地良い響きを持っています。ですが、これだけの言葉の響きのために、最後は何人のカップルが別れてしまったことでしょう。美しい言葉だけでは、二人の家庭生活に潤いを与えることはできず、やはりお金がないとダメなのです。

それだけなら良いでしょうが、離婚して子どもを抱え、最後は自分の子どもさえ殺してしまうというおぞましい結果になるのです。これなどは、いつも新聞記事に出ているから見られているでしょう。

ですから、「愛さえあれば、あなたとの苦労など平気だわ」と思って、一生懸命、結婚当時のように愛していても、相手の男が貧乏性で何の努力もせず、仕事もできなければ、どうしようもありません。



「我慢」と「志」がある男なら結婚相手に間違いない


夫になる人や結婚相手が、お金持ちになるには、「我慢」と「志」が必要です。


仕事が続かない男というのは、とにかく我慢ができず、上司に文句を言われたといっては、すぐに会社を辞めてしまうような輩です。そういう男は、他に目指すものがあるのかといえば、何の目標も志もなく、日々無駄に過ごして空気を吸っているだけです。

『堪忍の 袋をおのが 首にかけ 破れたら縫え 破れたら縫え』という古歌があるように、破れたら何回でも縫うて縫うて我慢強く辛抱していると、必ず風向きが変わり、自分に有利な追い風が吹いてくるという趣旨の歌です。人生の大事なときに、辛抱ができなかったら、これまでの苦労が水の泡になることは、いくらでもあります。

会社では、営業成績が悪いといっては上司に嫌味を言われては怒鳴られ、同僚からはバカにされ、家に帰れば給料の金額が生活費に足りないと妻から尻を叩かれ、ほんとうに机のひとつでも叩きたくなるような心境になることが多々あるものですが、こんな時こそ、辛抱が大事です。

ただし、辛抱だけ重ねてみても、何ら将来が開けるわけではありませんので、ここは、大きな志を立てて、それに対する地道な努力をして、時節が来るのを待つ姿勢が大切です。

そういう志がなければ、辛抱や我慢だけで浮かばれるほど世の中は甘くありません。ダイエットをするにも、ギャンブルをするにも、女遊びをするのも、我慢ができるかできないかで、結果としては大きく違ってきます。

大学は卒業したものの、「やりたいことが見つからない」とか「好きなものがない」という、羅針盤のない船に乗っているのと同じで、いつ氷山にぶつかるかわかったものではありません。このようなどうにもならない男で、あまりにも幼稚すぎる男とは即刻別れることがあなたのためです。

我慢と志のない人間には、お金は集まってこないのです。若いうちは、相性が良いとか、フィーリング合うとか、あるいはイケメンが好きだとかいうことで、交際するようになるのは、やむを得ませんが、これはあくまで、男を品定めするための訓練と割り切って接するのがよく、結婚だけは別で考えておきましょう。

結婚は一時の激情でできますが、結婚生活の苦労は死ぬまで続くか、別れるまで続くのです。



結婚相手は尊敬できる人


夫になる人や結婚相手はお互いに尊敬できる人でなければ、長くつき合っていくことはできません。結婚する前から、尊敬するに値する男であることと、結婚後も豹変することがなく、信頼できて尊敬し続けることのできる人でなければなりません。


ここで、尊敬できる人とは、もちろん価値観に共鳴できる人のことですが、その前提としてお金を稼げる人でなければ、何にもなりません。

お金を稼ぐ人といえば、何か反発したくなるかもしれませんが、お金を稼ぐというのは才能だけでなく、相当の努力と勤勉が必要であり、それだけの社会的貢献をしている事実があるのです。

一方、お金を稼ぐことができないのは、サラリーマン社会なら、人の上位に行くだけの努力もしていないし、一生懸命、働くだけの根性もないし、気力もない人で、つまらない男と言っても良いでしょう。

このことを前提として、尊敬し得る人というのは、最高の学問を修めているとか、健康で立派な体をしているとか、教養もしっかり身につけて礼儀作法も完全である人という意味ではありません。このような理想的な人というのは、現実には実在しない可能性が高いです。

ここで言います尊敬できる人というのは、人生に対して高い理想を掲げ、その理想に向かって一歩一歩前進するための努力をしている人であります。こういう人なら、必ずやあなたを幸福にしてくれるであろうし、その理想があなたの考え方にも一致するのであれば、さらに言うことはないでしょう。

言うまでもなく、相手の実力を見ず、容貌やスタイルだけを見て結婚するのは、大きな間違いで、人生後半は二人で汗水垂らして働いて、生きるためだけにアクセクした人生を歩むしかないのです。

現在のように景気が低迷し、どんな大企業でもいつ倒産してもおかしくない時代に、何ひとつ安定したものはなく、ましてや資産があるとか言ってみても、自分の実力で得たようなものではないので、いつ何時失われるかわかりません。

もし、そういうものに執着して結婚を決意したなら、早晩、家庭の破局に直面する可能性は高いと思われます。本当の人間の値打ちが出るのは、常に高い理想と信念を持ち、たゆむことなくコツコツと努力することであり、そういう人間なら、資産や地位がなくても、あるいは途中でリストラされるようなことがあっても、必ず青雲の志を遂げるものです。


仕事で頑張っている男


男は仕事を通して社会に貢献するのが、人類が誕生して以来、定められた宿命であり、その定めに従わず、自分の欲望だけ満足させていたら、ただのオスザルにしかなりません。

男は、数多くの女性と関係を持ちたいと考えていますが、仕事で成功したいと頑張っている男には、それができません。だから、女性としては、そういう男とつき合えばいいのです。

それでは、仕事で頑張っている男かどうかは、その男が、仕事で忙しい合間に、あなたに会いにきたのか、女のことだけを考えて暇をもてあましてやってきたのか、それを見極めることが大切です。そのひとつのヒントとしては、あなたとのデートの最中に仕事の電話がかかってくるようだと、つき合ってもいいでしょう。

男は、強くなるために、性的関係を結ぶものであり、その強さを、仕事に使える男が優秀なのです。ただし、たまに暴力に向かう男がいるから、注意も必要です。男は性的欲望の強い生き物ですが、それは性によってエネルギーが得られるからです。

男は女性に対して征服欲があり、女性を支配することによって、快楽を得、その結果、自分に自信を持つことがでます。

つまり、男は多くの女性と交われば交わるほど、たくさんの女性を征服したことになり、自信をさらに深めていくことができるのです。この理屈でいけば、もっとも自分に自信がないのが、童貞の男ということになります。だから、思春期の男の子は早く童貞を捨てたいと願っているのです。

女性としては、性的経験の少ない男の子のほうが好きかもしれませんが、あまり少ないと、男としての社会的能力は弱いと思っていいでしょう。もともと男は女性と違って、性的欲望が溜まるように体の構造が神様から創られており、その性的エネルギーをどこかに発散しないと、男は苛立ってくるし、疲れもするのです。

とにかく、男の人生のテーマは、その性的欲望をどのようにして抑えるか、あるいは発散してしまうか、ということで頭がいっぱいなのです。そういう男たちから女性が身を守るためには、すぐに男性とベッドインしないことです。そして、抱かれてよいのは、仕事のできる男だけです。

どんなに性が好きな男でも、仕事をしたいと頑張っている男には、バーでゆっくりと愛を語らいながら、最後にホテルへ連れて行こうと思うほど、あり余った時間がないのです。それは仕事が忙しいからです。

もし、有能な男が女性と会う時間を増やすと、当然、仕事が中途半端になって、仕事のミスが増えるし、重要な仕事も任せられなくなります。


結婚相手は思いやりのある優しい男


結婚相手とすべき男は、一言でいえば「思いやりのある優しい男」といっていいかもしれません。

もし、あなたがつき合っている男が、電車の中で、子ども抱いたお母さんや老人が目の前に立っても、座りつづけるタイプだったら、迷わず別れましょう。そんな男とつき合っていると、あなた自身も、平気で座りつづける女になるからです。

あなたが下品になるのは簡単です。
下品な男とつき合えば、一週間もたたないうちに、あなたも下品になるのです。いや、ならざるを得ないでしょう。つき合う、恋人同士になるということは、同じ行為を行わなければならないからです。いわば、それがつき合いのルールなのです。

彼が歩きながらタバコを吸い、それをポイと捨てたら、あなたはそれを拾いますか?
あるいはそれまで電車の中で、カンジュースを飲む習慣のなかったあなたでも、彼からカンを渡されたら、拒否できますか?
あるいは彼に、それはマナー違反だと、いえるでしょうか?

「うるせーこのアマ。お前に説教されるのかよ!」
と彼が怒鳴れば、あなたは黙ってしまうのではないですか?
それでも、体の関係ができていると、逃げることもできず、結局、同じ穴のメスむじなになってしまうのです。

品のない男を見破る方法は、たったひとつしかないのです。
それは「思いやり」です。小さなものへの思いやり、弱きもの、老いたるものへの同情、優しさがあるかどうか?

★ 女性としてベッドインを決心する日の条件

女性が彼とホテルへ行ってもいいと思う瞬間は、彼の自分に対する愛情を感じたときだという人もいますが、それでは危ないのです。女性とベッドインをしたいと思う男は、当然、優しさや金銭、贈り物などで愛を示そうとします。なぜなら、それは餌だからです。

愛という名の撒き餌に騙されて、体の関係を結んでしまうから、男の本音が見えないまま、ズルズルとつながってしまうのです。もし、彼を信じて体を許すのなら、彼の他人への優しさ、思いやりを見たときです。

自分に対してではなく、他人に対してどうであるか、なのです。思いやりのない男と肉体関係をもつと、女性の性格が変わっていく恐れがあります。

それが「体が汚れる」ということなのです。
彼の思いやりの現場を見たときが、ベッドインを決意する日、と覚えておきましょう。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.