トップページ

可愛いのに彼氏がいないモテない



可愛いのに彼氏にモテないとか好かれない人がいますが、それは女性が本来持っていなければならない本質と性格を持っていないからです。

美人が必ずしもモテるとは限らないのが、男と女の世界です。可愛い美人であれば、間違いなくモテるでしょうが、顔は美人でも女性の本質があまり発揮できていない人はモテないのです。

たとえば、美人なのに、色気がひとつもなく、性格もさっぱりしていて男らしさがあるような人です。男の中には、美人であれば、それだけでいいと言う人もいるでしょうが、ほとんどの男は、女性らしさに癒されたいと思っているのです。

ですから、仕事ができすぎる、性格が悪い、色気がない、理想が高くて話しづらい、女らしさがない、というような女性は男性の恋愛対象外になってしまうのです。

ですから、強くて、いい男にモテたいのなら、美貌に依存せず、生まれつきの性格は変わらないにしても、女性の本質を勉強して、少しでもしとやかで包容力のある穏やかな女性に変身することです。

たとえ美人で優しさがあったとしても、「口臭がする」、「体が弱々しい」「ファッションセンスが悪い」「自分のことばかりしゃべる」「親の悪口を言う」「趣味に没頭する」という特徴のある女性も男から相手にされません。

また、「でも」、「だって」、「どうせ」、「できない」、「面倒」、こういったマイナスの言葉をよく使う女性も、明るさがないため、モテません。マイナス言葉を言うようになると、顔にも眉間のしわとなってあらわれ、それが心にも影響を与え、周囲の人まで不快な気持にさせるからです。

どんなに美人でも、年を重ねてくると、不満の言葉が顔にしっかりと刻まれ、人が寄ってこなくなります。逆にこれらの言葉を使わない人は、会話をしていても周囲を明るくさせ、また話したいと思われるので、モテるのです。

プラスの言葉を口にする人と会話すると、相手の心まで明るくプラスの方向に向かうのです。周りから愛されている人気者の女性は、否定的な言葉をほとんど使っていないでしょう。

また、男は、自分のペースを乱すような面倒臭い女性も苦手です。用事もないのに電話をかけてきて長々と自分の話ばかりされたり、仕事中でも関係なく、何度も同じようなメールがしつこくきたりするのを嫌がります。

自分のことを「好き?」「つき合っているの?」などと何度も確認されるのも、最初は優しく対応してくれるかもしれませんが、だんだん面倒くさくなってきて返事をしなくなるかもしれません。男は同じ質問を何度もされたり、問い詰めてきたりと、しつこいのが本当に嫌いなものなのです。

女性がモテるためには、男にはなく、女性が生来持っている優しさ、我慢強さ、明るさ、しとやかさなどが身についていないとダメなのです。






可愛いのに好かれない人の特徴、共通点


女らしさがない


女性には、絶対に男にはない特徴があり、それは「女らしさ」ということです。要するに、「男は男らしく」「女は女らしく」というのが、陰陽の基本原則であり、男が女のまねをしたり、女が男のまねをしたりするのは、基本原則から外れています。


最近では女性でも筋肉を鍛えて男のような体をしている人がいますが、これでは女性だけに天から与えられている「女らしさ」の特徴である「柔らかさ」とか「まろやかさ」、「包容力」がなくなります。

当然、ホルモンのバランスも崩れ生理もなくなるなど、女性らしさが失われてしまうのです。

現代の若い女性に当てはめて、「女らしさ」のポイントをあげれば、「いつもにっこり微笑んでいる」、「話し方にガサツさがなくが知的で上品」、「そばいるだけで癒される」、「喜怒哀楽がはっきりして分かりやすい」、「茶目っ気がある」、「いたずらっぽさがある」、「声のトーンが高くて甘い」、「静かで大人しい雰囲気がある」などなど。

「女らしさ」の反対は「男らしさ」になり、女性のなかに秘めている男らしさが強く出てしまいますと、男にはモテないし好かれい特徴になります。

たとえば、「色気がなくガサツ」、「行動がキビキビして男っぽい」、「男に媚びたり甘えたりしない」、「言葉遣いに上品さがない」、「お酒が好きで酒豪」、「不潔である」、「ツンデレの度合いが強い」、「男勝りの姉御肌」などです。

国会で男と同じように口角泡穂飛ばして論戦している女性議員の姿を見ると、もはや女であるという意識も薄れ、女性としての魅力など微塵も感じられません。

それは女性としてのしとやかさとか上品さ、あるいは優しさがないからで、男にとって、そんな女を抱くのは、石を抱いて寝るのと同じようなものです。


男に興味がない


女性の「性」については、個人差が大きく、小学生から早く恋に芽生える早熟タイプから大人や社会人になっても男性に恋愛感情が湧かないという人もいます。

そういう男性に奥手なタイプの女性は、男性と恋愛経験がなく彼氏もいないまま成長してしまいます。なかには、幼少の頃から可愛すぎたため、男の子からしつこく追い回されるのを嫌い、男性不信に陥って恋に消極的になる人もいるようです。

あるいは男性と知り合う機会がないような生活をしていたため、自分から積極的に出会いを求めず、男に興味がないまま過ごしてしまったというケースもあります。

たとえば、女子中高の一貫校に進み、さらに大学まで女子大を選んだため、女性だけの生活環境に馴染んでしまい、オシャレ感覚が薄れ、化粧もいい加減になり、女性力が低下して、恋愛をする気持ちもなくしてしまったという例もあります。

どんな事情があるにせよ、生殖本能に目覚めない女性には、男も手の施しようがありません。

ちょうど、馬を水飲み場に連れて行って、水を飲ませようとしても馬にその気がなかったら飲ますことができないように、女性に恋をさせようと思って、いくら男性の多い環境に置いたとしても、女性自身が恋愛行動をしなければ、恋が成就しません。

もちろん、男性から声をかける人はいるでしょうが、気乗りしないままつき合うぐらいしかできないでしょう。


性格が悪くネガティブ


美人というのは、日頃からモテる機会が多いこともあって、自分磨きを怠ってしまうため、天然系の人がいたり、精神的に不安定なメンヘラタイプの多く、なかには好かれない人もいます。

可愛い女性の中にも、性格が悪いとか、口を開くと人の悪口や愚痴だけ言うような人もいますが、遊び相手にはなるでしょうが、決してモテる女性の範疇には入れません。

さらに神経質で面倒くさい性格、他人を見下して馬鹿にしたり気取っている高飛車な性格、気分屋でムラッ気があるなども女性も同性にも異性にも好かれることはありません。

可愛い女性でも、日常的に不満や愚痴のネガティブな言葉を言っていると周囲の運気を下げるため、好かれないしモテません。だいたい、不満や愚痴を言っているときの顔は、可愛くないですね。口角も下がり、周囲をどんよりとさせてしまいます。

男性、女性に限らず暗い表情やぐちぐちとした会話では、聞かされる相手までネガティブな気持ちにさせてしまい、印象もよくありません。どうしても言いたいなら、明るくさっと愚痴って終わりにするようにしましょう。

たまにちょっと愚痴を言うくらいならいいですが、気になる男性やつき合っている彼氏の前でいつも仕事や上司の不満を言っていては、彼氏の気持ちがだんだんと離れていくこと間違いありません。

一方、モテる可愛い女性というのは、「疲れた」「面倒くさい」「できない」「忙しい」こういった言葉をほとんど使っていないはずです。


仕事ができすぎる


確かに、仕事をそつなくこなし、仕事のできすぎる女性というのは、男性からも評価され歓迎されているのは間違いありませんが、それは女としての評価ではなく、社会的に役に立つという評価であります。

できる女性は、恋人として最高の評価を受けるものだと勘違いして、仕事にのめりこんでいく女性もいるようですが、男としての女性としての評価は別なのです。

こういう女性は、恋愛を疎かにしてきたキャリアウーマンに多く、気がつけば人生で一番大切にしなければならない彼氏がおらず、結果的に年齢を重ねて結婚適齢期を逃がしているのです。

できる女性は「仕事が忙しいので恋ができない」と言うかもしれませんが、本当は、女の可愛さを忘れてしまっているから恋ができないのです。

仕事のできる女性と飲み会をしても、仕事の延長のような堅い話しぶりで、女性としての「まろやかさ」とか「やわらかみ」を感じないし、ユーモア精神も不足しているため、男性としては、遠くで眺めるだけで近くに寄ってみようとは思いません。

もちろん、仕事もできて「かわいらしさ」も兼ね備えている女性であれば、女性としての評価は格段にアップするでしょうが、得てして仕事のできる女性は、どこかに「かわいらしさ」を置き去りにしてしまっているものです。

「いつも仕事モードが抜けず、女らしさが不足している」
「ファッションや流行を気にせず、わが道を進んでいる」
「明るく楽しい話題で周囲を盛り上げようとする気持ちがない」
など、仕事をする場合には、これらは必要ないものですが、運命の恋や結婚を考える上では、大きな致命傷なのです。

むしろ、ダラダラして少しサボっている不真面目な女性社員のほうが 、心理的には親しみが湧きやすく、デキ女より、残念なダメ女の方がモテるというのは、できる女性としては悔しいでしょう。


モテすぎて理想が高くなってしまう


若い頃にモテすぎた女性は、男の子にチヤホヤされモテて人気があったので、自分の価値を理解できプライドも高くなっています。

女性も二十歳前後なら、自分のことを棚に上げて打算的に条件を要求したとしても、許してくれる男性もいるでしょうが、アラサーになると、もう男たちも黙っていないはずです。

彼氏がいないしモテない女性の共通点は、理想を並べすぎて妥協できないことです。たとえば、「高学歴、高収入じゃないとイヤ」、「顔はイケメンで身長は175センチメートル以上じゃないとイヤ」「話が盛り上がらない人はイヤ」「ファッションセンスがない人はイヤ」などなど。

これらの条件を満たす男性が果たして何人いるでしょうか。無理な相談です。
それに気づかない女性は、「結婚したくなるような『いい男』はいないのかしら?」と寝ぼけたことを言うかもしれませんが、男も同じように「結婚を意識させるような『いい女性』は減った」と言うでしょう。

彼氏のできない女性によくあるのが、若い頃に年上男性にモテすぎて、前の恋や元カレの優しさや好待遇、楽しい思い出を引きずり、現在の彼氏にも同じ水準を求めることです。食事は驕ってもらうのが当たり前、愚痴や不満も黙って聞いてくれる、そんな彼氏を望んでいるのです。

理想を求め過ぎたり、あるいはハードルの高い条件を持ち出し過ぎると、100年たってもそれにふさわしい男性は現れないことを知っておきましょう。


行き過ぎた趣味


いくら可愛かったとしても、行き過ぎた趣味に没頭して夢中になっているような女性は、なかなか男に恵まれないし、モテないし、趣味がいい出会いを生む確率はとにかく低いでしょう。

たとえば、海外旅行が趣味という女性が、海外旅行が趣味の男性と出会えることなど、ほとんどありませんが、そもそも休暇を取って海外旅行にばかり出かけている若い男性が、仕事のできる人間といえるでしょうか。

デートよりも趣味がほうが大切と思う時点で、男性の心は冷めるでしょうし、そういう女性に魅力など感じることもないでしょう。趣味も行き過ぎると、趣味以外の世の中を盲目で渡るようなことになり、非常識な人間になり、彼氏にモテるような可愛い女性にもなれないのです。

趣味も行き過ぎて一芸に達してしまったような人、たとえば、プロスポーツ界のスーパースターは、子どもや若者の羨望の的ですが、一芸に秀でているだけで、年間何億、という大金を手にできます。職業としても若い者の憧れです。こういう一芸に秀でたスーパースターは、一般大衆から好意的に見られます。

ちょっと微笑んだだけで、いい人と見られるし、趣味を披露すれば、多彩な才能の持ち主ということになってしまいます。

ところが、一芸に秀でた人ほどやっかいで、人間的にも信用できない場合があります。というのは、とことん一芸に秀でた人というのは、その一芸以外は並以下、ふつうの人よりはるかに劣っている場合が多いからです。

たとえば、大女優などは家事などあまりしないもの。スーパーに買い物に行って、料理をして、洗濯をしてという、主婦にとっては当然のことをしないから、生活にリアルティーがないのです。当然、感覚は庶民とずれていきます。

大女優にふさわしい生活をしてきたのだから、庶民として生きる知恵も努力も必要がなかったはずです。そういう人に、世間と同じ常識を求めても無意味というものです。

趣味というのも、熱中しすぎてしまうと、たとえ素人であったとしても、人間関係の構築に支障をきたすことがあります。極端な例では、アニメなどのオタク系の趣味。秋葉原などに集まっていて、別世界にいます。秋葉原以外の日本の人たちから相手にされません。

趣味に没頭する女性は、「かわいい」とか「かわいくない」という次元ではなく、常識がないため、普通のカップルとしてはつき合いきれないのです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.