トップページ

好き避けしてしまう特徴と心理



最近、男女ともに好き避けをする人が多くなっているようです。
好き避けという言葉を耳にしたことがない人もいるかもしれませんが、「好き避け」とは文字からも分かるように、「好きだけど相手のことを避けてしまう」というような状況のことを言います。


これは、幼稚園児が好きな異性に対してあえて意地悪をするような感覚に似ているのかもしれませんが、恋愛経験の少なく、異性に慣れていない男女は、好意を持っている相手を前にすると、ついついそっけない冷たい態度をとってしまうというものです。

恥ずかしがり屋の小心者が、いろいろな心理によって、好きなのに嫌いである、つまり、好きの裏返しの「自分はあなたのことが嫌いです」というような言動や素振りをしてしまいます。

そんな好き避けのような態度をされると、「相手は自分のこと嫌いなのかな」と思うようになってしまうので、そういう特徴の人にアプローチするときには、それが「好き避け」なのか「嫌い避け」なのかをしっかりと把握する必要があります。
避けられているからといって100%嫌われているわけではないということを頭の中に入れておきましょう。

具体的な好き避けの言動や素振り、態度としては、「近づくと逃げるように遠ざかる」「目を合わせようとするとすぐに逸らせてしまう」「話しかけると素っ気なく無愛想な雰囲気をかもし出す」など、いろいろなパターンがあります。
好き避け男女の性質としては、基本的にあまのじゃくであり、本命、本気の気持ちで好きな人であればあるほど、本心とは裏腹の行動をとってしまうようです

こういう好き避けの人の特徴としては、生まれた環境とか育てられた環境に問題があり、過保護で甘やかされたとか、末っ子タイプに多く、自分から何かをしようとする気概がなく、人から与えられたり、世話されることに慣れすぎているのです。つまり、積極性がなく、いつも受け身で処世下着たため、それが好き避けの言動となってしまうのです。





好き避けする人と恋愛で成功する方法


振られても打たれ強く落ち込まない


好き避けをしてしまう人は、繊細でナイーブな面を持っているので、普通の人なら当たり前のことでも、ちょっとしたことで傷つき、翌日から冷たいリアクションで好き避けする態度に出やすいでしょう。

ですから、これぐらいの態度で出られて、へこたれるような人では、好き避けの人とうまくつき合ったり、口説くようなところまで持っていくには、ちょっと無理です。

あくまで、表面的に振られるのは仕方ないと考え、辛抱強く振られても打たれ強く落ち込まない神経を持つことです。


好き避けの人と恋愛で成功する方法としては、相手の考えていることや気持ちなど心理状態を察し、優しく包み込みながらリードしてあげることが肝心です。
相手がどんなに冷たく接してきても、軽く受け流して気にせず見守るようにしてあげることで、相手は徐々に心を開いてくるでしょう。

一緒にいる時間を長くしていけば、相手も過剰に気を遣って挙動不審な態度を取ることもあるでしょうが、お互いに理解が進んでくると、深い信頼と親交を得ることができます。
それまでは打たれ強く落ち込まず、大きな包容力で接しましょう。


二人きりの空間をつくる


好き避けの男女は、人前に出るのが嫌いで周囲が気になって仕方ないため、大人数での飲み会やグループ交際などを嫌がります。できれば二人きりになれる空間を作るようにするのが理想です。

食事や映画、あるいはドライブなどのデートに誘ってしまうのが、最もいいのでしょうが、問題は簡単に「OK」してもらえないことです。そこで好き避け男女にうまくアプローチして二人きりのデートに持ち込むのはハードルが高いと思える人は、対面でのコミュニケーションにとらわれる必要はありません。

たとえば、メールや電話、ツイッター・lineなどを利用するのも方法です。これなら、面と向かって素直に対話できない人も、電話やメールであれば本心を気軽に伝えやすくなります。それに、直接、会っているときには見せないような感情や気持ちが、文章なら、素直に表現するかもしれないし、別の一面が見える可能性も高まります。

好き避けの男女のなかには、「ツンデレ」に似たところがあって、二人きりになると、急に優しくなったり甘えたりするギャップのある人もいるようです。
いずれにしても、二人の仲を進展させて親密にしていくためには、二人きりになる空間をできるだけ多く作ることです。

メールアドレスやlineのIDを聞き出せた時点で、恋愛は成功していると思っていいでしょう。


積極的な行動力が必要


人生を成功に導く方法に、「待てば海路の日和あり」「果報は寝て待て」などということわざもありますが、こと恋愛に関してだけは、受け身でじっとしているだけでは、何の進展も期待できません。

やはり恋愛を引き寄せて成功させるためには、積極的に行動することが必要条件といえるでしょう。

学校での勉強、あるいは会社での営業だって、積極的に行動して自ら努力して勉強する人は成績が上がるし、断られても何度も顧客にアタックすることで営業成績は伸びるものです。

ですから、どんなに受け身の姿勢で待つのが好きな、好き避け男女でも、振られても振られても、懲りずに口説く姿勢が大事で、この積極的な気持ちがあれば、いずれは陥落するときがくるものです。

好き避け男女は、貝が蓋を閉めているように、心の扉を閉めているので、それをノックして開かせるためには、常にアクションをし続けて、心の扉が開かせる必要があります。
幸い、好き避け男女は、基本的に「来る者は拒まず」という特性があるようですので、無理に心の扉をこじ開けない限り、誰にでもチャンスはあります。

その方法としては、ファッションセンスを褒めてみる、朝、顔を合わせたら挨拶をしてみる、あえて気づかれるようにアイコンタクトを取ってみる、背中や肩などボディタッチをしてみる、ヒマな時にはメールやツイッターでコンタクトをとってみるといいでしょう。
とにかく、相手に自分の気持ちを意識させることです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.