トップページ

彼氏が別れたくないと思う女性の特徴


彼氏が別れたくない思う女性と早く別れてしまいたいと思う女性には、必ずそれなりの理由があるのです。
まずは、自分自身のことを冷静に見つめることが先決で、自分を知らなければ、彼氏から愛される女性にはなれません。

・ それは出会いの数が多かったのか、少なかったのか?
・ 出会いの質はどうだったのか?
・ 本人のスタイルやファッションはどうだったのか?
・ 男性経験は多かったのか少なかったのか?
・ エステに通っていたのかどうか?

それらをはっきりさせるだけで、自分に足りないものを把握できるため、具体的な対策を講じることができます。ただ、ひとついえることは、これらの対策をすべて取り入れたとしても、女性らしさがそれに加わらなければ、魅力のある男性から愛されて大切にされることはむずかしいです。

男が女性に求めているのは、ファッションやスタイルだけではなく、女性らしいしなやかさと柔らかさであり、大きく人を包むような包容力なのです。いくら学歴とか職歴が華々しかったとしても、いつも愛想がなく苦虫を噛み潰したような態度で周囲に接している人は、間違いなく男性からは嫌われます。

仲間の女性と話しているときも、言葉遣いが荒っぽく上品さがなく、歩く姿や立ち居姿にも女性らしさがなく、物を扱うときも雑な感じで扱い、穏やかで落ち着いた気品さや優雅さが見受けられないような女性です。

男は社会と闘うことで妻子を養う義務があり、そのためにはいつも心が傷ついたり、ストレスが溜まったりしているので、女性の優しさと包容力で、心身ともに癒されたいと思っています。

今からは、自分の足りないものをしっかり磨いて、生まれながらに備わっている女性の本質がそのまま素直に出るようになれば、婚活などしなくても、男のほうが勝手にあなたに吸い寄せられるように集まってくるでしょう。





彼氏が絶対に手放したくないと思う女性の特徴


言葉づかいが美しい


女性が敬語や美しい日本語を話すのは、上品で聞いていても心地良く、誰からも好感を持たれます。言葉づかいの美しい女性が上品な声で話しかけるだけで、男性の心を惹きつけ大切にしたいと思ってしまいます。


職場で愛されている女性というのは、言葉づかいが美しいのです。そして、笑顔で「おはようございます」、「お疲れさまでした」という当たり前の挨拶ができています。当たり前のようですが、意外とできていない女性が多いです。

彼氏が同年代であれば、そこまで言葉遣いに気を遣わなくても大丈夫かもしれませんが、年上の彼なら言葉遣いを気にしなければなりません。彼だけでなく、会社の上司であっても、言葉遣いはとても大切です。
あなたが笑顔で挨拶をし、正しい日本語を使うだけで、年上の彼氏や上司から優しくされ、気を遣ってもらえるようになるのです。

逆に、言葉遣いの汚い女性は、年上の男性から敬遠され、職場の上司からの風当たりも強くなるはずです。そんな汚い言葉遣いでも、あなたに好意を寄せてくる年上の男性がいるとすれば、言葉遣いや品の良さよりも若い体だけが目当ての男かもしれません。

体に飽きてしまえば、若いだけが魅力の、言葉遣いの汚いような女性に魅力を感じなくなり、あなたのもとを去ってしまうでしょう。

どんなに可愛く、おしゃれで愛嬌があったとしても、言葉が美しくないというだけで、あなたの魅力全てが台無しになるのです。プライベートや友人同士での会話なら、好きなだけ仲間内での流行っている言葉や、ギャル語などを使ってもいいのです。そのほうがコミュニケーションもとりやすいのなら、誰にも迷惑をかけないので堂々と使えばいいのです。

でも、結婚対象になり得るような彼の心を惹きつけておくためには、やはり言葉遣いの美しい日本語で、上品に話しかけることが大切なのです。


いい距離感を保てる女性


彼氏を喜ばそうと思ってすべてをオープンにしたり、彼氏の言うことをすべて聞いてしまったりすると、あなたの思惑とは逆に彼は遠ざかるかもしれません。

それを防ぐためには、あなたと彼氏との距離感を心理的にも物理的にもあまりにも近づけず、
「いい距離感、ほどよい距離感、適度な距離感」を残しておくことです。ほどよい距離感は、彼の気持ちを適度に飢えさせ、あなたにいつも会いたい状態にさせます。

女性は好きになった彼氏には、自分のことを知ってもらいたくて何でもしゃべったり見せたりしたくなるものですが、これは危険です。いつまでも楽しい恋愛を続けていくためには、少しずつ小出しに見せることが大切で、それこそがあなたが彼氏を惹きつけておく秘訣なのです。

凧揚げの糸は、少しずつ伸ばしていくから天高く雄々しく上がっていくのですが、その糸を出し切ってしまったら、それ以上は上がらず、風にあおられて落ちてくるのがオチです。

恋愛も同じで、最後の一線を越えない程度に洋服や下着を一枚一枚脱いでいけば、彼は非常に興奮するでしょうが、もしいっぺんに全部脱いでしまったら、そのときは大悦びだとしても、すぐに飽きられるでしょう。

こういう例があります。

恋愛には、「実家住まいで、比較的親のしつけもうるさい女性のほうが大事にされる」というジンクスがあります。
お互いにひとり暮らしで、いつでも自由に部屋に行き来するようになれば、おそらく彼は自然と彼女の家に入りびたり、お互いの愛も深まるのではと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

彼がいつもあなたの部屋にいるということは、化粧をするとき、寝息をするとき、裸になるとき、彼女の生活のすべてが丸見えなのです。彼はいつでも彼女を抱くことができる状態で、これでは恋の終末は遠からずやってくるでしょう。 

一方、彼女が実家の場合、結婚前の女性が毎日泊まり歩くような人は許されません。彼の家に行っても毎回終電までにはサヨナラです。こういう状態になると、彼の恋心は募るばかりで、早くご両親に挨拶をして、正式に結婚したという気持ちになります。

大事なのは、彼にすべてを手に入れさせないこと。彼の独占欲をくすぐり、「もっと深く理解し合いたい」「もっと一緒の時間を共有したい」という気持ちにさせることが大切です。


そばにいて欲しい女性


彼が少し体の調子が悪くて、「せっかくキミとのデートを楽しみにしていたのにごめん。少し体調がすぐれないのでキャンセルしてもいいかな?」とあなたに連絡があったとします。

その後、彼は何か言いたそうではありませんか。
なんとなくそばにいて欲しいような雰囲気を漂わせていませんか。そんなときには、「何か食べ物でも買っていこうか?」と、できるだけさりげなく聞いてみてください。

決して「今から行くから!」と押しつけてはいけません。よっぽどイヤでなければ彼はその申し出を拒まないからです。それでは彼の本当の気持ちははかれません。よくドラマなどで、病気になったときの彼と彼女の微妙な心のやり取りが演出されているときがあります。

たとえば、ある日、彼が高熱を出し、たまたま用があって尋ねた彼女の家で倒れてしまいます。仕方なく、彼女は彼を看病したのですが、ソファで横たわる彼はこんなことを言います。「なんか、こういう具合が悪いときって、なぜかふとキミみたいな女性に甘えたくなるんだよな」

★ 実は、彼の発言は、本命の女性にしか贈らない最上級のサインなのです。

見栄を張らなくても、いちいち面白いことを言わなくても、一緒にいるだけで元気になれて、自然でいられる、甘えたい気持ちも恥ずかしがらずに出せる。

男性にとっては、薄れ行く意識の中でもコミュニケーションしたいと思える女性こそが大事なのです。それこそ、彼が相手を完全に心の中に迎え入れている証拠です。



あきらめない女性


女性は、一度恋愛で失敗してしまうと、それまでの自分をすべて否定してしまう傾向があり、「もう恋なんて二度としたくない」とまで思ってしまうことがあるでしょう。


ですが、男性は、そういう欠点とか失敗とか生傷が見え隠れしながらも、あきらめないで、しっかりと前を向いて微笑みポジティブに生きようとする女性を、大切にしたいと思っているのです。


それは簡単なようでいてなかなか難しいことですが、それができたとき、あなたはもう大好きな彼になくてはならない存在になっていることでしょう。

一度の失敗で心を閉じ、ものごとをネガティブに考えるのは人生でもっともよくないことです。それは自分らしく生きることを放棄して、苦手な人間を避け、恋を避け、友達からも避けて、自分の本当の心からも避けているからです。

こういう女性は、自分のよくない部分は気をつける必要がありますが、次には自分の心の中にある熱い部分を積極的に出すようにこだわるべきです。

★ 落ち込んだときにどんなリベンジを見せるか?

再び純粋に人を信じて生きる、その前向きを男性は観察しています。倒れても何度でも起き上がる、全身傷だらけなのにそれでも前向きな女性は魅力的です。そんな女性を男は大切にします。

そういう女性は「共感と勇気」の両方を人に与えますが、悩みや欠点がまったく見られない人は大切にされません。あなたは、悩みや苦労をいつも心に秘めた、ひとりの人間です。
「打ちのめされた後、どうやって起き上がるか?」ということが一番大事になるのです。その瞬間を男性は目を凝らしてみています。


彼氏の前で悪口を言わない女性


彼氏の前では何に対してでも悪口や愚痴を言わない女性がいますが、こういう女性を男性は絶対に手放したくないと心底思います。


他人の悪口を言う女性に好感を持つ男性はいませんが、問題なのは、本人に悪気の意識がないまま、ただの会話の話題として有名人や誰かの悪口を言う女性です。本人は、悪気がないのですが、聞いている彼氏は不快な気分になるのです。

たとえ彼があなたに好意をもっていたとしても、会話でちょこちょこ悪口を言っていれば、だんだんと気持ちが冷めてきます。とくに彼の友人の悪口は、完全に彼の心が離れるので要注意です。あと、彼の行きつけのお店の文句も、言わないほうが賢明です。

女性同士で誰かの悪口を言って盛り上がるのはかまいませんが、彼氏の前や男性の前で言うのはやめましょう。特に、相手の男性の好きなもの、人、趣味などに対しての悪口は絶対に言ってはダメです。

男性は、自分の好きな何かに対して悪口を言われると、かなり気分を害すると、言った女性のことを嫌いになる場合もあるからです。

あなたがあまり好きではない人や、物事の話題になった時でも、それに対して悪口を言うのはやめ、それよりも、もっと会話が楽しくなるような話題を見つける努力をすることです。

たとえば、あなたがサッカーを嫌いだとします。そこで、彼がサッカーの話題を出したときに、「私サッカー嫌いなんだよね」と言えば彼は当然ムっとします。その後の空気も、白けてしまいますよね。わざわざせっかくの彼との会話を嫌な雰囲気にしてはいけません。

そんなときは「私宝くじ買いたいんだけどサッカーのくじっていうのも売っているんだよね」くらいに答えておけばいいのです。そして、そのままさりげなく別の話にすりかえてしまえばいいのです。彼の好きな人やものの悪口は、絶対に言わないことです。逆にあなたが嫌われてしまいます。

女性だって、自分の好きな人や物の悪口を言われたら腹がたつでしょう。男性は特にそれが大きいのです。


はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.