トップページ

女性の心を夢中にさせる



遊びでも、仕事でも、何でもマンネリ化して次の行動が予測できるようになると、それに興味がなくなるは誰も経験しているでしょう。

まして、好きな彼女とのつき合いでマンネリかしてくれば、なおさら恋に刺激がなくなり夢中にさせる気持ちも薄れ、早晩破局するのは目に見えています。
特に、女性は変化を好み、新しいことにチャレンジしたいと心で思っているものです。

あなたは、こんなデートをしていませんか。
いつも、同じような場所で食事をするとか、あるいは映画を観たりして、あとは公園を散策したり、喫茶店でしゃべったり・・・・。

恋愛というのは、もともと非日常的な感情で、会っているだけで興奮し、そしてさらに刺激を求めて男女の仲が深まっていくものです。

それがいつも同じデートパターンだとしたら、女性の心を夢中にさせることができず、あなたからこれ以上つき合っても、心が高ぶることがないと思って、だんだんと彼女の心が離れていくでしょう。


最後には、愛想を尽かされて、「私たち、合わないみたいね」とつれなく「おさらば」をされるのです。

要は、こんな男とつき合っていても、何も興奮しないし、夢中になるような新たな刺激がないからです。男はいつも、女の心にカンフル剤を打ち続けなければならないのです。

それでは、どうしたら彼女の心を夢中にさせて熱くさせることができるのかといえば、恋愛は、明らかに友だち関係とは違い、二人の関係をより親しくして、最後には心も体も結ばれたいと思うものですので、それを相手に期待させて気持ちをだんだんと高揚させていくのです。

たとえば、今日は手をそっと握ったのなら、次は肩を抱き、その次は腰に手を回すなど、徐々に二人の関係を深めていきますと、彼女も次に会うときには、「今日はなにをされるのだろう」とドキドキ感いっぱいになって期待をふくらませるものです。

そうなれば、彼女の身も心もすでに緩んで、あなたに夢中になっていることでしょう。

ここでは、女性の心を夢中にさせる方法やテクニックについて紹介しましょう。





彼女を夢中にさせる方法


花束をサプライズしてプレゼント


男性は、よほどのことがないかぎり、「君を世界中の誰よりも愛している!」などとは言えませんが、女性には、言葉か態度ではっきり「好きという気持ち」を示さないと伝わりません。

ここで、「君を誰よりも愛している」などと歯の浮くようなセリフが言えない人は、ぜひ花束をプレゼントすることを推奨します。

この花束も、誕生日など、特殊な日に贈ってもあまり効果がなく、できれば、普段の生活の中で、ちょっとした出来事があったような日にサプライズを兼ねて贈ってみるのです。

この花束というアイテム、女性にはたいてい効果があり、花を贈られただけで、女性は男の愛情をしっかり感じ取り、確実に喜んでくれるし、彼女を夢中にさせるには良い方法なのです。

花を飾るだけで元気になる、疲れが取れるなんて言う女性がいるほど、与える効果はとても絶大で、きれいな花束をもらえれば、それだけで嬉しいものです。

ある調査によれば、花の種類は、「バラ」を望む女性が多数を占めており、花束をもらうと、恋人から大切にされているなと実感するという人もいます。さらに、花束をもらってから、さらに彼のことが夢中になるほど好きになったなんて告白も。

女性にとって、「花束をプレゼントされるということ」は、男性が思っている以上に意味を持っているのです。

女性に贈るタイミングとしては、ケンカをしたときなどに、電話やメールで謝ろうとすれば、うまい言葉が見つからず、逆にケンカに火をつけてしまうこともあるので、真っ赤なバラにメッセージをつけて送り届けてもらえば、それだけで彼女の心はメロメロになり、夢中にさせることができるでしょう。

こういうときのために花言葉の意味ぐらいは知っておきましょう。


二人の記念日はしっかりメモをする


女性とつき合うと分かりますが、やたら記念日を作りたがるし、自分が設定した記念日にこだわる人が多いものです。

今日は「最初の初デートの日」、「初めてキスした日」とか、あるいは「初めて一泊旅行した日」、「交際1年目に当たる日」とか、言い出したらキリがありませんが、よくもそこまで二人の記念日にこだわるなあと思えるぐらい、記念日好きです。

男の恋愛は日常生活の一部にしか過ぎませんが、女性の恋愛は全生活に関わるだけに、恋愛に関しての記念日は、忘れられない日であったり、今までとは違うといった非日常的な出来事なのです。

彼女の頭の中には、数え切れないほどの記念日が蓄積されていますが、そのひとつでもあなたが忘れていたら、「愛情が薄い」とか「私を愛していない」などとなって大変なことになります。

そして、そういう二人の記念日には、彼女のほうから、「私と始めてデートをした日、覚えている、あれからもうすぐ1年になるのよ、早いわねえ、記念日は何をする?」などと言われたら、あなたとしては、それはしっかり企画を立てて彼女の期待に応えるだけのイベントを用意しないと納得しません。

★ 二人の記念日はメモをしておき先手を打つ

彼女が気に留めているであろう記念日はすべてメモをしておき、その記念日が近づけば、彼女から話を切り出す前に、あなたのほうから、「初デートから1年になるのか、いろいろ大ゲンカもしたけど、次の○日の記念日には、初デートと同じコースを歩んでみないか」などと言って、彼女から話を出される前に提案するのです。

そうすれば、煩わしい企画もせずに済みます。
そのうえ、「あんなことまで覚えていてくれたんだ」と、彼女は感激するでしょうし、あなたの優しさに夢中になるかもしれません。
まさに一石二鳥で、彼女の心を夢中にさせることができるでしょう。


彼女のキーワードからサプライズ


女性は、他愛もないおしゃべりが好きで、街で知り合いにでも会おうものなら、廊下でも階段でも、あるいは道端であろうと、買い物中であろうと、とにかくしゃべりまくりますね。

男には考えられない光景ですが、いざ、あなたと彼女の会話では、たとえ意味のないような話でも親身になって聞いてあげることが大切で、それだけであなたの点数が上がるのですから不思議なものです。

しっかり聞いてあげるだけでも、あなたは合格点ですが、彼女をさらに夢中にさせて引きつけるためには、彼女の何気ない会話をたんに聞き流すだけではなく、会話の中に彼女の興味とか、好きなもののキーワードが出てきますので、それを聞き逃すようでは、まだまだ修行が足りません。

★ 会話中にキーワードが出たらメモっておくこと


普段から彼女の発言には注意していて、キーワードが出たら、しっかりメモっていて、何かの機会にそれを利用しない手はないです。
キーワードは、すばらしいサプライズを演出する絶好のアイテムになるからです。

具体的にどうするのかと言えば、たとえば、「彼女が東京ディズニーランドが好きだ」という話があり、ミッキーマウスなどのキャラクター商品を身につけているとしたら、あなたも東京に出張でも行った際にディズニーランドへ寄ってみることです。

そこで、彼女の気に入りそうなキャラクター商品を買ってプレゼントにすれば、彼女の驚きと喜びはひとしおでしょう。
「こんなことまで覚えていてわざわざ買ってきてくれたんだ、ありがとう」と、あなたに対する気持ちを新たにし、これまで以上に夢中になるでしょう。

あるいは、彼女が好きなアーティストのことを話していたら、そのアーティストのコンサートのチケットを手に入れて、いっしょに見に行くこともよいでしょう。
やはり、私の好きなアーティストを覚えていてくれたんだと、ますますあなたに惚れ直すはずです。

些細なことですが、こういうところに気を配ってサプライズ効果を高めれば、いつもとは違う嬉しい気持ちになって、ひょっとしたら・・・・・・


性的に刺激されるモノをプレゼント


女性は、理論的に物事を構築したり、筋道だって頭に描くことは苦手で、できるだけ具体的にイメージできなければ、理解できないように創られています。

たとえば、クルマに乗って、行き先を見つけようと地図を広げたときに、クルマの進行方向と地図の方向が一致するように、地図を横にしたり逆さまにしたりして、グルグル回しているのを見たことはありませんか。

あれなどは、自分の頭の中で、地図を理論的に見ることができないのです。

プレゼントをするにも、この女性の原理を応用して、女性が性的に刺激され妄想が膨らむようなモノを選べば良いのです。それだけで彼女の心を虜にして夢中にさせることができます。

できることなら、女性が直接肌につけるような下着ならいいでしょうが、いきなり下着というのも難しいでしょうから、指輪とかイヤリング、あるいはブレスレットや時計などでもいいでしょう。

なぜかというと、女性はモノゴトを抽象的に考えるのは苦手で、具体的にモノゴトを把握しようとする習性がありますので、肌に直接触れるプレゼントなら、それだけで相手の存在を具体的に意識してしまって、それを見るたびに思い出すというものです。

そして、それだけにとどまらず、直接肌に触れるものなら、そこから妄想はふくらみ、男の肌に触れる、キスをする、熱い抱擁をする、といったふうに、彼女の心は性的に刺激されドンドンと妄想が広がっていくのです。

そうした意識は、もちろん一日中あるわけではありませんが、時計なら、それをつける瞬間、あるいは外す瞬間に、具体的妄想が呼び起こされます。その小さな積み重ねがやがて、彼女の心を大きく支配するようになって、相手の男性と肌を重ねてしまったような錯覚に陥り、あなたに夢中になってしまうのです。


「愛している」という言葉より行動


女性は、地に足が着いた考え方をする本質があり、男は大きな夢を語り、常に大空に飛び立とうとする本質があります。

このことから、男は、女性の言葉から、その人の気持ちをイメージして、好きな女性のホンネを探ろうとします。

一方、女性は、男の気持ちは行動に表れるという考え方をするため、男性からいくら言葉だけで「好き」とか「愛している」と言われても、それだけでは信用しないし、夢中になれない「動物」なのです。

★ 女性は、男の本音を、言葉よりその行動から読み取ろうとする


たとえば、
「道路を並んで歩くときには、車道に近いほうを男性が歩いて女性を保護する」
「クルマに乗るときには、彼女のためにドアを開けて誘導する」
「人通りの多い街中では、彼女の手を引いて周囲から守る」
などすれば、彼女は、「この人は私のことを大切に思ってくれて、守ってくれている」と思い、夢中になってしまうのです。

女性には、言葉で「愛している」と言うだけではダメで、それに行動を伴うことが必要ですので、「愛しているよ」と言いながら何か彼女の好きなモノをプレゼントしても良いでしょう。

女性を夢中にさせるためには、小さな行動と積み重ねが大切で、それであなたが彼女から信用されるようになれば、あなたの前で心も体も開いてもいいと思うようになるのです。
一度信用すれば、あとは無条件であなたの言いなりになるのです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.