トップページ

あきらめきれない恋の叶え方



★ 好きと言わずに相手を落とす方法

片思いの相手を好きにさせるには、自分から告白すべきではありません。
相手を落としたいのなら、自分から好きと告白してしまうのは愚考です。
相手に好きと言わせてこそ恋愛はうまくいくし、相手があなたに執着するからです。

それはあなたが彼の恋愛対象内であっても、対象外であっても、同じです。では自分から好きと言わないとしたら、どのようにして相手に好きと言わせればいいのでしょうか。

★ まず、相手を好きにさせるには、自分が相手の恋愛対象内か対象外かを知る必要があります。

恋愛対象内とは、ある男性がその女性と体の関係を持ってもいいと考えるということです。それは「大好き」からはじまり、「付き合うのは抵抗があるが、体の関係をもってもいい」まで含まれます。

一方、恋愛対象外とは、その男性があなたと体の関係を持つ気がしないということです。あなたが好きな男性の恋愛対象外か対象内かで、好きと言わせるコツが全く異なります。

まず、どのようにしてその二つを見分けるかですが、恋愛対象外の場合は、彼からあなたにある一定の距離以上近づくことは決してなく、その距離以上あなたが彼に近づけば、彼は遠ざかる行動をとります。

たとえば、彼からメールがきて、あなたがたくさんメールを返せば、彼からのメールは止まる。あなたがテンションの高いメールを送ると、彼の送信はなくなる。しつこくあなたがメールを送れば、返事がくることはあるかもしれません。それは優しい言葉かもしれませんが、明らかに嫌々で。それ以外の場合、メールはこない。

彼がメールで何を書いていようが、彼がこのような行動をとるなら、あなたは恋愛対象外でしょう。彼はあなたに好かれるのは嫌な気がしないにしても、あなたが付き合う距離までくるのを恐れているのです。

恋愛対象内なら、放っておいても彼から何気ないメールがきます。あなたからメールがくれば返事がきます。あなたに彼が近づく行動をとれば、彼はそれにのり、彼からデートに誘ったり、何気なくあなたに近づいてきます。彼はどんどんあなたとの距離を縮めようとするでしょう。
彼が奥手の場合でも、あなたが徐々に近づけば彼が遠ざかるということはないはずです。

自分からの告白に関してもう一度、言いますと、もしあなたが彼の恋愛対象外なら、あなたから彼に好きと言った瞬間、彼はあなたを避けるようになるでしょう。
あなたの優しさも、あなたの誘いも、全てが彼の心を離れさせてしまいます。あなたの急速に距離を縮める行為に恐れ、逃げ出していくのです。

もしあなたが恋愛対象内なら、あなたが好きと言ってしまえば、彼はあなたを手に入れるために努力することなく、あなたを手に入れてしまうことになります。すると、彼はあなたに強く執着しないため、付き合ったあと、ほかの女性へ興味がいったり、あなたよりも友達や仕事を優先する可能性が高くなります。

だから恋愛対象外でも恋愛対象内でも、自分から告白するのは愚考なのです。





好きな人を落とすには「好き」と言ってはダメ


彼の気を惹くテクニック


では、どうすれば、好きと言わずに相手を好きにさせることができるのでしょうか?
あなたは恋愛映画やドラマを見て切なくなったことはないでしょうか。主人公の女性の切なさや、相手役の男性の好きという気持ちが痛いほど伝わった経験はないでしょうか。

実は、好きと言わずに相手を好きにさせるには、あなたがシナリオライターになり、彼にドラマや映画のような切ない思いをさせ、好きだと告白されることが大事です。
あなたが片思いをしていて彼と両思いになりたいのなら、あなたは片思いの女性が両思いになる映画のシナリオライターになり、シナリオを書き、その主人公を演じます。

彼はそれを知らずに、あなたが書いた相手役の男性を演じながら、同時にその映画を見ている観客となり、やがてあなたに惹かれていく。彼の言動があなたの書いたシナリオ通りなら、あなたの気持ちは彼に通じていて、やがて彼はあなたに告白することになります。

どのような駆け引きの場合でも、まずシナリオを書き、その主人公を演じ、彼がそのシナリオ通りに動くかどうかを観察し、その通りに動かないのならシナリオを書き換え、新しい行動をとることが重要となります。

このシナリオは、あなたが自由に書けるわけではありません。まず相手の役どころは決まっています。あなたの役どころも決まっています。あなたの目的も決まっています。
あなたの目的は彼があなたを好きになり、告白するということです。


「自分を好きになり、告白する」までを演出


そうなるとシナリオは自然に決まります。なぜシナリオが自然に決まるのか? それは、人間のとる行動は基本的に決まっているからです。たとえば、「明日、今まで私のことをどうでもいいと思っていた彼が急に私のことを大好きになり、告白してきて、私はそれを受け入れる」というシナリオは成り立ちません。人はそのように行動しないからです。

したがって、あなたがさまざまなこと正確に知らなければ、いいシナリオは書けません。
まずあなたが知るべきことは、あなたが彼にとって、恋愛対象外か恋愛対象内かということです。そしてさらに、いろいろなことを知る必要が出てきます。
・ 彼にはどのくらい女性経験があるのか?
・ 彼に今、恋人はいるのか?
・ 彼の趣味は何か?
・ 彼の劣等感は?
・ 彼の家族構成は?
・ 彼は女性をどう扱うの?
などです。

また、あなたはあなた自身を正確に知る必要がありまます。たとえば、
・ あなたの見た目はどのくらい魅力的なのか?
・ あなたは彼にどう映っているのか?
・ あなたの会話は彼にとって楽しいのか?
などです。さらに男性の性質、女性の性質、人の性質を知る必要があります。
正確に知れば知るほど、正確なシナリオが決まります。

たとえば、あなたが彼の恋愛対象外だとしたら、あなたは次のシナリオを演じることになります。そのシナリオは、相手の男性目線で書く必要があります。


「その女性はなぜか俺に優しい。俺はそれと知らずに、ずっと彼女の優しさに甘えている。俺は彼女の魅力に気づかず、ほかの女性を追ったり、付き合おうしたりする。その間、俺と彼女にはさまざまなことが起きる。ある女性とうまくいかなくなったとき、(あるいは、仕事がうまくいかなくなったとき)、ふと俺は気がつく。ずっとそばにいた、この彼女こそが、自分の愛する人だと」。
あるいは「彼女が僕の元を去っていこうとしたとき、僕は突然、彼女の大切さに気づく」となる。

これは典型的なシナリオで、この中に自分や相手、実際に二人の周りにいるライバルの役どころを入れていく。
たとえば、この中に「よく見たら彼女は可愛かった」ということが入るかもしれないし、この中に「俺が付き合っていた女性はいつもダメ出しばかりし、そのとき、彼女がいつも俺を支えてくれていることに気づいた」ということが入るかもしれません。

ここで重要なことは、あなたが彼を好きだということを彼は知らないということです。


好きだということを気づかれてはいけない


もしあなたが彼を好きだということを彼が知っていれば、あなたの優しさや支える行為は、あなたのエゴになってしまいます。片思いの映画のシナリオに、「あなたの優しさに彼が気づいていない」というストーリーが多いのは、このためでしょう。

たとえば、あなたが彼の恋愛対象内なら、次のようなシナリオになるでしょう。
「俺は彼女のことを気に入っていた。でも、俺の思いはなかなか彼女には伝わらない。あるとき彼女は楽しく振る舞い、あるとき彼女はとてもそっけない。彼女は俺を好きなのだろうか? 分からない。俺が電話をしても話し中だったり、繋がらないことがある。でも、一緒にいると楽しそうだ。数ヶ月たったあるとき、彼女をデートに誘い、勇気を出して告白した。彼女は笑顔で俺に言った。『ずっとあなたのその言葉を待っていたの』」
という感じです。

このシナリオで重要なことは、あなたは彼に好きだと確信させてはいけないということです。「俺を好きなのか? そうでないのか?」と悩ませる必要があります。

そのようなシナリオを書いたら、行動に移ります。あなたの役どころは決まっているのだから、送るメールの内容も頻度も自然と決まるはずです。恋愛対象外の女性であれば、まずは日常の会話を足がかりに、なんとか彼と繋がることです。でも強引に繋がれば、彼はあなたの下心に気づいてしまいます。
焦らずチャンスを待ち、知恵を絞ってチャンスを作るのです。

なんとか彼に関わることができれば、彼に「好き好き光線」を出すのではなく、彼の価値観や仕事のつらいところなど、内面的なものに触れることが重要となるでしょう。
あるときは、単に楽しい話をするだけかもしれない。あるときは、あなたに自分の生き方を語る。あるときは彼は、会社の愚痴をこぼすかもしれない。彼がたくさんのことをあなたに話すようにする。あなたはよき友達として、よき理解者として、彼を支える。

このとき彼は、あなたが彼を好きだということに気づいていないということが重要です。彼があなたを好きになることがまず先決です。


恋のシナリオはうまくいくまで書き直し


相手が思わぬ方向にいくことはよくあります。たとえば、
・ 手に入りそうな距離にいたはずなのに、連絡が全くこなくなる
・ デートで盛り上がるはずが、今日の彼の態度は上の空
・ パーティーで別の女性とイチャイチャしている
など。また、最初から思い通りにいかないことがあります。
・ どうしても彼と接点を持てない
・ 彼はいつも隣にいるのに、どうしても会話ができない

その場合、あなたは慌ててはいけない。恋というのは、慌ててうまくいくことはほとんどないものです。落ち着いてもう一度、シナリオを書き直す。もしかしたら、彼には別に恋人がいるかもしれない。もしかしたら、彼にとって恋愛対象外かもしれない。彼の行動がしっくりくるようにシナリオを書き直さないとうまくいかないでしょう。

シナリオは常に書き直しするのです。シナリオを書く行為は彼を正確に知る行為であり、自分を正確に知る行為でもあります。彼の背後で起きたことの予想も含め、シナリオと彼とあなたの関係にズレが生じなくなったとき、あなたは彼を知ったことになります。

そのシナリオが書けるとき、そして、シナリオ通りに行動できるとき、あなたは好きと言わずに相手を好きにさせるコツを身につけることになるのです。

男性によっては、どうしても彼が恋に落ちるシナリオが書けないときがありますが、彼を得たいのなら、それでもシナリオを書くしかありません。

書けないシナリオは基本的にはありませんが、世の中に男性はたくさんいます。男性があなたを好きになるというシナリオを書きやすい男性を選ぶのも大切です。


はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.