トップページ

嫌いな男性からの誘いの断り方



男性の場合だと、好みでない女性から誘われたとしても、断り方に悩むようなことはなく、いつでもデートに応じるものです。なぜなら、男は多くの女性をキープすることで、いつでも肉体関係を持てるように「都合のいい女」を抱えておきたい本能が強いため、女性からのデートの誘いを断ることはないからです。

男の女性の好みのハードルは低いように神様から創られているので、生理的に嫌いな女性というのは、10人中、一人ぐらいしかいないのです。

一方、モテる女性は、好きでもない嫌いな男性とか迷惑な男性から誘いを受けることは、よくあることでしょうが、男と違ってその断り方に悩むことも多いはずです。

とくに仕事が絡んでいたり、友人関係が絡んでいたりすると、なおさら難しく、気まずい断り方をしてしまうと、あとあと人間関係や営業関係に影響することだってあります。

さらに、あまりモテすぎると、日ごろから同性から嫉妬の的にされて苛められたり、あるいは、嫌いな男からストーカーのようにしつこく迫られて迷惑するなど、ストレスを抱えることも多いでしょう。

恋愛とは不思議なもので、好きな人には好かれずに、好きでないどうでもいいような人には好かれ、そのうえガンガン向こうから攻めて来るものです。

とくに男は、種族保存の本能から、胸の大きな女性、外見に色気があって可愛い雰囲気を持っている女性を見ると、性的対象として口説いてきたり告白したりします。たとえデートの誘いであっても、注意しておくことが大切です。

今回は、そのような嫌いな男性から誘いがあったとき、トラブルに遭わないように角を立てず、やんわりと断る方法を身につけましょう。
そのためには、身を守るためのイヤな男を避ける回避技術、防衛テクニック、優しくスマートで上手な断り方、会話術を覚えておくと、いざというときに役立つことでしょう。





好きでない迷惑な男を遠ざける方法


デートの誘いを角を立てずに上手に断る方法


デートの誘いも気になっている男性からだと、待ってたとばかりに喜び勇んで応じることでしょうが、全く気にも留めていなかった男性や、嫌いで避けていたような男性からデートに誘われたら、どんなに断りづらい相手でも、角を立てずにやんわり上手に断りたいと思うでしょう。

ですが、予定が合わない、誘い方がいまいち、デートプランがいまいち、などのはっきりしない曖昧な理由で断ったとしたら、相手の男性にもまだチャンスがあるかもしれないと思って、問題を先送りしただけに過ぎないこともあります。

最悪の場合には、ストーカーやつきまとい男に変貌し攻撃性が出てくることもあります。そこまでいかなくても、連続メールから無言電話、最終的には自宅を訪ねてくるかもしれないし、逆恨みされて嫌がらせの度合いも強くなることもあるでしょう。

ですから、そんな状況を未然に防ぐためには、最初の段階で適当な言い訳を見つけて、好きじゃないという明確な拒否の言葉と態度を示す必要があります。

でもその相手が同じ職場の同僚や上司だったり、友達の知り合いだったりする場合、下手な断り方をしてプライドを傷つけたりすると、後々の人間関係にトラブルが生じる可能性があります。

こんな時は、上手に相手を傷つけずに角が立たないように配慮をしながら、誘いを断りたいものです。

具体的で上手な断り方としては、次のような方法がありますので参考にしてください。

★ 上司や先輩など目上に対する上手な断り方

・ 後輩の面倒見がいいですね。でも、○○曜日には予定が入っているの
・ 今は仕事に打ち込みたいので家に帰って勉強する
・ 現在、同棲している彼がいるから、食事の支度をしないといけないの

★ 鈍感なタイプの男性に対する上手な断り方
・ごめんなさい。現在、彼氏がいるの。他の男性と会うのは禁止されているの

★ 友だちが紹介した男性からの断り方
・ 二人きりでなく、他の友だちも呼んでワイワイするほうが好きなの
・ ごめんなさい。仕事が忙しくて疲れていて、そんな気分じゃないの

★ 取引先の男性からの上手な断り方
・ 会社では取引先との個人的な飲み会や交際は禁止されているの。ごめんなさい。

ここで、注意したいのは、間違っても、「後でまた連絡するから」「誘ってくれてありがとう」などと言ってはいけません。曖昧な態度で少しでも期待を持たせると後々付きまとわれるきっかけになります。

角を立てずに上手に断ろうとしても、なかなか引き下がらない相手に対しては、ダイレクトに「他に好きな人がいるの」と伝えることです。
女性は本音を隠しNOと言うのが苦手な人が多いようですが、ストレートに言うのがお互い最もわかりやすく傷が少ないし、相手から付きまとわれたりすることもないでしょう。


嫌いな男性には絶対に気を持たせてはダメ


女性は優しい性格から、嫌いな男性からのデートの誘いを断るときにも、拒否の姿勢が徹底されていないため、男のほうが勝手に勘違いして、猛烈にアタックしてくることがあります。

ですから、嫌いな男性に対しては、絶対に気を持たせてはダメで、なるべく一回の「NO」で終わりにさせて、次回の誘いをきっぱりと断りたいものです。

そのためには、メールや電話が来たら、一度断りを入れて後は完全に無視することです。自分では誘いを受ける気がまったくなくても、メールを返信したり電話に応じるような曖昧な態度を取っていると、相手は「押せばなんとかなる」と思って、前以上にアプローチしようとします。

★ 男性を傷つけずあっさり諦めさせるためにも、最初の一回めで、薄情に思われても厳しい態度で臨み、絶対に気を持たせないことです。

「一度でいいから会ってくれ」と言われても会う約束をしてはいけません。
粘着質タイプの男性は、どんな誘いを受けても馬耳東風で、完全にスルーして毅然たる態度を示さないと拒否されていることに気づかないのです。

別に相手とケンカを売る必要はなく、ただ完全に無視して知らん顔を決め込むことが重要です。

また、過去に体の関係まであった元カレから誘いの電話があることもあるでしょうが、付き合うつもりがないのに、つい情にほだされて会うようなことになると、ストーカーになったり、現在の恋人との別れ話のきっかけになることだってあります。

なかには、いくら誘いを断っても、それらを無視して迫ってくる男もいますので、そんなときには、法的手段、すなわち警察に通報することも必要とします。被害届が受理されれば、対象の半径数十メートルに立ち入ってはいけないというルールを警告することもできます。

ですから、大きなトラブルになる前に、嫌いな男や脈がない男には愛想笑いなどもしないように注意することです。また、あえて目を合わせない、話しかけない、素っ気無い態度で冷たくするということも身を守るテクニックです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.