トップページ

男運がない女性とは



同性からは人気があるのに、なぜか男にモテない女性がいますが、そういう女性は男運がないものです。

逆に、同性からは人気がない女性は、なぜか男にモテる人が多いとも言われています。
このタイプの女性は、「いやねえ、あの人!」と、同性から悪口をいわれることになるわけですから、こういう女性は、セクシーで男に甘えるのがうまいはずです。

女性のタレントでも、なぜか鼻にかかった声で、甘えるように男の体に寄り添ってくるような人もいますが、そういう女性は同性からみると男に媚を売っているようで許せないのでしょう。

しかし男は、こういう女性が大好きなのです。体をこすりつけられたら、もうデレデレになってしまいます。

女性の多くは、大勢の前でセクシーさを発揮するのは、ルール違反だと思っている節がりますが、セクシーな面は愛する男に見せるもので、むやみに媚を売るのははしたない、という意識があるのかもしれません。

女性なら誰でも、男性の前で甘えたり、セクシーさを発揮すれば、男から好意を寄せられことはわかっているはずですが、それを敢えて同性の前でやるのが許せないのでしょう。

そのため、同性の間で人気がある女性は、「さっぱりタイプ」で、職場でも、どちらかというと男っぽいタイプ、姉御肌タイプは基本的に人気があるはずですが、それは裏を返せば「男にモテない女性」「男運のない女性」という奇妙な安心感があるからでしょう。

男と女は、互いに正反対のタイプに惹かれるものですから、男にとって、姉御肌でさっぱりタイプの女性はお呼びでないのです。

さらに、実はもう一つ、女性には大変な人気があるのに、男にモテそうでモテないタイプがいます。それは「時代の最先端を行く」女性です。

たとえば、浜崎あゆみにしても、倖田來未にしても、エロチックで可愛いのですが、男にモテたかといえば、そうでもないようです。男にモテてもよさそうですが、実はそうでもなく、実際、二人のファンの多くは女性です。

その理由は、意外に男の本質は、保守的だということです。

男は甘えてくるタイプなら安心してかわいがりますが、セクシーさでぐいぐい押してくる女性は、遊びの相手してはよくても、恋人や妻など自分のパートナーとしてはふさわしくないと思うのです。

このことを知っておかないと、男運をつかまえることはできません。さらにいえば、「エロかわ」タイプは、多くの男たちを楽しませるには適していますが、肝心の、たった一人の男性をつかまえるのは難しいのです。

「自分の女」となると、男は安全で保守的で、女っぽいタイプをほしがるのです。





男運がない女の特徴


男運は付き合った男の価値で決まる


男性が、「キミほど、僕の胸を熱くした女性は、過去にも未来にもいないよ」などと女性に言えば、心が動く人もいるでしょうが、男としては、肉体関係が持ちたければ、いくらでも歯の浮いたようなセリフがポンポンと飛び出すものです。

女性の中には、こんな男の言葉を真に受けて、抜き差しならなくなった女性がいますが、こういう女性に限って、男たちは群がってきます。それは女性がモテるからではなく、付き合ってきた男を見ているからです。つまり、簡単に落とせそうだからです。

★ 男運の良し悪しは、これまで付き合ってきた男の価値で決まる

男たちは、その女性がどれぐらいの価値があるかを知りたがるもので、そのレベルの尺度になるのが、その女性が過去につき合っていた男のレベルなのです。そのレベルによって、自分が挑戦できるかどうかを判断するのです。

つまり、過去やいまの恋人が大した男でなければ、その経歴が、次もどうでもいい男を呼び寄せるのです。女性は自分の魅力に惹かれて男が寄ってきた、と思うでしょうが、実はそうではありません。

たとえば、会社内に次のようなつき合いをしている女性が二人いたとします。

Aという女性は、会社内でも、有能で将来の出世が約束されているような男とつき合い、Bという女性は、ギャンブル好きの遊び人タイプの社員とつき合っていましたが、二人とも、その後、どういう理由かはわからないが、別れてしまいました。

するとどうでしょう。有能なやり手とつき合っていたA子には、だれも声をかけようとしませんでしたが、B子には、なん人もの男たちから誘いがかかったということです。
ですが、どれも大した男ではありません。

つまり、女性の価値、レベル、あるいはランクというものは、つき合っている男の価値で決まるということであります。

ここが非常に重要な点で、その他大勢の男たちは、安心して声をかけられる女性を探し回っており、A子を気軽に誘わないのは、有能な男に匹敵するだけのものを自分が持っていないと考えているからです。

ですから、レベルの高い男性とつき合っていると、必ずそのクラスの男性が周りに寄ってくるのです。もちろん、男も、少々下品な女性と遊んでいると、およそどうでもいいような女性とめぐり合わせる循環になっていきます。

「運命は同じチェーンで結ばれている」といわれる理由がここで、女性はできるだけ質の高い男たちとつき合わないと、男運はアップしません。


彼から「お前」と呼ばれたら男運はない


憧れている男性から、兄が妹に対するように
「お前、もっとしっかりしろよ」
などといわれると、舞い上がって喜んでしまう女性がいます。

しかし、彼が女性に対して「お前」と呼ぶときの心情は、兄の妹に対する気安さや親しみ、あるいは庇護観念とは大違いです。ここを勘違いすると、ホストやヒモ男に狙われてしまいます。

ずるい男は何人もの女性とつき合いつつ、彼女たちの呼び方を「君」から「お前」に変えていきます。すると中には「お前とは何よ!」と不快に思い、つき合いをやめる女性もいますが、意外にそれは少数派なのです。

というのも、こういう男は女遊びの段階で、自分に強く逆らうようなタイプを最初から切り捨てているからです。

女性としては理想としているイイ男、あるいは、素敵な男性を選んでいると思っているかもしれませんが、男はそうではないかもしれません。

多くの男はもちろん「いい女」を選ぼうとしていますが、一部の男たちは「自分の言いなりになりそうな女」だけ選んでいるのです。

★ 男に「お前」と呼ばれたら、遊ばれている可能性が高い

そんな男にとって、「お前」と呼んでも自分についてくる女ほど、格好の餌食はいません。女性のほうは、愛してくれているから「お前」と愛情を込めて呼んでくれるのだと、勘違いしているのですから。

このタイプの女性の男運が悪いのは、男に尽くし、金を貢いだうえに逃げられることが多いからです。強く頼まれたらイヤとはいえない、人間的に優しいタイプの女性ほど、この最低の男運にぶつかる危険性が高い、と思わなければなりません。

また、男が不機嫌になったらすぐオドオドしてしまう女性ほど、「お前」と呼ばれて最悪の下降運になるだけに、気をつけたほうがいいでしょう。


恋愛をしないと男運もなくなる


かつて「男と女の仲」といえば、恋愛や肉体関係を指すのが当たり前でしたが、いまは事情が違ってきています。

女性は社会進出し、仕事の面でも活躍を見せるようになってから、男たちも、女性を恋愛の対象としてだけ見るより、頼もしいビジネスパートナーとして見るケースも増えてきました。また悪い男は、借金をするのに都合のいい、という理由で仕事をしている女性とつき合っていることもあるようです。

しかし、男は仕事と恋愛を切り離して考えられますが、女性はそれができません。仕事がおもしろいからといって、ではそれを一生続けていくのかといえば、本音は違うはずです。

★ 恋愛をしない女性は男運もなくなる

その理由は、「メスの遺伝子」が体内にあるからです。

女性の体内には、たとえ仕事がうまくいっていても、恋愛あるいは性的関係なしではいられない遺伝子が潜んでいることは間違いありません。

ズバリいえば、恋愛に縁のない女性、あるいは恋愛をしようとしない女性は、仕事で成功して社長になろうとも、次第に男運はなくなり、必ずどこかで後悔するようにできています。

独身女性の社長ともなれば、「ビジネスで必要な男」とは別に、「遊びの男」と「純粋に好きな男」ともつき合っているという話をよく耳にしますが、それも真剣に追いかけているということです。

成功した彼女たちは、仕事へ向けるのと同じくらいの情熱で、遊びの男や純粋に好きな男に入れ込んでいるようですが、そうしないと、男運が悪くなることを知っているのでしょう。

しかも、彼女たちは、実に女性らしい恥じらいを持ち、女性社長にありがちな男っぽさは、少しもありません。

仕事や人間関係はうまくいっているのに、なぜか恋愛がうまくいかないという女性は、自分自身が、男に縁のない服装や言動をしていることに気がつくべきでしょう。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.