トップページ

高収入、高学歴な男性なのに結婚できない理由


高学歴、高収入、高身長で人の羨むようなハイスペックな男性なのに、なぜか結婚できない独身未婚男性が増えているといいます。

周囲は不思議がる人もいますが、それにはしっかりした理由があるのです。

「高収入、高学歴のスペックなのに、なぜか結婚できないのか?」という独身男性からの相談は多いと聞いていますが、彼らが決まって言うセリフに、「女性から見ても結婚に必要な条件は揃っていると思うのですが、どこに問題があるのですか?」という不満だそうです。

おそらく、真面目なインテリ男性で勉強しか能力がなく、本人は「いい女を獲得するために、これだけ頑張って勉強をした結果、一流企業に入れて高収入になっているのだ」と自信があるのでしょうが、本質的な問題点が分かっていないのです。

要するに、男も女も相手に惚れたり、惚れられたりするためには、動物的なオスやメスとしての本能が優先されることを知らないのです。

太古の昔から、男は狩の能力で優劣順位が自然と決められていて、その順位の高い男、つまり力の強い男から、女を手に入れていたのです。もちろん、女だってそうすることが子孫繁栄につながったから喜んで惚れる対象になっていたのです。

最近では、子孫繁栄には、お金を稼ぐ能力も必要にはなってきていますが、それでも、強い男に憧れる本能は、いまだに健在なのです。

だから、優しいだけの男はモテないし、周囲に気を配りすぎて自己主張もしないような男もモテないのです。それよりも、自分勝手で強引にものごとを進めるような、ちょっと危なっかしい男のほうが女性には人気がありますが、それは、いざという危険が押し迫ってきたときには、妻子を守るだけの能力を発揮できるような可能性を秘めているからです。

確かに、お金があることも、現在では、結婚できる要素ではありますが、本来の男としての見た目や中身が伴わなければ、結婚相手としては不適格であり、たとえ結婚できたとしても愛情ではなく打算で結婚できただけなのです。

最後は、不幸な仮面夫婦になってしまうかもしれない。




お金がある男性でも結婚できない理由


お金があることに自信を持ち男磨きをしない


お金があることに自信を持ってしまうと、男としての品格やスタイル、知性などを磨く努力をしなくなり、いつの間にか、女性から避けられるようになります。


婚活サイトなどでは、お金があるというだけの高収入男性でも、女性に人気があるのは確かで、スタイルやファッションに自信のある女性からの需要は大きいでしょう。

そんな理由から、恋愛経験が少ない割には自信を持ちすぎて、好きなタイプの容姿やルックス以外の女性に見向きもしなくなってしまうし、男としての魅力をアップさせようとする努力もしなくなります。

たとえば、美味いものを食べ過ぎてブヨブヨになった体を引き締める筋力トレーニングをする、不潔にならないようにサッパリした髪型にしたり服装に気を遣う、本を読んで知性や教養を高める、などの努力をしなくなります。

さらに、悪いことに、高収入男性に多いのは「上から目線」で、女性を下に見下したような言動です。社会的には成功して地位も高いという自覚があるので、女性をバカにしたような言動があります。

現在は、女性の社会進出も進み、キャリアウーマンも決して少なくありません。女性の立ち位置も昔とは、かなり違ってきているので、女性の気持ちを尊重することや敬う気持ちが大切です。

どんなにお金持ちでも常に謙虚さや礼儀、人としてのマナーを忘れないよう心がけたいものです。



お金で女性はどうにでもなると思っている


最近は、デート代はワリカンにするケースが多くなりましたが、それでも、デート代ぐらいは男性が驕るものだと思って、見栄を張る人がいます。
この発想は、少なくとも、お金によって取引をする感覚で、男と女が利害関係でつながっていることの証拠ともいえます。

極端な例でいえば、キャバ嬢などは、男性から高価なプレゼントをされたり、レストランで最上級の食事を驕られるのが好きですが、まさにお金が愛情の仲介役となっており、お金で女性はどうにでもなると考えているのです。

一方、しっかりした女性で、見た目も中身も優秀な人は、決して驕ってもらおうなどと思わず、割り勘にしたがる傾向があります。

男性で、お金で恋愛が手に入ると思っている限り、本当の愛情のある結婚はできないでしょう。

たとえ、結婚できたとしても、お金目的で結婚した女性ですから、浪費グセはあるし、旦那はATMぐらいにしか考えず、いずれ結婚生活は破綻する結婚になります。お金で愛は買えないことを覚えておきましょう。


自分で出会いを求めない限り結婚縁はない


どんなに高収入でお金があっても、勤務場所によっては、女性の数が絶対的に少ないため、結果的に出会いに縁が薄く、結婚できなかったという人がいます。

それは、「待てば海路の日よりあり」という発想で、恋愛や結婚だけは、いくら待っていても朗報がはいってくるはずはなく、自ら行動して縁を作っていかなければなりません。

自分の行動範囲が狭いのが原因です。

いくらお金があっても、平日で出歩くのは、会社と家の往復だけで、残業があっても寄り道もせずにまっすぐ帰宅する。休日には、家でゴロゴロしてテレビを見、食事はローソンの弁当ですます。こんなローテーションを繰り返しているようでは、活動範囲も限られ、とても女性と縁ができるような生活習慣とはいえません。

まずは、きっかけづくりのために行動し、自分を女性の前でアピールするしかありません。
婚活に参加してアピールするのもいいでしょうが、お金があることを前面にだしてしまうと、お金目当ての女性しか寄ってきません。

お金があるのなら、まずは、落ち着いた大人のオシャレをし、ファッションセンスの良さを前面に出して、上品で清潔な印象を周囲に与えますと、類は友を呼ぶ法則により、それに見合った上品な女性が集まってくるものです。

お金は、いくらあっても困ることはないし、便利なモノですが、そのお金で女性を釣り上げてしまうと、「金の切れ目が縁の切れ目」となり、最後は破綻して、離婚になる可能性が高いでしょう。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.