トップページ

結婚に失敗する女性の特徴と理由



妻子ある男性との不倫の恋、本命ではない都合のいい女としての恋、体だけの関係を求める恋に夢中になっている女性がいますが、彼女たちは苦しい立場に身を置き、対等ではない関係に翻弄され振り回され続けています。

このような境遇にある女性は、結婚に失敗する女性の特徴の一つであり、いつまで関係を続けても浮かばれることはありませんので、すぐにでも関係を解消するようにしましょう。

結婚に失敗する女性は、土日や年末年始などもなかなか自由に会うこともできず、彼の誕生日やクリスマスなどのいわゆる「記念日」にも放っておかれているはずです。

常に「寂しさ」と「愛情」を天秤にかけ、「もうダメだ、やっぱり彼と別れよう」という決断をしたときだけ、男性は応急措置的に「愛情」を与えるのです。そして、また「やっぱり好きだから、もう少し頑張ってみよう、いつかは自分に本物の愛情をくれるかもしれない」という心境になり、いつもの繰り返しの愛情になるのです。

このような理由で、「不平等恋愛」をしている女性は、身も心も不平等なつき合いに慣れ親しまないうちに、早く抜け出さないとダメです。

はじめは、「好きな人が誰もいないよりいいかな。ほかに好きな人ができるまで、アバンチュールを楽しんでみよう」などと軽い気持ちでつき合っていても、日が経つにつれ、相手に対する愛情が深まっていき、新しい相手を探すのもおっくうになってしまうのです。

もし、今「訳あり」の状態を続けているのであれば、早いうちに足を洗うことです。
「あなたとはこういう関係になってはいけないと思うの」となるべく早く切り出してください。

自分ひとりで抜け出すことが難しい場合には、はっきりものをいってくれる友達に厳しい口調で「ダメ出し」をしてもらってもいいでしょう。

どういう恋愛であれ、男女関係で体の関係ができてしまうと、男から別れ話を切り出すことは絶対にありません。若い女性の体に魅せられた年上の男にとっては、あなたの体は天からの贈り物だと思って、自ら手放すことなどありません。

ですから、妻子や彼女がいる男性はたとえどんなにステキに見えるとしても、あなたにとってふさわしい相手ではありません。本気の恋愛をして結婚をしたいと思うなら、既婚者は絶対に避けるべきです。

いくら「いいな」と思える相手だとしても、法的にペナルティが発生します。
「好きになってしまったから」「出会いが遅かっただけなのよ」と、まるで演歌の歌のような言葉に酔っていては取り返しのつかないことになってしまいます。

いくら甘い言葉を囁かれても、結果的には遊ばれて終わる結末が待っているのです。




結婚が上手くいかない女性の特徴と理由、対策


意味のない飲み会に参加している


あなたは、友達の紹介で合コンに参加したことがあるでしょうか。
その参加で、気に入った男性や好みの男性、あるいは趣味や相性がピッタリな人に出会えましたか。もし、出会えてないとしたら、それは同じ友達から紹介された意味のない合コン飲み会だったはずです。


「類は友を呼ぶ」といわれるように、あなたの友達がステキな女性なら、それに参加してくる男性陣もそれなりに魅力ある男性が集まるはずです。ですが、そんな男性がいないとしたら、あなたの友達が紹介する合コンや飲み会は、何回参加しても、気に入った男性は出席しない意味のない、あるいは期待はずれの合コンや飲み会だったはずです。

できれば、そういう意味のない合コンには参加しないことです。恋愛の戦意を喪失するだけです。

たとえば、「出会い」を目的とする飲み会や食事会に、3回連続で好みではない相手ばかり集まっていたとすると、いよいよやる気が損なわれ、「この先もまともな出会いはないのではないか」と不安になります。

「ハズレ」の相手が来る可能性のありそうな意味のない飲み会や食事会は、最初から避けたほうが無難です。「納得できる相手」との出会いを手に入れましょう。
「自分が好きになり、自分のことも好きになってくれそうな相手とたくさん出会う」ことを目指すのです。

そのような出会いをつくる方法は意外とシンブルです。
それは相手の幹事にどんな人を連れてきて欲しいかをきちんとリクエストすることです。

できれば肩書きや学歴だけではなく、服のセンスや、キャラクター、趣味など、どちらかといえば「人間性」に関する要望をできるだけ詳細に伝えましょう。できることなら参加メンバーの写真を最初に見せ合うのもいいでしょう。互いのテイストを合わせたうえで意味のある飲み会を開催するのです。

ここで社会的地位や学歴だけを重視すると、求めるものが釣り合わないことがしばしばあるので、あくまでもセンスや趣味を含めた「人間性」重視がいいでしょう。

これは「相性のいいもの同士を引き合わせる」という方法が功を奏する可能性が高く、いいカップルが出来上がりやすいのです。
お互いに魅力を感じあう人たちが集まれば、恋も結婚も自然にたどり着くのです。


出会いのない理由を探している


恋愛が思うようにできない理由に、「仕事が忙しいから」と言う女性がいますね。確かに忙しすぎてデートをする暇もないのが事実かもしれませんが、そういう理由を探していること自体が、結婚が上手くいかない理由なのです。


そういう女性は、少し仕事に余裕ができてから恋愛をしようと考えているのかもしれませんが、「歳月人を待たず」と言われるように、恋愛には適齢期というのがあり、あなたが一番美しくて魅力的な旬の時期を逃したら、二度と戻ってはこないのです。

40代になると、働き口を見つけるのは難しいかもしれませんが、人によってはそれ以上に恋愛対象や結婚対象が見つからなくなるでしょう。
仕事の代役はあっても、恋愛をしたり、結婚をしてくれる代役はいません。恋愛したい、結婚したいと思うなら、あなた自身が活動しなければ、状況は何も変わらないのです。

忙しくて出会っている時間がないのなら、それなりに手を打つ必要があるでしょう。
まず出会いを見つける方法は二つあり、ひとつは、仕事中に恋愛相手を探す、もうひとつは、仕事以外に出会いの場を設けるという方法です。

仕事をしていないと、なんだか社会に参加していないような気分になるかもしれませんが、「恋活・婚活」の視点から見れば、仕事以外のことに時間を割かないことも同じように社会に参加していないに等しいのです。

恋愛し、結婚し、家族を持つことは社会の大きな枠組みに参加していることであり、職場での人間関係しか築いていないのは、ある意味、一部の社会にしか参加していないとも言えます。

忙しい合間にも生活の幅や、人間関係の幅は広がるはずです。
まずは、忙しい毎日によって忘れがちな「人間」としての感性を磨くことです。そうすることで、恋愛や結婚への意欲や気力も湧いてくるのです。

今日は天気のいい日は、会社を休んでのんびり街を散策してみたいなあ。
昔の友達にあって、カラオケではしゃぐのもいいなあ。
絵になるような景色の中で恋人と手をつないで歩いたらステキだなあ。
そんな他愛もないことを考えながら、心を解放してみてください。

恋愛欲求に火がつけば「待つだけの生活」とはサヨナラできます。自分から「何かしよう!」という気力がわいてくるはずです。
これまで、自分から行動を起こさずに「出会いがない」とボヤいていた自分と本当に決別するには、恋愛や結婚への強い憧れが必要なのです。

恋愛映画を観たり、幸せになった人の話を聞いたりしながら、自分の心をしっかり燃え上がらせ、「恋愛したい!」という気持ちを高めましょう。


つき合っていると勘違いしている


相手とはすでに深い関係になっているし、会っているときには「好きだよ」と何回も言われ、会う回数も週に一度くらいはあるので、お互いにつき合って愛し合っていると勘違いしている女性がいます。

お互いにつき合って愛し合っているのは、疑うべくもありませんが、男にとっては愛する対象が違うのです。男はあなたの柔肌をこよなく愛しているのであって、あなた自身に愛情を持っているのではないのです。

そういう状態にある相手と「なんとなくつき合っているのだけれど・・」という女性がいますが、なぜつき合っている感覚がないのかと言えば、最初の出発点が間違っており、「正式につき合ってください」という男性からの言葉がないまま関係が進んでしまったからです。

こういう関係を継続している女性は、相手のことを彼だと思ってはいけません。
試しに4、5日、あなたからメールや電話をしなければ分かるでしょう。
それでも、彼から何の音信もなければ、それは「つき合っていない」ということで、つき合っていると勘違いしているだけなのです。

ふたりにとって確かなものは、「体の関係を持った」という事実だけですが、男はどんな女性ともベッドを共にできる生き物なのです。それが生物学上の男なのです。

ですから、体の関係を持ったからといって、本当の恋は実りません。
結ばれたことだけに満足している女性の多くが、お決まりのように1ヵ月後、泣き崩れるのです。

「でも、1ヶ月もつき合えて、私を大切にしてくれたわ。それだけで満足よ」という女性もいますが、それは大きな間違いです。
男は、あなたの前から姿を消すのに、1ヶ月間、「どういうふうにおさらばしようか」と作戦を練っていただけなのです。それがたまたま1ヶ月間だったのです。

実は、彼はあなたと結ばれたその夜からいかにフェードアウトするかを画策していたのです。

「でも、優しかったし」「好きだと何回も囁いてくれたし」「一緒にいると心が休まるよ」「ベッドではすごく優しさしてくれたし」と、彼の言動をいろいろと振り返るかもしれませんが、「つき合っている」という言葉をきちんと聞いていなければ、残念ながらどんな言葉も無に等しいのです。

あなたが今、「彼」だと思って会っている男性は、本当に「彼氏」ですか?
つき合いが長くなればなるほど傷は深くなります。早いうちに確認をし、自分の立場をしっかりと認識してください。
しっかりと愛されている感覚を味わってください。


男と縁のない女性とだけつき合っている


いい出会いを手に入れる方法には、合コンに参加するなど、いろいろあるでしょうが、手っ取り早いのは、魅力的な男性との人脈を持つ女友達と仲良くなることでしょう。

そのような女性は、ひとりだけではなく複数いたほうがいいでしょう。
間違っても、男性と縁のない女性とつき合ってはダメです。


「そんな打算的な考えで友達に近づくのは良くないのでは?」と考えるかもしれませんが、みんなが幸せになる、と思えば何の問題もないはずです。紹介された男性のネットワークを使って、また、紹介してくれた女友達に男性を紹介すれば、ウインウインの関係が成り立つでしょう。

ひとつのスポーツをみんなで楽しむような感覚がいいでしょう。まさに「チームプレー」です。チームメートならば、「みんなで共通の目的のために楽しもう」という感覚です。
魅力的な人脈を広げることを心がけると、もうひとつ大きな「おまけ」がついてきます。それは、魅力的な仲間とつき合ううちに、あなた自身も磨かれるということです。

ここでひとつ言えることがあります。
それは、恋愛上手でモテる女性は、たいてい、恋の可能性を感じられる男友達を3、4人はいるということです。

「男友達なんていないわ。女性同士でいることが多いの」という人は、まず男友達を見つけるより前に、まず新たな女友達をつくり、仲良くすることを心がけることです。

「心を開いて接した時に、同じように好意的になってくれる女友達」をひとりでも多く見つけるのです。

そのために、相手との共通点を見つけるよう、心がけてみましょう。
話の中で、相手がゴルフをすることが分かったら、「ゴルフ、いいね! 今度、一緒に行きましょう」など、相手と一緒の時間を持てるように、働きかけるのです。

「同性と仲良くなって、男性との出会いにつながるの?」と思うかもしれませんが、この訓練が実は重要です。

これは男性と新しく知り合い、恋愛へのステップを踏む際の予行演習になるのです。友達としての関係を深める過程は、相手が男性であろうと女性であろうと変わりないからです。

「そんなに気の合う人なんてそうそう見つからない」とあきらめるのはもったいないことです。「合わないかも」と思う相手と無理して仲良くする必要はありませんが、「ステキだな」と思った女性と、仲を深めるようにしましょう。

まずは、気の合う女友達を見つけ、それぞれの男性の人脈を持ち寄って出会いの場を設けるのです。
女性同士でいつも固まって男性との出会いを狭めてしまうのではなく、むしろ女性と仲良くなることによって男性との出会いを広げられるつき合いを目指しましょう。


キャリア系女性の結婚に関する留意事項


キャリア系女性が、仕事だけでなく、女性として魅力的にイキイキと生きていくためには、恋愛も大切であるという認識が広まっています。

「誰ともつき合わずに、仕事だけに打ち込んでいては、女性としての若々しさも魅力も失われ枯れていくので、常に男性との交渉は持っているべきだ」と考えるキャリア系女子が増えています。

とくに、バリバリと仕事をこなすキャリア系の女性の中には、特定の彼氏を持たず、時々体の関係を持つだけの、いわゆるセフレとの時間を楽しむ人がいるようです。

「男性がそばにいないと寂しいし、それよりも肉体関係は美容にもいいし」
「いつもセックスフレンドがいると、男にガツガツしないし、心にも余裕が持てるし」
という声を聞きますが、そういう考え方は後で後悔し、結婚が上手くいかない原因にもなります。


結婚しないのならいいでしょうが、少しでも結婚を考えている場合には、こういう状態を長く続けるのは危険です。

なぜなら、このようなライフスタイルに慣れてしまった女性は、結婚につながる出会いを自ら求めようと努力をしなくなるからです。体だけの関係、つまりセフレ関係を1年以上続けると、確実に真剣な交際をする相手と出会う力は減退します。

もし、どうしても女性としての性の喜びを得るための「サプリメント」として男性を必要とするならば、必ず「3ヶ月だけ」と期間限定を決めることです。

後腐れがないので気軽なのはいいけれど、あなたに何かが起こったときに守ってくれません、それがセフレです。万難を排してあなたのためにいつでも駆けつけてくれるのは本命の恋人しかいません。

心の底から信じられる相手がいないのは、本当に寂しいことです。とくにそういう毎日に慣れてしまうのは、もっと寂しいことです。
「とりあえず、男性と体の関係を持っていれば、女性の美しさや艶かしさは保たれるから、それでもいいか」と思うのは間違いです。

マンネリ化した体の関係からは、ワクワク感もウキウキ感などは得られるはずもなく、ただの気だるさと寂しさと男の汗臭い匂いが残るだけです。そんな関係にあって女性らしさは失われないというのは、ただの妄想です。

女性の美しさや可愛さは、本当に愛し合っている男女の関係から生まれるものであり、功利的な体の関係だけで生まれることなどありません。
本当に「いい女」になりたいのであれば、まじめに正真正銘の恋人を探すことが大切です。


「いい男はいない」と思っている


職場で仕事をしていると、「周囲にいい男はいない!」と思っている女性がいっぱいいるようですが、こういう考えが、結婚が上手くいかない女性の特徴の一つとなっています。


周囲を見回すと、いい男と恋をしたり、結婚したりしている女性はたくさんいるはずです。いい男に出会えないのは、出会う方法を知らないからではないでしょうか。

ひょっとしたらあなたの職場のデスクの近くにもいるかもしれません。あなたが残業で遅くなったとき、「手伝おうか」と声をかけてくれる優しい同僚の男性はいませんか。
これは、ほんの一例ですが、いい男は「いない」のではなく、ただ、見ようとしないため、「見えていない」だけなのかもしれません。
いい男は群れをなして存在します。

★ では、どのようにしたら「いい男」に出会えるのでしょう。

@ まずは、たったひとりでいいので、「いい男」と接触することです。


仕事先で、結婚式の二次会で、遊び仲間を通じて・・・そのなかで、「ステキだな」と思える男性を見つけたら、その人との接点を持つようにしましょう。

「仕事のつながりをつくることを口実に名刺交換をしてみる」「彼の共通の友人と一緒に話で盛り上がり、『今度みんなで食事しましょう』と誘ってみる」など、まずは、グループでの出会いを作るのです。そこからすべては始まります。

「類は友を呼ぶ」というように、彼がいい男であれば、彼の周囲にいる友達もいい男のはずです。彼と知り合ったからといってすぐに恋してしまわずに、彼はその友達と知り合うための「キーマン」として大切にすることです。

A 次にやるべきことは、彼らを巻き込んで「食事会」「飲み会」「ドライブ」などを催すことですが、ここで失敗してしまう女性が必ずいるものです。

こんな「いい男」には滅多に出会えないと焦って、すぐに告白してしまい、結果的に恋に破れてしまうというパターンです。ここで失敗すると、彼だけでなく彼の周囲にいる「いい男」たちも同時に失うことになりますので注意が必要です。

なにより、焦りすぎは禁物です。
まだ好きも嫌いも判断できない時期に「好きです!」とアピールしてしまうのも、逃げられるか、遊ばれるかとのどちらかになる可能性が高いです。

B 「いいな」と思える男性を見つけたら、そこからしっかり仲間を広げ、まずはグループで盛り上がるようにしましょう。

すべてのメンバーの人と会うまでは告白をしないことです。
これが幸せを勝ち取るための「奥義」です。多少の我慢は必要ですが、その忍耐があなたを幸せに導く「カギ」なのです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.