トップページ

年齢を重ねるほど理想を高くしていないですか?


女性の中には、「なぜ、結婚相手が見つからないの」などと言うと、「理想を下げれば、いつでも相手ぐらい見つかるわ。妥協したくないから、こうして苦労しているんじゃない?」と反論して、叫びたくなる気持ちもあるでしょう。

それほどまでに、最近の女性は「理想」に縛られているのですが、こうした女性たちの意識を解放しあげることが何よりも婚活には大切なことです。

それは決して、理想を捨てたり、諦めたりすることではありません。知らず知らずのうちに凝り固まってしまった思考を柔軟にすることで、結果的に、あなたが思い描いていた理想の男性に辿り着けるのです。




年代によって違う女性が描く男性の理想像


女性が描く男性への理想は、年代によっても変わってきます。


理想を求める20代


20代のころというのは、まだ若く、とにかく楽しい恋愛を求める傾向があります。20代前半であれば、まだ結婚を意識している女性もそう多くはないでしょうし、そう簡単には理想を下げる必要もありません。

男性から声をかけられる機会もあるし、たとえ濃いが終わっても、「大丈夫! まだ次のチャンスがある!」と、前向きに考えられるからです。自らの理想を追い求め、恋愛を続けられる時期なのです。


理想に苦しむ30代


そして迎えた30代。これまでの恋愛を振り返っても、自分の理想を満たす男性との出会いがなかったと、ふと不安が頭をもたげます。
「どうしてうまくいかないんだろう。私の理想が高すぎるのかな? でも、ここまで待ったんだから、もう少し頑張ってみよう・・・」

また、20代の楽しかった恋愛の思い出を、ずっと引きずってしまう女性もいます。当時の彼のことが忘れられないまま30代を過ごしてしまい、新しい出会いを求めることすらせず、結果、思い出がより美化され、恋愛に対するハードルを、自らどんどん上げてしまっていたのです。

この時期、誰もが一度は、自分の抱く理想を見つめ直す機会があるでしょう。それは「出産」という、女性には避けて通れないタイムリミットが見えてくるからです。

精神的に焦り始めますが、それまでに凝り固まってしまった理想は、いまさら簡単に捨てることができません。20代のころの、あの希望に満ちた「大丈夫、チャンスはまだある!」とは明らかに違う、「まだ、大丈夫・・・」という言葉で、自らに言い聞かせます。


理想を見直す40代


そして、40代です。この年代は、ある程度の自立した生活スタイルができあがっているために、さらなる条件が付加されます。

★ 今の生活レベルを下げてまで、結婚したくない
★ 結婚するなら、仕事も収入も、自分より上の人でなくては
★ 人生、愛だけじゃ生きていけない

その半面、老後をひとりで過ごすのは不安といった思いも強くなります。
そんなときには、「いったん、理想を整理して、あなたが相手に求める条件は何なのか?」を自分自身に問いかけてみること
です。


あなたの理想の男性の条件は本当に必要なのか


優しくて頼りがいがあって、センスもよくて会話が弾む。そして自分を大切にして、いろいろと楽しませてくれる人。ふたりの記念日を忘れたりせずに、ステキなお店に連れて行ってくれる人。はっきりと言葉には言えなくても、容姿に関しても、かなり高いレベルを求めているのではないでしょうか。

もし、これらすべてに当てはまる男性がいれば、そのまわりには間違いなく、多くの女性がいることでしょう。競争率が高いのは当然です。

それでも、その戦場に飛び込むのなら、多くの女性たちに勝ち、かつその男性に見合うだけの魅力を備えなければなりません。また、たとえ備えていたとしても、ほかに年齢の若い女性がいた場合、かなり不利になります。女性を選ぶことのできる、一部のモテる男性は、同じ条件なら若いほうを選ぶからです。



理想を整理する作業が必要


こうした理想と現実のギャップも、運命の相手を見逃す原因かもしれません。

そこで、30代、40代の女性こそ、年齢を重ねるごとに増えてしまった「理想」を、一度整理するという作業が必要になってくるのです。


20代の恋愛で必要だった男の優しさは必要なのか


20代のころの恋愛には重要だった、「会いたいと言えば、いつでも会いに来てくれる」や、「毎日メールをくれる」といったことは、今でも本当に必要でしょうか。

デートのとき、いつもステテキなお店を予約しておいてくれたり、ご馳走してくれることが、愛情の証だと思っていませんか。

そもそも、責任ある仕事を任されているようになり、バリバリ働いているであろう30代や40代の男性に、仕事そっちのけで、あなたのことを考えてほしいというのは、かなり無理があります。また、多くの男性はそこまでサービス精神が旺盛ではありません。

女性は、「私のことが本当に好きならば、そのくらいはするはず」と思いがちですが、こういったことを自然にできる男性は、ごく少数です。そしてその理由は、もともと自分がそういったことを好きだからという場合が多いのです。誰かとメールするのが好きだったり、美味しいお店を食べ歩くのが趣味だったりします。


あなたが求めている条件は、本当はシンプル


こうした条件で、自分への愛情を測ろうとしたり、恋愛の対象からはずしてしまうことはやめることです。

こうして少しずつ、理想の項目を消していきます。すると、あなたがどうしても譲れない、理想の本質が見えてくるはずです。

あなたの周りにいる男性のなかに、その本質的な部分を持ち合わせた運命の相手がいるかもしれません。また、これから出会う男性に対しても、まずはその点を見るようにしましょう。せっかく整理した「理想」の項目を増やさないよう、気をつけることです。


理想の項目を諦められない人には・・


整理の段階で一度消してしまった「理想」の項目があったとしても、この先ずっと諦めなければならないということではありません。
実は、これらを復活させることもできます


故意をしながら、あなたが理想のスタイルに近づけていけばいいのです。その際、絶対に相手に強要してはいけません。たとえば、忙しい彼を労わるようなメールを自分から送ってみる。ステキなお店を探しておいて、次のデートで彼をびっくりさせる・・・・

そうです。
あなたが望んでいた理想像に、まず、あなた自身が近づくことです。

こうしてあなたの姿に、いつしか相手にも自然と変化が訪れます。
愛情を与えることは、男性だけの役割ではありません。まず、あなたが与える存在になることです。そうすれば、いつしかあなたが思い描いていた、理想のカップルになることができます。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.