トップページ

彼女と結婚したいと思う瞬間



結婚適齢期前後になると、彼女と結婚したい、彼氏と結婚したいという気持ちが強まりますが、それまでは、男女とも恋愛と結婚は別という恋愛観を持っている人が多いはずです。

それだけに、彼氏にとって今付き合っている彼女が、結婚対象ではなく、「遊びの女」、「都合のいい女」と考えている場合があり、理想の結婚相手が現れるまでのつなぎの女性と思っていることもあります。

恋愛は、性的欲求を満たすことのできる女性であれば、男性はどんな女性でもいいと思いますが、男性が彼女と結婚したいと思い決断するときの瞬間は違います。

彼女と結婚したいと思うときとは、彼女の上品さや優しさ、包容力があり、尊敬できたりコミュニケーションや会話などで、打てば響くような相性の良さを感じることができた瞬間といえるでしょう。

女性が今の彼氏と結婚したいと思っているのであれば、男にとって手放せない女性になることが大切で、そのためには「俺はキミが側にいないとダメだ」と思わせるぐらいの存在になることです。男性を肉体的にも精神的にもサポートしてくれ、尽くしてくれる女性を男性は一生大切にするものです。




男性が結婚したいと思う彼女の特徴


女性らしい振る舞いができる


女性らしい上品な振る舞いは、大きな魅力の一つです。
男性は、人前ではあまり感情を見せず無表情なところがありますが、それに比べ、女性は感情表現が豊かで、身振り手振りも大きく、上品なオーバーアクションで男性を魅了するものです。

華やかさのなかに、男性より一歩控えて、しとやかな雰囲気が漂っており、見ているだけで励まされるものです。

たとえば、女性と一緒にレストランで食事を行ったときなど、料理が出されてひと口食べるなり、「わあ、この料理とっても美味しいわ!」などと、女性らしい振る舞いがありますと、料理人も喜ぶでしょうが、一緒に食事をした彼も、誇らしく思います。

また、女性の上品な歩き方が美しいと、背筋も伸び、その人の魅力が際立ちます。綺麗な雰囲気が漂っていれば、自然に男性が寄ってきます。

顔の美醜に関係なく、歩き方や後ろ姿の美しい女性を、男は見つめています。自分の歩き方、後ろ姿をしっかりと意識しましょう。いつも見られていると意識して歩くのです。それだけで印象がずいぶんと変わります。

このように、周囲が見とれてしまうような女らしい振る舞いをする彼女が、自分の妻だとすれば、それは男性にとってすごく優越感になります。こういう魅力ある女性と男は結婚したいと思うものです。


いつも元気で明るく楽しい


いつも元気で明るい女性というのは、仕事で疲れた男性をいつでも癒すことのできるし釘を持っており、それだけで無邪気な笑顔で元気にしてくれます。

女性の見た目は、年齢を重ねるごとに変化していきますが、愛嬌や明るさは、本質的に変わるものではないので、男性としては、一緒にいるだけで毎日が楽しい気分になるし、癒されます。

こういう楽天的で元気で明るい女性は、天然系の特徴を持つ女性が多く、会話をしていても男性のペースに話を合わせるのが得意で、一緒にいても居心地がいいので、とにかくモテるはずです。

女性のなかには、明るさがあったとしても、喜怒哀楽が激しくて感情の起伏が大きく、状況によってはヒステリーを起こしたり、調子が悪いときには不機嫌になったりする人も多くいるものです。

その点、生来の明るさと元気のある人は、ポジティブで精神的に安定感があり、不満や愚痴が出ることもなく、男性としては、結婚したいと思える女性です。

いつも笑顔で忠誠心があるペットのような存在、従順な犬系女子が、男性にとっては結婚相手として理想のイメージかもしれません。


美味しい家庭的な料理を作ってくれる


彼氏と結婚したいのであれば、「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、美味しい家庭的な料理を作って彼の胃袋をつかんでおくと、けっして女性を手放すことはないでしょう。

デートで彼を部屋に招いたときには、女性の手料理を振舞うことのできる最良の機会であり、彼の胃袋をつかむチャンスでもあります。

ただの恋人関係であれば、ハンバーグやカレーを作ったり、お昼の弁当を作ってあげるだけで、喜んでくれるでしょうが、結婚を決断させようとするのであれば、やはり美味しい家庭料理に勝るものはないでしょう。結婚後も、家庭料理を楽しみに寄り道せずにまっすぐ家に帰るだけの魅力があります。

美味しい家庭料理というのは、人生の喜びの中で大きな比重を占めていますので、彼氏と結婚したいのなら、まず、料理の腕前をあげることです。料理が不味いと、外見やスタイルが良くても、男は結婚に二の足を踏む恐れがあります。


質素倹約を心がけ浪費をしない


独身男性の場合、結婚するまでは自分の思うようにオシャレにお金を使ったり、ギャンブルでお金を浪費したり、あるいは食べ物で贅沢することもあるでしょう。彼女とのデートのときには、高級レストランで食事をして見栄を張ることもあります。

ですが、結婚をして家庭を持つとなると、家賃、電気代、水道光熱費、養育費、教育費、ローン、保険、税金など、毎月の固定的な出費が増えることは目に見えており、現在のままの生活スタイルでは、家庭が維持できないことを男はよく知っています。

ですから、結婚相手に求めているのは、質素倹約を心がけ浪費はせず、しっかりとした金銭管理ができる人です。男性も結婚適齢期になると、外見の美しさよりも内面で選ぶようになり、一生を共にする相手となれば、お金を大切に扱い倹約を心がける女性が好まれます。

恋愛中のときには、セレブのように特別扱いされていた女性とっては、ケチ臭いと考えるかもしれませんが、年収が高くお金に余裕がある男性でも、結婚となると、人の金で遊び歩くような女は嫌だというのが本音です。

実際、結婚が早い女性は、地味で落ち着いた雰囲気があり、金銭管理もしっかりしている人が多いようです。一人暮らしで貧乏生活に慣れている、貯金するような堅実さがある女性なら、理想的な結婚相手といえるでしょう。


相性の良さを感じるとき


相性の良さは、結婚の決め手にはなりますが、この相性の良し悪しは、人によっていろいろな基準があって、他人には理解できない性質のものです。

顔やスタイルが抜群で、それだけで一目惚れしたような男性でも、彼女の体臭や口臭が嫌い、趣味や価値観が合わない、ネガティブな言い方が嫌い、食べ方に上品さがない、体の相性が合わない、などの理由で別れることさえあります。

一方、ルックスやスタイルがそれほど好みでなかったとしても、テレビでお笑いを見ているときの笑いのツボが一緒であれば、その相性の良さだけを感じて、彼女と結婚したいと思うことすらあります。

結婚するということは、家庭での時間を二人で共有することが多くなるわけですから、基本的なコミュニケーションで通じ合う相性は大切なことです。

相性とは、ある意味、動物的なモノであって、理屈で説明できるものではありませんが、相性がいい人は、話しているときの声のトーンやリズムに心地良さを感じたり、肌を触れ合ったときに違和感なく自然と馴染むような感覚があるものです。

こういう相性の良さを感じるときに、彼女と結婚したいと男は思うものです。


男友達が少ない女性


男友達が少ない彼女は、男が結婚したいと思う女性の特徴のひとつですが、逆に言えば、男友達が多い女性では、なぜ、結婚対象にはならないのでしょうか。

それは、男と女の異性同士の友達関係や友情関係は本質的に成り立たないからです。男性と女性は磁石のように引き合って愛し合い、種族保存をするようにDNAに組み込まれています。

ですから、男友達の多い女性は、自分で勝手に友達だと思っていても、男性は、いつだって隙があればアタックしてモノにしたいと考えており、いつか、「都合のいい女」にしたいと思ってキープしている状態なのです。

男としては、キープしておくために、友達のように接しているだけなのに、女性が勝手に友達だと錯覚しているのです。

そういう男友達の多い彼女だと、将来、浮気の心配もあり、男性としては、結婚を意識する前に結婚後の生活に不安を感じて諦めてしまうのです。

一方、同性の女友達の多い女性は、浮気の心配がないので安心できることと、人付き合いが得意という特徴もあり、結婚後は、両親や親戚、近所付き合いで重宝する重要な要素となります。男友達が少なく、社交的で誰とでも仲良くできるという二つの特徴があるような彼女であれば、男は結婚したいと思ってしまうでしょう。


一生懸命な姿を見たとき


女性の中には、「自分の好きな趣味に打ち込んだり、あるいは仕事に打ち込むなど、一生懸命頑張っていると、つい、このまま頑張っていても良いのだろうか。恋愛や結婚の準備もしておいたほうが良いのだろうか」と、不安に思っている人もいるでしょう。

でも、そんな心配は必要なく、女性が輝いていれば、男は蝶といっしょで、甘い蜜を出している花のほうに自然と引き寄せられ、良い出会いや恋愛が相手のほうからやってくるのです。

男は、女性の一生懸命頑張っている姿を見たとき、彼女の内面から輝いたオーラが発散するのが感じられ、思わず結婚したいという気持ちが高まってしまいます。

あまりにも男に飢えた感じで「今日こそは、いい男をナンパしてやろう」などといきこんでいますと、男は避けたくなってしまうのです。

それよりも、目標を持って、努力している女性のほうが輝いて見え、男性としては、「何とか、夢が実現できるように支えてあげたい」と思ってしまうのです。


本当に辛い時、そばにいてくれる


男性は、いつもプレッシャーと戦いながら仕事をして生きているため、どうしてもストレスが溜まりがちで、ウツになるほど落ち込んでしまうことがあるなど、本当に辛いと感じることがあります。

そんな時、ライバルである同僚の男性に相談したり弱音を吐くことはできないものです。また、彼女に愚痴を聞いてもらって癒されたいと思っても、そんなみっともない姿を見せたくもありません。弱々しい自分を見たら、彼女が去っていくことを心配するものです。

こんなとき、男性が結婚したいと思うのは、任された重要な仕事を失敗したときや厳しい競争社会に破れて敗者になって虐げられているときでも、変わることなくそばに寄り添ってくれて、心から癒されたと感じたときです。

ですから、彼氏に結婚を決意させたいのなら、風邪など病気で寝込んでいるとき、仕事がうまくいかなくて精神的にまいっているときなど、弱っているタイミングを狙って、そばで看病してあげたり優しい言葉をかけてあげるといいのです。

そばに寄り添ってあげるだけで、彼氏は、「この女性となら、結婚してずっと一緒にいたい」と思わせられます。女性としては彼氏がそんなブルーな状態の時こそ、今以上に好感度を上げて距離を縮めるチャンスです。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.