トップページ

恋の駆け引きが強くなるテクニック



恋の駆け引きが強くなるテクニックの代表としては、目を動かすことで相手に気持ちを伝えることではないでしょうか。

★ 目を泳がせるテクニックで恋愛の駆け引きをする

相手が真剣な話をしているのに、あまり関心がなさそうに視線をいろいろと移動させることがありますが、「これはあなたの話はつまらない」「話が退屈だ」「話の内容に困惑している」などという意思表示である場合が多いです。

一般的に、これらは目を泳がせているといわれるように、相手の話に集中していないことであり、このテクニックを利用すれば自分の気持ちも伝えることもできます。

あなたが恋人である彼と趣味や生き方、人生観などで、熱心に議論に夢中になることもあるでしょう。そんなときには、どちらか一方が自分の意見に従わせようとして、無理難題を押しつけてきたり、あなたの異論に対して高圧的な態度でねじ伏せようとすることだってあります。

そんなとき、解決の道を探ることが、とうていできないと感じ、
「このままでは水掛け論になるだけだ、さっさと話を切り上げるにかぎる」
そう思ったときは、視線を泳がせてみるのも一つのテクニックです。視線が空中でパチパチ火花を散らすような状態では、互いにテンションが高まる一方で、状況がますます悪い方向に深みに入っていくばかりです。

そんなとき、一瞬、目をそらして視線を泳がせるだけで、凍てついた場の雰囲気に花を見出し心が和み、争いのテンションが下がり、落ち着きを取り戻します。

行き過ぎた気勢をそぐ必要があるときは、ぼんやりと宙に視線を泳がせてしまうのが効果的です。

★ 目をそらすテクニックで恋愛の駆け引きをする

相手が熱心に熱弁をふるっているときや、説得を試みているときなどに、相手に向けていた目を、すかさず視線を外してしまうテクニックです。

これは、これ以上踏み込んできてほしくないという拒否の姿勢です。

具体的には、彼が、あなたの過去のプライベートな部分をムリヤリ聞き出そうと、いきなり心の中にズカズカと踏み込んできたときなどに有効なテクニックです。

「そんな昔の彼のことを聞いてどうするのよ」と言ってしまえば簡単でしょうが、そこまですると、これまでの彼との関係が崩れてしまうかもしれません。

ですから、口には出さず、視線をそらし、彼の目といっさい合わさないことで、自分の気持ちを察知してもらうのです。つまり、相手の言葉をさえぎるのではなく、相手の視線さえぎってしまうのです。

恋人同士になると、何でも自分の自由になると考えてしまい、「親しき仲にも礼儀あり」という気持ちを忘れてしまうことがあります。

どんなに親しくなっても、相手が自分とすべて同じ考えであると思い込むのは思い上がりで、相手の拒否の姿勢に配慮し、相手の好き嫌いを理解しておくことが大切です。





恋愛の駆け引きにはコツがある


自分の思いを熱く語ると彼の心は動く


恋人になって交際期間が長くなるほど、だんだんと「阿吽(あうん)の呼吸」になって、自分の思いを熱く語ったりしなくなるし、これぐらいのことはわかってくれているだろうと思うようになるものです。

恋人なんだから、「自分の気持ちは理解してくれているはず」などと思って、自分の思いを伝える努力をしなくなると、人間というのは、いつのまにか、心が離れ行くものです。つまり、相手の気持ちを自分の都合のいいように解釈するために起こるわけです。

★ ですから、彼にわかってほしいと思うことがあるのなら、「自分の思い」を熱く語ればいいのです。それが恋愛の駆け引きのコツでもあるのです。

たとえば、あなたが、彼を両親に合わせたいのに、なかなか会おうとしないような場合には、このテクニックは効果を発揮します。

「うちの両親があなたに会いたがっているのよ。今度の休みに来てちょうだい」
「まだ、行くのは早いだろう。もう少し待てよ。時期がくればそのうちに行くよ」
「そのうちって、いつなのよ。私も両親を安心させたいのよ」
これでは、彼の説得は難しいでしょう。自分の都合を押しつければ、相手も必ず自分の都合を押しつけてくるものです。

「私は交際が始まったときから結婚相手はあなたしかいないと思っていたわ。あなたは、どう思っていたの?」
「僕も、キミと結婚してもいいかなと思っていたよ」
「じゃあ、両親に会ってほしいわ。あなたのことを一番大切な人だと紹介したいの」

恋人のこんな熱い気持ちを聞かされて、心の動かないパートナーはいないでしょう。熱い気持ちを伝えるだけで、彼の心も動き、熱い返事を返してくれるものです。


好きのレベルが違ったときの対応


真の意味での恋愛関係が成り立つには、お互いの愛情レベル、つまり「好きのレベル」が同じ程度である必要があります。

この二人の「好きのレベル」が崩れたときや違ったときに、微妙な優劣関係が生じ、より愛される側は優位に立ち、愛する側は劣位に置かれてしまい、結果的に劣位の者が優位の者の言いなりになってしまうのです。

この状態が継続すると、主従関係が成り立ち、愛される側はわがまま放題に振る舞うようになり、愛する側は、惚れた弱みから相手の勝手な要望に応えざるを得ません。

このような主従関係をお互いが納得していれば恋愛を楽しんでいるのであれば、他人がとやかく言う筋合いはないのですが、通常の人間関係であれば、一方的に従わされる側の不満はつのります。相手の身勝手さに振り回されるばかりでは、屈辱感は増すばかりです。

それでも、このまま恋愛関係を維持していくためにはしかたがないことだ、とあきらめてしまうようでは、健全な恋愛関係とはいえません。問題は、相手の身勝手さを容認していることと、そんな自分を卑屈に感じていることです。

★ 好きのレベルが違って、恋愛に主従関係ができ、自分が従属的になっていると感じたときは

相手に従属関係を続けていると、姿勢も考え方も卑屈になり、自信のなさが顔の表情だけでなく、体全体にも表れます。背中を丸まって猫背のようになり、相手の顔色をうかがい、上目づかいに人を見るようになり、これではあなたの魅力も半減します。このような状況を打開するには、何らかのきっかけが必要です。

★ これには、姿勢を正すことが第一で、そのためには毅然とした態度を取ることです。

単純すぎるようですが、姿勢の良し悪しは、体全体の印象を一変させることで、自信や落ち着きを周囲に感じさせるようになるし、女性の品格や有能さなども印象づけることもできるのです。

目標とするなら、多くの人の前をさっそうと歩くファッションモデルのように振る舞うことです。彼女たちが美しく見えるのは、容姿やスタイルだけの美しさではなく、背筋をピンと伸ばし、まっすぐに前を見て、よどみなく歩くテクニックを持っているからです。

背中を伸ばして姿勢を正すと、心まで開放的になり、周囲からも自信に溢れている印象を与えます。その心地良い視線が、さらに自信を持たせてくれるのです。

いままでに、対等な恋愛ができない、相手に気を使ってばかりで楽しくないと感じたことがあるなら、それは姿勢に問題があったのでしょう。

ただ、この姿勢を正すためには、心の姿勢もしっかり正す必要があり、相手に対して毅然とした気持ちで望むことです。心と体は一心同体ですから。


好きでもない人から告白された時の対応


異性からの告白された時、好きとか嫌いとは別に、「多くの異性の中から選ばれたんだ」という気持ちで自尊心が大いに刺激されるものです。

そして、相手がよほど嫌いな人であれば、即座に「ノー」と返事をすることもあるでしょうが、嫌いでも好きでもない人からだと、できるだけ相手を傷つけないような意識が働きます。とくに相手が真剣であればあるほど思ってしまうものです。

その結果、つい「キミの気持ちはうれしい。突然のことで心が整理できないけど、友達としてなら・・・」などと、口からでてしまいます。

告白した側としては、「ノー」ではなかったので、今後は、強気の行動で誘い、告白した人のペースで進むでしょう。

しかし、告白された人にとっては、曖昧な気持ちのままスタートしたので、すっきりせず、後悔の念を引きずることになります。

なかには、友だち関係で交際が進展するうちに、お互いの相性もわかりあえて、そのまま恋愛に発展することもあるでしょうが、これなどは例外中の例外でしょう。

多くの場合、時が過ぎるとともに迷いや不安は膨らんで、我慢を重ねたあげく、不本意な恋愛ごっこに時間を費やすことになり、結果的に、退屈な恋愛に身を投じることになります。

★ 告白されたとき、恋愛の駆け引きで最も気をつけるべきこと

思いがけない人から、告白されたとき、一番気をつけなければいけないのが、その場で結論を出さず、即答しないことです。

相手に真剣さを感じれば感じるほど、相手のことを思って、つい「イエス」と言いかねないからです。あるいは、うれしさで気持ちも高ぶっているため、気持ちにもないことを口走る可能性もあります。これは避けなくてはなりません。

まずは、これまで想像もしていなかった人から告白されたのなら、恋愛の駆け引きとして即答しないのが基本です。つまり、時間を稼いで頭を冷やすのです。

@ 電話やメールで申し込まれたとき
「あとでこちらから連絡します」と返事を先延ばしにして、相手を分析し、自分の気持ちを整理する時間を確保することです。

A 面と向かって告白された場合
「イエス」と即答してしまわないためにも、とりあえず会話を中断し、何か理由をつけてその場を離れるのがいいでしょう。相手のペースに乗せられて、その場に長居することだけは避けるようにしたい。そして、気持ちを落ち着かせてから、「突然のことで、いま、この場で答えることはできない」と穏やかに告げるのです。

あなたには、答えを出す前に考える権利があります。相手と自分の心理を分析するためには、時間を稼ぐ必要があるのです。


相手を傷つけない上手な告白の断り方


男と女が一緒にいれば、どちらかが自然と恋愛感情を持つことが多いものです。

ですが、男女の恋愛感情はデリケートで、好きだと思う気持ちにもレベルがあり、「友だちとして好き」、「恋人として好き」、「好きだけど毎日は会いたくない」、「四六時中一緒にいたい」など、その思いはそれぞれでしょう。

好きのレベルは違っていても、「少しでも好きだ」という気持ちがある以上、二人の関係を消滅させることはなく、相手をバッサリ切り捨ててしまうのは早計です。

恋愛の駆け引きが強くなるためには、相手を傷つけない上手な告白の断り方もマスターしておきましょう。

★ 告白されたときは、「ノー」の言葉は「イエス」の合間に


彼から告白されたような場合、どういう立場の関係であろうと、異性として好きだという感情までは持ってはいないが、嫌いという感情もないのであれば、少しでも相手に好印象を残すように工夫することです。ただし、単純に好きだという表現を使うと誤解を招きますので注意が必要です。

コツは、「異性として好きにはなれない」というメインの内容を、「サークルの活動の仲間としては大好きだから、その関係は大切にしていきたい」という言葉で、両側から挟みこんでしまうのです。

つまり、はっきり伝えなければならないメッセージの前後に、相手を尊重するメッセージを持ってくるのです。

この場合、言い訳や弁明は必要ありません。

「好きだ→でも異性としてではない→それでもサークル仲間として尊敬もしているし好きだという気持ちにうそはない」といった流れです。

印象のいい言葉で挟み込んでしまうことで、相手に深い傷を負わせることなく、伝えなければならないことも間違いなく伝わるという仕組みです。

この方法は、不本意ながら相手の要求を受け入れられないという場合であれば、どんなときでも応用可能です。

はてなブックマークに追加






男性心理と女性心理
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生まれ日で分かる性格診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう
男性心理と女性心理を知ると男心と女心の本音が見える
人相はあなたを映す鏡
大人のための心理学
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
モテる男・モテる女の恋愛メール・テクニック【メルテク】
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
おひとりさまの心構えと老後の対策
できる男の磨き方と仕事の心得

Copyright (C)2015. 男と女のモテる恋愛学 All rights reserved.